『最後まで読まれる!英文履歴書(英文レジュメ)』の書き方とコツ【テンプレートつき】

最後まで読まれる!英語の履歴書・職務経歴書の書き方

外資系や日系グローバル企業のポジションへ応募する際に必要となってくる英文履歴書(英文レジュメ)。日本語の履歴書は作成したことはあっても英語の履歴書となると勝手が違うため戸惑う方がほどんどではないでしょうか?

採用担当者も1日に何通も英文履歴書に目を通すため、応募者の意図があまり伝わらず、スキルはマッチしているはずなのに、希望職種の書類選考を通過できないこともあります。この記事では、英文履歴書(英文レジュメ)の書き方を例文やフォーマットから最後まで読まれるためのポイントを解説していきます。

また日本語の履歴書についてはこちらの記事で解説しています。
転職用履歴書の書き方(テンプレートつき)

「英文履歴書(英文レジュメ)」(CV /Resume)とは

英文履歴書は、日本の一般的な履歴書と職務経歴書を合わせた形式のもので、レジュメとも呼ばれています。日本語で作成した履歴書をそのまま英文に訳す、といったものではありません。

英文履歴書に1つの決まったテンプレートはなく、3つの形式の中から活用するのが一般的

英文履歴書のテンプレートには決まったものはなく、職歴を時系列に沿って新しいものから書く『逆編年体式』、職務ごとにまとめていく『キャリア式』、両方を合わせた『混合式』が使われることが多いです。
英文の履歴書には、「氏名・連絡先」、「希望する職種」、「職歴・学歴」、「資格」の記載が基本です。そして、いかに貢献できるかアピールします。日本の履歴書では当然にある、「性別」や「年齢」は書く必要はありません。

決まった形式がないため、応募者同士が同じ職歴、スキルを持っていても、書き手によって読み手(採用担当者)にまったく違う印象を与えるため、応募者は自分なりのアピールができます。表現、言葉の使い方ひとつで明暗を分けるのが英文履歴書です。企業ごとに強調したい部分を決め使い分けるようにしましょう。

英文履歴書と職務経歴書の違い

履歴書では書ききれない具体的なキャリアをアピールするためのものです。履歴書では学歴や職歴しか分からず、採用企業が 「本当に欲しい能力やスキル、経験を持った人か」どうかを判断するには情報不足です。そこで「能力」「経験」「スキル」を事前に判断する材料として 「職務経歴書」が重要視されます。

こちらの記事で職務経歴書の書き方を紹介していますので、はじめて職務経歴書を作成する方は参考にしてみてください。

テンプレート付き|職務経歴書の書き方

英文履歴書テンプレート

ロバート・ウォルターズでは英文履歴書をはじめて書く方のためにテンプレートを用意しました。

前述のとおり決まったテンプレートはないため、必ずこのテンプレートを使用する必要はありませんが、はじめて書く方はこちらのテンプレートを使用してみてください。

書き方の解説を参考にしながら、自分なりに英文履歴書をまずは書いてみましょう。

英文履歴書(レジュメ)テンプレート

英文履歴書(英文レジュメ)の書き方と例

基本的な英語の履歴書の書き方を例文を用いてまとめました。最後に英文レジュメのフォーマットもついていますので初めて英文レジュメを作成する方は書き方の参考にしてみてください。

Personal Data(個人の基本情報):メールアドレスも記載

  • 生年月日(Birth date):日/月/年の順番で記入します
    (例文)01/01/1980
  • 言語(Language):母国語を初めに、語学力の高い順に記入します
    (例文)Japanese – native, English – fluent
  • 住所(Resides):番地、市区町村、都道府県、郵便番号、国名の順に記入します
    (例文)Shibuya Minami Tokyu Bldg. 14F 3-12-18 Shibuya, Shibuya-ku, Tokyo, Japan 150-0002

※また電話番号やメールアドレスなど連絡がつきやすいものを記入します
メールアドレスについてはこちらの記事を参考にするといいでしょう。
メールアドレスは書く?履歴書で注意したい7つのポイント

Education(学歴):英語・英文履歴書には最終学歴だけ書く

特別に求められない限り、応募する仕事に関係のある学歴および最終学歴だけを記入します。
入学年-卒業年、学校名称、学位、学科、専攻の順に記入します

(例文)Apr 1997 – Mar 2001 XXXXX University, Japan Bachelor of Economics

学位に関しては以下を使い分けましょう

  • 学士号: Bachelor of 学部 or 専攻 
  • 修士号: Master of 学部 or 専攻 
  • 博士号: Doctor of 学部 or 専攻 

在学中の人は学歴をどう書く?

入学年- current と記載し、在学中であることを伝えましょう。

(例文)Apr 1997 – current XXXXX University, Japan Bachelor of Economics

卒業見込みの書き方

expectedを使用して、卒業見込みであることを伝えましょう。

(例文)Apr 1997 – Mar 2018(expected) XXXXX University, Japan Bachelor of Economics

新卒・学生は英文履歴書をどう書く?

新卒や学生のインターンシップは英語の履歴書は転職用の英語の履歴書とどう違うのかですが、一般的には大きく変わりません。

異なる部分としては学歴部分に海外留学などがあれば記載する、職歴部分にはボランティアやインターンシップ、アルバイトを記載するようにしましょう。

最も違う部分はSummaryで、転職の場合は就業経験からアピールポイントを記載しますが、学生の場合は自己PRを記載することになります。

資格(Qualifications):取得年、正式名称を記載する

希望職種に関係ある検定資格や免許などを記入します
検定資格の場合は取得年、正式名称を忘れずに記入しましょう

(例文)TOEIC 700 (2005)
Systems Administrator Examination (2006)

コンピュータスキル(Computer Skills)

プログラミング言語やソフトウェア試験などを記入します

(例文)MS Word, Excel (advanced), PowerPoint

職歴(Career History)

履歴書でもっとも大事な部分です。役職及び職務内容が重要視されます
原則として最新の職歴から順に古いものへさかのぼります
以下の順で簡潔に且つ具体的にまとめましょう(専門用語・省略後は避けること)

・在籍期間
・会社名、都市名
・会社事業内容
・ポジションとその職務内容
・業績(プロジェクトとその結果)

(例文)Oct 2011 – Present

Company 1, Tokyo, Japan
Company Description, 450 employees in Japan. Global IT company
(Dec 2013 – Present)

Central HR Department
Human Resource Development
Senior Manager

・Reporting to Japan CEO and Human Resources Director
・Responsible for experienced and campus hiring

Summary(自分のキャリアの要約)

職歴とは違い、自分のキャリアを端的にまとめて説明するためのものです。特に職歴が長い方は以下のようにシンプルにまとめてアピールしましょう。

(マーケティング職の方の場合の例文)
・Strong branding knowledge and experience across various categories
・Successful management of brand management teams 

マーケティング以外にも「経理・財務」「人事」「サプライチェーン」「営業」「IT」の職種別サンプルにSummaryの例が記載されていますので参考にしてみてください。

応募するポジションが明確に決まっている場合は、求人情報を読み込み、先方が求めている人材に自分が見合っているということを記載し、応募先企業の担当者が興味を引くように書くことが重要です。

職歴や自分のキャリアを書くときに使える表現

はじめて英文履歴書を書く方は以下の表現を用いて書いてみるといいでしょう。

チームをマネジメントした経験

  • Managed ~

自分の上司と業務を行っていた場合

  • Support ~
  • Assist ~

自分で仕事を進めた、改善するなどを説明したい

  • In charge of ~
  • Responsible for ~
  • Planned ~
  • Proposed ~
  • Developed ~

CEOなどレポートラインが実績になる場合

  • Reported to ~
目標に対しての達成率や社内表彰などを述べたい場合
  • Achieved ~
  • Awarded ~
  • Won ~ award

Objective(応募するポジション・希望職種)

職歴のない新卒やキャリアチェンジにより職種を変更する方は書きましょう。近年書く人が少なくなってきているため、記載しなくても問題ありません。
記載する場合は端的にわかりやすく記載しましょう。

英文履歴書を魅力的にするためのポイント

  • 読む相手(採用担当者)を念頭に作成する
    読み手(採用担当者)は数多くの職務経歴書に目を通すため、長く要点のまとまらないものにはうんざりするはずです。これもあれもと自己アピールを職歴やスキルに羅列しがちですが、伝えたいことを簡潔に、すっきりとした読みやすいものに仕上げることがカギとなります。
  • 作成前に知っておきたい基本ルール
  1. 用紙はA4サイズが標準です。印刷する場合は、上質紙を使用し、白かアイボリー等の中間的な色合いを選びましょう。
  2. 派手で型破りなフォントやレイアウトは逆効果になる恐れがあります。フォントは通常のビジネス文書に使用されるシンプルで見やすいもの、レイアウトは項目ごとに分かれた読みやすいものが好まれます。
  3. 常に誤字・脱字がないかチェックし、作成後には第三者に確認をしてもらいましょう。
  4. 自分を最大限に引き出し、採用者の目をひくものか、最後にもう一度確認をしましょう。

英文履歴書ができたら添削を行いましょう

英語がネイティブではない場合、英語の履歴書は日本語と比べても書くことが難しいです。また新卒の方の場合、書く内容は新卒でも中途採用でも項目はほとんど同じですが、履歴書を書く機会もないため、一度英語ネイティブの方に添削をしてもらいましょう。

文法などの簡単な添削には英会話で添削してもらえることがあるため相談してみましょう。ただ実際の転職となった場合に、職種によっては独自の言い回しがあるため外資系転職エージェントに自分の履歴書の出来について聞いてみると、エー    ジェントによっては添削や履歴書のアドバイスをもらえることがあるので聞いてみるといいでしょう。

英文履歴書・レジュメ作成代行のメリットとデメリット

英文レジュメを代行で書いてくれるサービスがあります。

英文レジュメ代行のメリットは英文レジュメ作成の時間を他のことに割くことができることがあげられます。英文レジュメ代行業者に言いたいことを伝えることで形にしてくれるため非常に便利です。

ただ、英文レジュメは受ける企業によって、常に最新のものにアップデートする必要があります。受けるポジションが入社後に英語を使うポジションの場合、入社後に英語でのメールなどのやり取りも発生してきますので、もし英語が不安な方は勉強もかねてなるべく自分で作成したほうがいいでしょう。また履歴書の中から面接では質問が行われること、代行サービスの場合、専門領域を完全にカバーしているのは難しいため、言いたいことが間違っていることもでてきます。代行サービスを使っても内容は必ずチェックして提出するようにしましょう。

このようにメリットとデメリットが存在するため、英語がネイティブレベルで自信がある方や、作成する時間がない方は代行サービスを使い、英語に自信がない方、自信をつけたい方やレジュメ作成に時間がある方は勉強もかねて自分で作成してみるのがいいでしょう。

はじめての作成で心配、特に職歴部分で表現があっているのか、応募する求人に合致しているものなのかは外資系に強い転職エージェントであればアドバイスを受けられることもありますので、ぜひ相談してみてください。

英文履歴書で応募の際にはカバーレターを添える

通常、英文履歴書を企業に提出する際には、カバーレターと呼ばれる添え状をつけるのが一般的です。カバーレターを書くことで応募先の採用担当者は積極的にあなたの履歴書に目を通すようになり、他の応募者よりも目立ち魅力的になるでしょう。

カバーレターは3~4段落構成とし、1段落目は志望動機などの応募に至った経緯、2~3段落目はキャリアやスキルをもとにどう貢献できるか等の自己PRを記載します。最後の段落には、面接のお願いと読んでくれたことへのお礼を書きます。

カバーレターを通して、欧米のビジネスマナーに基づいた仕事力をアピールするポイントにもなります。カバーレターには詳細まで記入せず、文章は履歴書と同様に簡潔にまとめることがポイントです。また、カバーレターと履歴書のフォントをそろえると、見栄えがよくなります。
またカバーレターを書く際にはいくつかのポイントがあります。

  • 宛名は採用担当者にする
  • 応募するポジションにあわせた内容にする
  • 履歴書の内容を書くだけではなく、自分を売り込む

魅力的なカバーレターを書く方法についてはこちらにまとめてありますので参考にしてみてください。

英文履歴書を書き慣れない人は、作成に戸惑うかもしれません。外資系企業への転職に強い転職エージェントを利用すると、無料で求人案件が紹介されるだけではなく、英文履歴書作成のアドバイスを受けられることもありますので、相談してみましょう。

あなたの将来のキャリアをプロに相談しませんか?

ロバート・ウォルターズのキャリアコンサルタントが、これまで多くの方々の転職を成功へ導いてきた実績と経験であなたに最適なキャリアアップと能力発揮のチャンスを提案いたします。

転職アドバイス記事

Read more »

外資系・日系グローバル企業の最新求人