履歴書の本人希望欄はどう書く?

履歴書の本人希望欄はどう書く?

一般的に使用されている履歴書には、「本人希望欄」という項目があります。この本人希望欄にはどのようなことを記載すれば良いのかという点で、多くの転職者が悩むでしょう。

本人希望欄は特に何もなければ「貴社の規定に従います」と記載

本人希望欄には、基本的に「貴社の規定に従います」と記載します。

たとえば、希望することが何もない場合でも、「特になし」や空欄で提出することなどは控えましょう。加えて、本人希望欄は志望動機や自己PR欄ではありません。

総合職や複数のポジションで募集している場合は希望職種を記載

ただし例外があり、企業側が複数の職種を募集している場合には、本人希望欄に自分が希望する職種を記載しておきます。ただし、希望する職種を記載するときには、職種が確定している場合に限ります。希望職種を記載する場合、特定の職種を希望する理由を本人希望欄にあわせて記しておけば、より丁寧な印象となり、好印象です。本人希望欄は選考をスムーズにすすめるうえでのポイントとなるため、無記入のまま提出しないように気をつけましょう。

本人希望欄の意味とは?

履歴書に本人希望欄が設けられていることには意味があります。本人希望欄に記載した条件に関して、企業側は絶対条件として捉えるのが一般的です。これは、「この条件がなければ、転職できない」という状態を意味しています。そのため、本人希望欄に記載することで迷ったときには、「自分が設定した最低ラインに合わせた条件かどうか」についてしっかりと検討しておくことが欠かせません。たとえば、譲歩できる条件の場合には、面接などで相談してすり合わせることができます。したがって、譲歩できる条件に関しては、履歴書の本人希望欄に合えて記載しないほうがベターといえます。

何を書けばいい?

本人希望欄に関しては、特定の職に対して応募をする場合、「○○職を志望する」などと記載します。ここに、その職を希望する理由が添えてあれば選考時の参考になるだけでなく、採用担当者に対して「誠実で丁寧な人柄である」という印象をもたらすことにもつながります。ほかに、「小さい子どもがいる」などの家庭の事情がある場合には、「子どもはいますが、○~○時までは仕事には支障はありません」などと記載すると、面接で詳細をやり取りすることができるでしょう。加えて、勤務地や健康上の問題がある場合にも、その旨を記載しておきます。また、電話して欲しい時間帯等が限られているときには、「就業中であるため〇時以降は電話可能」や「携帯のみ連絡可」などとしておくと、スムーズに連絡が取れるようになります。

あなたの将来のキャリアをプロに相談しませんか?

ロバート・ウォルターズのキャリアコンサルタントが、これまで多くの方々の転職を成功へ導いてきた実績と経験であなたに最適なキャリアアップと能力発揮のチャンスを提案いたします。

外資系転職アドバイス

Read more »