履歴書の自動車運転免許・趣味資格欄はどう書く?

履歴書の自動車運転免許は資格欄にどう書く?

就職活動や転職活動において企業へ応募する際は、履歴書の提出が必須です。履歴書に記入する項目はさまざまですが、主なものだけでも「氏名」「住所」「学歴・職歴」「免許・資格」「志望動機」などがあります。

なかでも、免許・資格欄については記入の仕方がわからないという人が意外に多いようです。免許・資格欄はどのように書けばいいのでしょうか。本記事では、免許、資格それぞれの項目について詳しい書き方を解説していきます。

履歴書の免許の書き方

履歴書の免許・資格欄には、運転免許、資格の順番で記載します。

履歴書には正確に「普通自動車運転免許」と記載する

運転免許記載の際には、単に「運転免許保有」と記載するだけでは不十分です。たとえば「自動車免許:普通自動車免許(AT限定)」というように正式名称で記載する必要があります。そして、免許取得日については免許証に記載されていますので、しっかりと確認のうえ、正確に記入するようにしましょう。また、保有している免許がAT限定の場合には、その旨をしっかりと記載するようにします。さらに、種類の異なる複数の自動車免許を取得している場合には、それぞれ漏れなく記入することも大切です。

なお、自身が普段はあまり自動車の運転をしないペーパードライバーであったとしても、免許を保有していることは記載しておきましょう。ただし、就職先の業務で車の運転が必要となってくる場合には面接でしっかりと事情を話し、入社までには運転を練習するなど問題なく運転できるようにしておくことが大切です。ペーパードライバーである事実を会社に伝えずに入社して、業務で運転をすることを求められた際にはトラブルになってしまう可能性があります。

応募ポジションに資格をアピールしたい場合は運転免許を書かずに資格を優先して記載

免許・資格を記載する欄は行数が限られています。取得している資格が多く、資格のほうが応募する企業に評価されると考えられる場合には、運転免許の保持の記載は必ずしも必要なく、資格の記載を優先するほうがよいでしょう。

履歴書に自動車運転免許を書く際には種類や免許取得日を必ず確認

履歴書に自動車免許を保有していることを記載する際には、採用担当者にどの種類の運転免許を保有しているのかを正確に伝えることが大切です。保有免許の確認のポイントとして、免許証の右下に記載されている「種類」や左下の「免許取得日」をチェックしましょう。

道路交通法の改正に伴い、保有免許の種類や呼称も変更されている可能性もありますので、面倒でも一度は直に確認したほうがよいでしょう。

日本には15種類の運転免許がある

具体的には、

  1. 大型自動車免許
  2. 中型自動車免許
  3. 準中型自動車免許
  4. 普通自動車免許
  5. 大型特殊自動車免許
  6. 大型自動二輪車免許
  7. 普通自動二輪車免許
  8. 小型特殊自動車免許
  9. 原動機付自転車免許
  10. 牽引免許
  11. 大型自動車第二種免許
  12. 中型自動車第二種免許
  13. 普通自動車第二種免許
  14. 大型特殊自動車第二種免許
  15. 牽引第二種免許

の計15種類です。

それぞれの運転免許の種類について、履歴書に書く場合の具体的な記入例を紹介します。

履歴書に運転免許を書く記入例

普通自動車免許の記入例

XXXX年 X月 普通自動車免許 取得
XXXX年 X月 普通自動車運転免許 取得
XXXX年 X月 普通自動車第一種運転免許 取得

なお、マニュアル免許(MT)の保有が必要な会社でない場合には、(AT限定)といった記載は省略しても構いません。しかし、それでもあえてAT車であることを記載する場合は、下記のようにしましょう。

XXXX年 X月 普通自動車免許(AT限定)

その他の運転免許の記入例

  • 準中型自動車

XXXX年 X月 準中型自動車免許 取得
XXXX年 X月 準中型自動車免許(5t限定)取得
XXXX年 X月 普通(現5t限定準中型)自動車免許 取得

  • 中型自動車

XXXX年 X月 中型自動車免許(8t限定)取得
XXXX年 X月 中型自動車免許 取得

  • 大型自動車

XXXX年 X月 大型自動車免許 取得

  • 普通二輪

XXXX年 X月 普通自動二輪車免許 取得
XXXX年 X月 普通自動二輪車免許(AT限定)取得
XXXX年 X月 普通自動二輪車免許(小型二輪限定)取得
XXXX年 X月 普通自動二輪車免許(小型二輪・AT限定)取得

  • 原動機付自転車

XXXX年 X月 原動機付自転車免許 取得

履歴書に特技・趣味欄は何を書く

運転免許や資格についての記載のほかにも、履歴書には特技や趣味を記載する項目もあります。ここでは、具体的にどのような内容を書けばよいのでしょうか。そもそも、履歴書に特技や趣味を記載することによって、企業側はどのように活用するのかを考えると、書くべき内容も自ずとわかってきます。

履歴書の特技・趣味は面接のアイスブレイクに使われる

履歴書の特技・趣味の欄は、企業の面接官が面接開始時の緊張感を解きほぐすためのアイスブレイクで使用されることがあります。

珍しい趣味や特技であれば面接官も話題にしやすいため、記載しておくのがよいでしょう。また、趣味や特技の分野で過去に秀でた成績を収めていれば、それも話のタネになります。誰でも持っているものではありませんが、何らかの分野でギネス記録でも保持していれば、面接官も興味津々になるでしょう。

また、たとえば志望先の企業がボランティアに力を入れていて、自分もボランティアに参加したことがある場合は、ぜひその経験を記入するようにしましょう。これによって、応募者がしっかりと企業の研究をしてきているというアピールにもなるからです。

履歴書の特技・趣味によって何をアピールできるか

履歴書の特技・趣味の欄は、面接でのアイスブレイクの役割だけではありません。当然のことながら、自分自身の企業に対するアピールポイントとして活用する必要があります。たとえば、TOEICの取得スコアが高水準のものであれば、それを記載することによって外資系企業に対して英語に堪能であることをアピールできます。また、企業のグローバル化が進んでいる現在では、英語に限らず、中国語やスペイン語など、何か1つの外国語に秀でていれば、それは大きなアピールポイントとなります。志望企業や応募するポジションにあわせて、自分の強みをプッシュし、アピールしましょう。

履歴書の特技・趣味の書き方例

履歴書の具体的な特技・趣味欄の記入例を紹介します。

例:IT企業で営業職に応募する場合

他業種からの転職の場合、ITに関連する知識などはアピールポイントとなり得ます。自分の趣味がプログラミングであれば、その旨を記載することによって志望先の企業からは別業界からの転職だったとしても、プログラミングの知識があることを考慮されて採用しても問題ないと見なされるでしょう。

このように、志望する企業や職種への接点として特技や趣味を記載すると、企業にとって自分を売り込むよいアピールとなります。上記の例の具体的な書き方としては、下記の通りとなります。

  • プログラミング:〇年間独学でプログラミングを習得し、Javaを使ってSNSサイトを構築しました。

例:大学で英文学科を専攻、大学在籍時に英語圏へ留学経験がある人が外資系企業に応募する場合

外資系企業での勤務経験があれば外国人とのコミュニケーションが問題ないのかは職務経歴書等でわかりますが、もし外資系企業への勤務経験がなければ、英語力をアピールすることが有効です。

このケースの特技・趣味欄の書き方は以下の通りです。

英語:大学時代の4年間英文学科で英語を学び、その内の1年間はアメリカに留学し、すべて英語で授業を受けていました。

例:営業職として勤務している人がデザイナーとして広告代理店に転職を考えている場合

こちらも異なる職種への転職となるため、デザインスキルを十分アピールする必要があります。具体的な書き方は下記の通りです。

デザイン:美術部に〇年所属していたこともあり、アーティストやミュージシャンの友人に頼まれてウェブサイトをデザインした経験があります。

この際に職務経歴書などで自分がデザインした作品を記載するとさらに具体性が増します。

履歴書に書けるような趣味がない場合のNG例は?

志望する企業にアピールできるような趣味がない場合は、どうしたらよいのでしょうか。何も記載しないよりは、どのような内容であれ書いたほうがいいでしょう。もしかしたら面接官と共通の趣味かもしれません。

政治色が強いものやギャンブル、違法性があるものは記載NG

ただ内容によってはNGになることもありますので、誤って記載しないように注意する必要があります。まず、政治色が強い内容やギャンブルなどは基本的にNGです。そして、無料動画を見る趣味は違法動画を連想させるため犯罪性があると判断されやすい点でNGです。

嘘の趣味は書かない

記載した趣味によっては面接官との話が弾み、転職が有利に進むこともありますが、嘘の趣味を書くのはやめましょう。嘘を書いた場合、入社後の人事評価に悪影響が出る可能性もあります。どうしても履歴書に書けるような特筆した趣味がなくても、たとえばジョギングなら「皇居ランを週に一回しています」のように付随した情報でアピールすることも可能です。趣味は「なし」と書く前に、一度自分でしっかりと考えて書き方を工夫してみることが大切です。

あなたの将来のキャリアをプロに相談しませんか?

ロバート・ウォルターズのキャリアコンサルタントが、これまで多くの方々の転職を成功へ導いてきた実績と経験であなたに最適なキャリアアップと能力発揮のチャンスを提案いたします。

外資系転職アドバイス

Read more »

外資系・日系グローバル企業の最新求人