英語面接で聞かれる質問と対策

英語面接で聞かれる質問と対策

外資系企業や英語を使うポジションの場合、採用プロセスの中に英語面接が行われることがあります。面接官が外国人であればほぼ英語面接にもなりますし、面接官が日本人であっても、「あなたは英語を話せますか?」という質問から、「では今から英語で話してみましょう」というように突然行われることもあります。そのため外資系や英語を使うポジションを受ける場合はいつ英語面接が行われてもいいように準備しておきましょう。

この記事では英語面接においての心得や秘訣、よく聞かれる質問など、実践的で役立つポイントを紹介します。面接時にどのような質問があり、自分自身をどのように売り込むかは非常に重要なことです。これがうまくできるかどうかで面接の結果は大きく変わります。

英語面接で何を見られているのか?

面接官が外国人の場合

面接官が外国人の場合、英語でコミュニケーションを取らなければならず、英語面接になってしまっていることが考えられます。

以下のように求められる英語力がどの程度かにもよりますが、もし応募しているポジションの上司であればしっかりコミュニケーションが取れることに加え、仕事内容を理解できており、知識がしっかりあるのかも見られるでしょう。

人事や別の部署の担当で形式的に英語面接が入っている場合は、コミュニケーションが問題ないのかが主に見られる傾向にあります。

応募職種で求められる英語力:上級

上級レベルの英語が求められる場合は、コミュニケーションは取れることが前提で、それ以外に英語でどういった言い回し、ビジネスマナー等についても見られるでしょう。

応募職種で求められる英語力:ビジネス

ビジネスレベルの英語が求められる場合は、コミュニケーションが取れること、また自分の言葉で自己紹介や経歴が語れるのかを見られていることが多いです。
ただし、ネイティブレベルの英語力は求められていないため、質問の意図がわからない場合は、面接官に聞きなおしても問題ないでしょう。すらすらと英語が出てこなくても悲観することはありません。ただ、もちろん事前に練習は必要でしょう。

英語面接当日までの準備

英語面接の練習

もしあなたが英語面接を初めて受ける、もしくは英語面接を以前受けたことはあるものの、時間がたっている場合、事前にオンライン英会話などを使って英語面接の練習をしておくと苦手意識が少しでもなくなり、自分にとってよいでしょう。普段英語を使っていないと実際の面接当日に自己紹介や志望動機、また質問に対する回答の際に単語がでてこないことがあり、印象がマイナスになってしまう可能性があります。

外資系転職エージェント経由で受けている場合、エージェントに面接について相談してみてもいいでしょう。
また実際に話をしているとビジネスでは使わないほうがいい言い回し、丁寧ではない言い回しなどをしてしまっていることがあるため、英語ネイティブの方にチェックしてもらいましょう。もしはじめて英語面接を受けるかたは緊張しないために複数回面接の練習をしておくといいでしょう。

英文履歴書(レジュメ)の見直し

面接官はあなたのレジュメの情報から質問をします。レジュメをみて、自分が受けるポジションならどの項目について面接官は聞いてきそうなのかについて想像するといいでしょう。

たとえば人事担当者との面接の場合は、なぜ今の仕事を辞めるのか、どうしてこの会社を受けたのか、などポジションについての質問よりは一般的な質問をされることが多いです。ポジションについての質問をされても、人事担当者はそのポジションのプロフェッショナルではないので、わかりやすく説明することが大事です。

自分の受けるポジションの上司、チームメンバーが面接官になる場合、自分のポジションについて深堀して聞かれることになるでしょう。ここでは自分がやってきた成果をアピールするとともに入社してどう貢献できるのかをアピールするといいでしょう。

面接当日

面接当日にまず心がけるのは第一印象を良くするということです。なるべく清潔感のある服装で行きましょう。男性はスーツに白いワイシャツ、革靴はきちんと磨かれているか、ネクタイはあまり派手ではないものがいいでしょう。女性はジャケットを着用しましょう。

時間通りか、その数分前には面接会場に到着しておきましょう。面接に遅刻は厳禁です。

面接の事前準備はこちらに記載されています。

面接ガイド(準備(面接前)

英語面接での自己紹介

ここでの自己紹介は面接官とインタビュールームで顔を合わせたときや、受付で面接官と顔を合わせ、握手をする際のかんたんな自己紹介です。実際に面接時の自己紹介はよく聞かれる質問のパートで紹介しています。

日本の面接では顔を合わせた際に握手をすることはめったにありませんが、英語面接や外国人との面接では握手をするのが普通です。思い切ってこちらから握手をすると相手にも好印象でしょう。

面接官に挨拶・自己紹介をする時には、名字と役職名で呼びかけ、面接に時間を割いて頂いたことにお礼を言いましょう。

英語面接の自己紹介に使える回答例

  • Hi, my name is ~. Pleased to meet you.(私の名前は~です。お会いできて光栄です)
  • Thank you for giving me the opportunity to talk to you today(本日はお時間をいただきありがとうございます)

ここでのポイントは海外勤務のポジションなどネイティブレベルの英語が求められる場合は上記のように丁寧な言い方をしましょう。ビジネスレベルの英語が求められている場合は、「Hi, I'm~. How do you do?.」などでもかまいません。大事なのは笑顔で相手の目を見てしっかり握手をし、好印象を与えることです。はじめの挨拶からつまずいてしまい、最後まで焦ってしまって失敗ということはないようにしましょう。

その他のポイント

  • 面接官の指示に従い、面接の進め方は先方に任せましょう。
  • 握手は固くしっかりとしましょう。
  • 椅子は勧められてから座りましょう。
  • 姿勢を正して座り、常に気を抜かず、関心の高さを示しましょう。
  • できるだけカリスマ性を表面に出すこと。面接中に対人能力を発揮するのは非常に重要なことです。
  • 話し上手であると同時に聞き上手でもあること。
  • 微笑とアイコンタクトは大切です。

英語面接でよく聞かれる質問

面接でよく聞かれる質問を紹介します。基本的に日本語の面接と共通する内容としては、職歴を問われる質問です。

それ以外にも質問の内容と意図を理解し、どのように回答するか考えておきましょう。そうすることで、自信を持って面接で受け答えをすることができます。

英語面接のよく聞かれる質問例と回答例

  • Tell me about yourself.(あなた自身について教えてください)
    →After graduating from xxx university, I joined ~company(xxx大学卒業後、~会社に入社しました)
    →I've been working in Marketing department for 3 years as marketing associate.(私は3年間マーケティングアソシエイトとしてマーケティング部に勤務しています)
  • Why are you interested in this company?(あなたはなぜこの会社に興味をもったのですか?)
    →Because ~.(なぜなら~)

返答については日本語の面接でも同様のことが言えますが、なるべく簡潔に言うようにしましょう。あまりに長すぎるといいたいことがわからなくなってしまいます。また英語は母国語ではない分、早口になりがちですが、落ち着いてできる限りゆっくりと話すことを意識するといいでしょう。

さらに以下のような質問をされることも想定し、回答を自分なりに準備しておきましょう。

それ以外の英語面接質問例

  • Why did you choose your particular career path/field?(なぜこの方向/ 分野のキャリアを選んだのですか?)
  • What kind of role are you seeking?(どのような仕事/ 職務を求めていますか?)
  • Why would you like to work for this organisation?(弊社を選んだ理由を教えてください。)
  • What interests you about our product/service?(弊社の製品/ サービスのどのような点に興味を持たれましたか?)
  • What do you think determines a person’s progress in a good company?(優良企業において、人材の成長は何によって決まると思いますか?)
  • What do you want to be doing in your career five years from now?(5 年後、どのような仕事/ 職務に取り組んでいたいと思いますか?)
  • When was your last salary review?(最後に給与の見直しがあったのはいつですか?)
  • What style of management gets the best from you?(どのような管理下なら、あなたの能力が発揮出来ると思いますか?)
  • What have you learned from some of the jobs you have held?(これまでの仕事から学んだことを教えてください。)
  • Which job did you enjoy the most and why?(これまでの仕事で最もやりがいのあった仕事と、その理由を教えてください。)
  • What have you done that shows initiative in your career?(これまでのキャリアであなたが自発的に取り組んだことは何ですか?)
  • What are your major weaknesses and what are your strengths?(あなたの長所と短所を教えてください。)
  • Are you willing to relocate?(転勤は出来ますか?)
  • What are your hobbies?(あなたの趣味は何ですか?)
  • What does ‘teamwork’ mean to you?(あなたにとってチームワークとは何ですか?)
English-interview

英語での適正面接(コンピテンシーインタビュー)

この手法を使って面接のプロセスを標準化しようとする企業が増えてきています。コンピテンシー・インタビュー(適性面接)は、役割を果たすのに欠かせない、中核となるような能力にその焦点を合わせます。知識、スキル、個性もこの能力の中に含まれます。

過去の出来事や経験から具体的な例をあげ、特定の分野の能力がある事を説明することが求められます。よく考えて、出来る限り詳細に応募したポジションと関連付けながら回答するよう心がけましょう。

英語面接でのコンピテンシーインタビュー質問例

Give me an example of when you had to work to an important deadline.(締め切り厳守で対応した業務経験について、実際の例をあげて話してください。)

  • How manageable were your timescales?(「充分な時間を与えられていましたか?」)
  • What did you do to ensure that the deadline was met?(「締め切りに間に合うよう、どのようなことに気をつけましたか?」)
  • How would you organise your activities differently next time?(「次回はどのように対応しますか?」)

Describe the last time you missed a deadline.(締め切りに間に合わなかったことはありますか?)

  • Why did this happen?(「原因は何ですか?」)
  • How responsible were you for this?(「これについて、あなたにどのような責任がありましたか?」)
  • What did you do to try to overcome this problem?(「どのように切り抜けましたか?」)

Give me an example of when you had to support others in a team.(チームメンバーのサポートをしなければならなくなった事はありますか?その時の状況と経験を聞かせてください。)

  • Why did they need support?(「なぜチームのメンバーはサポートが必要だったのですか?」)
  • What did you do to support them?(「どのようなサポートをしましたか?」)
  • How did that change things?(「あなたのサポートでどのように変わりましたか?」)

Describe an occasion when you had difficulties working with a team.(チームで仕事をすることに困難を感じた時の状況についてお聞かせください。)

  • What caused the problems?(「その問題はなぜ起きたのですか?」)
  • How did you respond?(「どのように対応しましたか?」)
  • What was the outcome?(「結果はどうなりましたか?」)

Tell me about a time you were able to anticipate a problem.(あなたが問題の発生を予測できた時の状況について教えて下さい。)

  • How did you know the problem was likely to occur?(「問題が起こりそうだということを、どのようにして知ったのですか?」)
  • What did you do?(「それに対してどのように対応しましたか?」)
  • How effective was your action?(「あなたの行動はどの程度効果的でしたか?」)

Give me a recent example of when you have experienced a setback.(最近起きた困難や挫折の場面を例をあげて説明して下さい。どのような場面で挫折を経験されましたか?)

  • Describe the situation.(「その時の状況を説明して下さい。」)
  • How did you react to the problem?(「どのように対応しましたか?」)

英語での面接官への逆質問

面接は双方向のプロセスです。面接官があなたが職務にふさわしい人材であるかを判断すると同様に、あなたも転職した際に望んでいるキャリアとやりがいを得られるかどうかを判断します。面接に先立ち、面接官への質問を必ず考えておきましょう。

英語面接での逆質問例

  • Why has the position become available? (今回の募集職種の募集背景を教えてください。)
  • How does the position fit into the structure of the organisation? (このポジションは、組織図上、どのような位置付けをされていますか。)
  • What training programmes are available to ensure continued  personal and career development? (入社後、どのような研修プログラムが予定されていますか。)
  • What plans does the organisation have for future development? (御社の将来のビジネスプランについてお聞かせください。)
  • What motivate you to join the organisation? (○○様(面接官)が、御社に就職した動機をお聞かせいただけますか。)
English-interview3

面接の終わりに

応募職種に興味がある場合は、最後にその旨を伝えておきましょう。大げさに熱望するのではなく、興味を示すこと。自分はその仕事に付加価値を与えることが出来るということを忘れずに伝えておきましょう。

また、次の面接についても尋ねておきましょう。次の面接の際に必要な資料や過去の仕事のサンプルなど何か他に提出を望まれるものがあるのか、また、結果が出る日および次の面接のプロセスについて聞いておきましょう。

面接官から仕事のオファーがあり、あなたもそれを希望する場は、その場で受けます。検討する時間が必要であれば、丁寧にその旨を先方に伝えましょう。その時、いつまでに返事をするか、具体的な日を決めておきます。

はっきりしたオファーがなくとも落胆しないで下さい。面接官は、結論を出す前に、社内で相談したいと考えているかも知れませんし、他の候補者との面接を実施してから結論を出したいと考えているかもしれません。

面接が上手く行かず、すでに不採用が決まったような印象を受けたとしても、落胆した様子を見せないようにしましょう。面接官が候補者の反応を見るためにテストしている場合もあります。

面接官に、面接の時間を割いてもらったことに対するお礼を言いましょう。

面接について、何かご質問等ございましたら、どうぞお気軽にロバート・ウォルターズのキャリア・コンサルタントへご質問ください。

  • マンガ面接ガイド(iPhone, iPad) 
    外資系企業への面接を成功させ、求める仕事や役職を手に入れるための実践的な方法を、内容、質問、服装などの対策や例とともにわかりやすくマンガで紹介。

あなたの将来のキャリアをプロに相談しませんか?

ロバート・ウォルターズのキャリアコンサルタントが、これまで多くの方々の転職を成功へ導いてきた実績と経験であなたに最適なキャリアアップと能力発揮のチャンスを提案いたします。

転職アドバイス記事

Read more »

外資系・日系グローバル企業の最新求人