転職用履歴書の書き方(テンプレートつき)

転職用履歴書の書き方

転職活動において日系企業だけではなく、外資系企業に応募する際に必要になる履歴書ですが、学歴や志望動機はどう書いたらいいか、フォーマットはどうしたらいいのかわからないという方が意外といらっしゃいます。

テンプレートもついておりますので、ぜひこの記事を参考にしていただき、書類選考を通過を目指しましょう。

履歴書にはいくつかのフォーマットがある

履歴書にはいくつかのフォーマットがあり、自分にあったものを選ぶことが大切です。転職用に履歴書を書こうと思ったらアルバイト用だったということがないようにしましょう。

履歴書のフォーマットにおいてもっとも一般的なのはJIS規格と呼ばれるものです。JISは「Japanese Industrial Standards」の略称で日本工業規格とも呼ばれます。JIS規格は国が定めた履歴書のフォーマットと言うことができ、市販の履歴書でもJIS規格と記載されているものもあります。

転職用の履歴書フォーマット

転職用だからといって履歴書のフォーマット自体は大きく変わることはありませんが、アルバイトとは異なり、職歴、志望動機をしっかりと記入していくことが大切です。

転職用の履歴書のフォーマットとサンプル記入例を用意しましたのでぜひ参考にしてみてください。

転職用履歴書のダウンロード

フォーマット / 記入例

英語の履歴書(英文レジュメ)のフォーマットはこちら

転職用履歴書の書き方

日付は提出日を明記

日付については先方に提出する日を記載しましょう。メールで送付する場合はメールで送付する日、面接時に渡す場合は面接の日付を、郵送で投函する場合は投函する日付を記載することになります。

メールアドレスはPCのものを使う

履歴書にメールアドレスを書く場合はPCのものを使うようにしましょう。携帯のメールアドレスを記載するとファイルが受信できなかったり、迷惑メールに振り分けられてしまうこともあるためです。

詳しくはこちらの記事を参考にするといいでしょう。

履歴書にメールアドレスは書く?履歴書で注意したい7つのポイント

写真はスーツ着用で3ヶ月以内に撮影したものを

履歴書に使う写真は直近3ヶ月以内に撮影されたものを使うようにしましょう。また携帯電話で撮影したものは使用しないようにしましょう。

写真は第一印象を左右することから、男性はスーツに白いワイシャツ、ネクタイを着用しましょう。女性はジャケットを着用し、インナーは白や淡い色のシャツやブラウスを着用しましょう。また寝癖がないように髪形を整え、自然な笑顔で撮影すると好印象になります。

短期間で転職を決めたいという方はプロのカメラマンに撮影してもらい、いい印象を与えるような写真を撮影してもらうのもいいでしょう。また最近ではデータで履歴書を送ってもいい企業も増えてきているため、データで自分の写真ファイルを持っておくのも便利です。

学歴は義務教育は卒業年次のみ

学歴を記入する場合はまずはじめに中央に「学歴」と記載しましょう。また西暦か元号で書くのか表記を統一しましょう。

義務教育は卒業年次のみを記載し、義務教育以降の高等学校、専門学校、大学、大学院は入学・卒業年次を記載するだけではなく、学部・学科まで記載しましょう。

学校名や学部などは簡略化するのではなく、正式名称で記載します。同様に「高校」ではなく「高等学校」と記載しましょう。卒業は「卒業」と記載すれば問題ありませんが、大学院の場合は「修了」と記載しましょう。

職歴はすべての入社・退社を間違いなく記入

学歴同様、中央に「職歴」と記載し、時系列順に正確に記載していきましょう。転職回数が多い方は会社の在籍期間が確認され、面接では退職理由が聞かれることになりますので、あらかじめ準備しておきましょう。

記載する内容としては主に以下の3つとなります。

  • 会社の正式名称
  • 業種、従業員数
  • 簡単な職務内容

また応募したポジションと関連する職務を経験している場合は詳細を書いてもいいでしょう。

退職の書き方

退職した場合は「一身上の都合により退職」と記載しましょう。すでに退職が決まっている場合は「退職予定」と記載するのが一般的です。

資格は自己PRにつながるものだけでなく、免許も記入

自己PRにつながるようなPC・英語などのスキルはもちろん、普通自動車免許など一般的な資格は記載するようにしましょう。応募したポジションの必須資格の場合は、内定後に合格証明書の提出を求められることもあるので、取得した年月は正確に記載しましょう。

代表的な資格記入例

  • 自動車免許: 普通自動車第一種運転免許 取得
  • 簿記: 日商簿記検定●級
  • 英検: 実用英語技能検定●級

志望 動機は自分のスキルが貢献できることをアピール

なぜ他社ではなく、その会社を志望したのかはもちろん、自分の今までの経験から応募したポジションに対してマッチしていること、貢献できることをアピールしましょう。エピソードを入れるとより具体的になっていいでしょう。

また実際に入社した際にはどのようなことをしてみたいのかも書くのもいいでしょう。

自己PRは志望動機の中にアピール

一般的な履歴書では自己PR欄と志望動機の記入欄が同じということが多く、自己PRは志望動機に含めて記載するようにしましょう。

特技 / 趣味は面接で話が弾むポイントになるため記入

特技や趣味は面接時にアイスブレイクのトピックとしても使われるため書いておくといいでしょう。

本人希望欄は特筆事項がなければ「貴社の規定に従います」

応募したポジションの勤務地が複数ある場合や職種が複数ある場合は希望のものを書くようにしましょう。特にそういったことがない場合は「貴社の規定に従います」と記載しましょう。

転職の履歴書は手書き?パソコンでもいい?

郵送で履歴書を送る場合や面接時に持参となっている場合は、手書きの履歴書を持参するのが望ましいと言えるでしょう。

もし転職エージェントを利用している場合はコンサルタントにパソコンで記入したものでもいいのか相談するのもひとつの方法です。

履歴書を手書きで書く場合

手書きは黒のボールペンで記入するようにしましょう。丁寧に書くよう心がけ、もし間違えてしまった場合は修正液や修正テープを使用せず、新たに書くようにしましょう。

履歴書と職務経歴書の違い

企業によっては履歴書と職務経歴書の両方を提出してほしいといわれることがあります。その場合、履歴書は職業の経歴を把握するための人事書類としての位置づけとなり、職務経歴書は書類選考や面接時にチェックされる書類となるケースもあります。職務経歴書が職歴からさらに深堀した実績を求められるのはそういった理由からです。

履歴書のみ提出の場合、履歴書のみで自分をアピールする必要があり、パソコンを使ったデータでの提出であっても誤字脱字や記入項目もれ、手書きの場合は汚い字になってしまっていないかなど、応募企業にマイナスのイメージを与えるようなことをしていないか確認し提出するようにしましょう。

また職務経歴書の書き方がわからない方はこちらの記事を参考にするといいでしょう。

職務経歴書の書き方【テンプレートつき】

あなたの将来のキャリアをプロに相談しませんか?

ロバート・ウォルターズのキャリアコンサルタントが、これまで多くの方々の転職を成功へ導いてきた実績と経験であなたに最適なキャリアアップと能力発揮のチャンスを提案いたします。

転職アドバイス記事

Read more »

外資系・日系グローバル企業の最新求人