履歴書に印鑑が必要な場合とは?シャチハタでもいい?押印に失敗した場合も解説

履歴書に印鑑が必要な場合とは?

履歴書に押印は必要なのでしょうか。選考を受ける企業によっては押印が必要な場合と、そうでない場合もあるので違いを把握しておくことが大切です。本記事では、履歴書に押す印鑑について網羅的に解説。必要な場面や使用可能な印鑑の種類、押印に失敗した場合について紹介していきます。

履歴書に印鑑は必要?

履歴書には押印が必要な場合とそうでない場合の2パターンあります。企業の指定がない限りは、どちらを選んでも選考に影響はありません。以前の履歴書は「本人が記入したことを証明する」ために押印が必要でした。しかし1997年以降、押印の必要性が乏しい書類は押印不要」と定められ、押印を求めないケースが増えています。

もちろん応募先企業によっては押印が求められることもあるので、不安な方は転職エージェントに相談してみましょう。

履歴書の印鑑は必要?

履歴書に押印が必要なケース

たとえ履歴書への押印が必要ないとされていても、押印が必要となるケースがあります。以下の2通りが当てはまります。

  • 企業側から指示された場合
  • 履歴書に押印欄が設けられている場合

企業側から指示された場合

企業から指示があるときは、押印欄がある履歴書を使いましょう。もし履歴書に押印欄がない場合は、氏名を記入する欄の右端に押印してください。名前を大きく書いてしまうと押印するスペースが小さくなるので注意しましょう。

履歴書に押印欄が設けられている場合

履歴書に押印は必要ありませんが、押印欄が設けられている履歴書を使う場合は例外です。もし押印欄がある履歴書に押印をしていないと、書類不備と判断されかねません。
履歴書に埋められていない項目があるとマイナスイメージにつながることもあります。

履歴書に押す印鑑の種類はシャチハタと認印どちらを使う?

履歴書の押印は「認印」

履歴書の押印に使用する印鑑は「認印」がおすすめです。実印を使うと大げさな印象を与えてしまうこともあるためです。認印は役所に届け出ていない印鑑で朱肉を使ったものであれば認印と認識されます。

履歴書の押印を失敗し、企業に提出した場合

もし履歴書の押印に失敗したまま企業に提出した場合、その旨を相手に伝えることが大切です。面接後でもいいので電話で伝えるといいでしょう。押印に失敗したままだと、再提出を求められることもあります。転職エージェント経由で受けている場合は面接前に一度エージェントに話しておくといいでしょう。

履歴書の印鑑のNG例と、その対処法

履歴書の印影でありがちなNGな例は以下の通りです。

  • 斜めに押してしまった
  • かすれている
  • にじんでしまっている

NGとして挙げられている例は、履歴書だけでなくビジネスシーンで扱う書類全般に適していません。もしNG例のような押印になってしまった場合は、履歴書を書き直すのがおすすめです。押印が不安な方は先に押印をした方がいいでしょう。そうすることで失敗したときに履歴書を再度作成する手間がなくなります。

履歴書の印鑑の正しい押し方

正しく押すための手順

  1. 弾力のあるシートを押印箇所に用意
  2. 印鑑を朱肉につける
  3. 垂直に印鑑を押す
  4. インクが乾くのを待つ

1. 弾力のあるシートを押印箇所に用意

印鑑を綺麗に押すためには、押印する書類の下に厚めのノートや雑誌などクッション性があるものを敷きます。その際、コンパクトで弾力がある専用の「捺印マット」を使うと綺麗に仕上がります。

2. 印鑑を朱肉につける

印鑑を朱肉につけるときも注意が必要です。インクの量が少なければ押印が薄くかすれてしまい、反対に多いと滲んでしまいます。また、印鑑の文字部分が汚れていないかどうかも確認してください。前回のインクをしっかり拭き取っていなかったり、拭き取ったティッシュがついていたりすることが多いです。

印鑑にインクをつけるときは、朱肉にポンポンと軽く叩くようにするとちょうどいい量になります。

3. 垂直に印鑑を押す

履歴書の押印では印鑑の向きを間違えるミスが多いです。印鑑を押す前に必ず印鑑の向きを確認して、垂直に押してください。垂直に押した後は、そのまま「の」の字を書くように優しく押すと、文字の欠けがなく滲みません。

4. インクが乾くのを待つ

押印した後は、必ずインクが乾くまで待ちましょう。履歴書作成の最後に印鑑を押し、すぐに折りたたんだり、封筒に入れたりすると押印がかすれて見映えが悪くなります。乾くまでにはある程度時間がかかるので、押印後にはなるべく履歴書を触らないようにしてください。

押印を丁寧に!履歴書を綺麗に仕上げましょう

履歴書は企業に提出する重要な書類です。印鑑の押し方にもしっかり注意を払いましょう。また押す印鑑の種類だけでなく、印鑑の押し方も重要です。履歴書を作成する前に確認しておきましょう。

もし押印の他にも履歴書作成に不安がある場合、転職エージェントに相談するのがおすすめです。
転職エージェントであれば、履歴書の書き方について的確なアドバイスを受けることができるでしょう。気になる方はぜひチェックしてみてください。

履歴書の書き方解説(項目ごと)

履歴書の書き方を項目ごとに解説しています。

印鑑の押し間違いがないよう、押印の押し方を確認しましょう

メールアドレスはPCのものを記載するようにしましょう

証明写真を撮る際の服装・髪型・撮影場所を確認しましょう。

学歴の早見表を使って学歴を間違いなく記載しましょう。

職歴欄を書き際の注意すべき点やアピールできる書き方を押さえ、適切に職歴を記載しましょう。

運転免許など代表的な資格は資格取得日もあわせて間違いなく記載しましょう。

扶養家族は企業側が所得税や社会保険料を計算するために必要ですのでしっかり記載しましょう。

履歴書での志望動機は文字数を意識し記載しましょう。

履歴書では自己PRは志望動機と絡めて記載しましょう。

面接時のアイスブレイクで使われる趣味・特技欄もしっかりと記載しましょう。

本人希望欄の書き方を押さえ、記入しましょう。

履歴書を郵送する際の封筒の書き方を確認しておきましょう

履歴書をメールで送る際のマナーと注意点を確認しましょう。

履歴書に添える添え状・送付状の書き方を押さえましょう。

履歴書を書く前に、履歴書のサイズをどれがいいか確認しましょう。

あなたの将来のキャリアをプロに相談しませんか?

ロバート・ウォルターズのキャリアコンサルタントが、これまで多くの方々の転職を成功へ導いてきた実績と経験であなたに最適なキャリアアップと能力発揮のチャンスを提案いたします。

外資系・日系グローバル企業の最新求人