職務経歴書の書き方【テンプレートつき】

職務経歴書の書き方

職務経歴書にはテンプレートがない

転職活動において企業に応募する際、履歴書のほかに職務経歴書の提出を求められることがあります。履歴書とは違い、特にテンプレートやフォーマットも決まっていないため、転職活動をしたことがない方にとっては非常に書きにくく感じるかもしれません。

ここでは職務経歴書の書き方をご紹介します。最後に職務経歴書のフォーマットもついてますので、ぜひ参考にしてみてください。

職務経歴書の役割は?履歴書との違いは?

転職活動時に提出を求められる職務経歴書ですが、なぜ履歴書だけでは足りないのでしょうか?それぞれの役割を確認しましょう。

  • 履歴書:学歴や職歴の概要を記載したもの。
  • 職務経歴書:実際にどのようなスキル・仕事を行ってきたのか具体的に記載したもの。

履歴書とは違い職務経歴書は具体的に仕事内容やスキルを記載するため、応募したポジションの上司やメンバーが目を通すものだと考えたほうがいいでしょう。

逆に履歴書は住所など個人情報が記載されているため、人事との面談時に使われることが多いです。

履歴書の書き方を確認したい方は以下の記事を参考にしてみてください。
転職用履歴書の書き方(テンプレートつき)

職務経歴書の書き方のポイント

応募するポジションによって要約部分を変える

あなたの職務経歴の項目は毎回大きくは変える必要はないのですが、要約部分は受けるポジションによって変える必要があるでしょう。人事担当者やそのポジションの上司となる人は1日に何通も職務経歴書に目を通しており、要約部分が魅力的でなければ、職務経歴もあまり熱心に見てもらえないでしょう。

営業職として働き、営業企画に応募する場合、要約部分は営業活動の中で自分なりに企画したものを書き出すなど工夫しましょう。

昇進・受賞暦は記載する

昇進や受賞暦などはアピールポイントとなりますので、しっかりと記載しましょう。昇進した場合は項目を分けて記載しましょう。応募したポジションと合致し、アピールしたい場合は太字などして目立たせるといいでしょう。

レイアウトや文章は読みやすいものにする

自分の経歴を書く際に、文章が長々としたものだと、言いたいことが伝わららないことがあります。読み手の気持ちになり、客観的に見ても読みやすいレイアウトとなるように心がけましょう。

レイアウトポイント

  1. 本文:基本的に明朝体で書き、文字の大きさは10.5、長さによって調整しましょう
  2. タイトル:文字の大きさを大きく、ゴシック体にする、太字にする等強調しましょう
  3. 下線や斜め文字を使いメリハリをつけましょう
  4. 会社概要部分などには文字の中央揃えや枠組みを使って見やすくしましょう
  5. 行間はなるべく広く取り、段落も十分にとりましょう

誤字脱字・勤続年数等間違わないようにする

履歴書も同様ですが、誤字脱字に気をつけましょう。面接官や人事にネガティブなイメージを与えかねません。また転職回数や在籍期間を気にする企業もあるため、在籍期間などは正確に記載しましょう。

職務経歴書の書き方

要約

経歴の概要を端的にまとめましょう。どこの部署・部門で、具体的に何の業務に携わっきたのかを短く、明確にアピールすることが大切です。

20代の方は経験だけではなく、「やる気」「人柄」などのポテンシャルが重視されますので、経歴だけでなく、自分の性格も交えながら記載するといいでしょう。

資格

希望職種に関係のある検定資格や、免許などを記入しましょう。検定資格であれば、取得年、正式名称を忘れずに記載しましょう。

また希望職種に関係ある場合、何をどのくらい使っていたのか端的に記載する、もしくは面接で聞かれるため準備しておきましょう。

職務経歴

最も重要な部分です。役職及び職務内容と実績が重要視されます。原則として時系列に記入します。
以下のように簡潔且つ具体的に書くようにしましょう。

自分のプロジェクトによってどのくらい伸びたのかなど、数値を使って記載をするとわかりやすくなります。またマネジメント経験がある方は書いておくといいでしょう。

  • 在籍期間
  • 会社名、所在地
  • 会社事業内容
  • ポジションとその職務内容
  • 実績(プロジェクトとその結果)

専門用語や省略後はなるべく避けて使うようにしましょう。

技能・特技

プログラミング言語やソフトウェア試験などを記入しましょう。

(例文)MS Word, Excel (advanced), PowerPoint

英語のTOEICの点数については、先方が求めている場合は記入したほうがいいでしょう。先方が求めていなくとも、応募したポジションによってはTOEICの点数はどのくらいか聞かれることがありますので、記載しなくても英語が求められている場合はいつ受験したのかは確認しておくといいでしょう。

自己PR

自分自身の強みの補足。これから発揮できる能力や仕事に対する思いなどアピールしたい点について記載しましょう。

自分の今までの経歴からひとつ注目してほしいエピソードを具体的に語り、その中に自分自身の仕事をした上での工夫、性格をアピールしましょう。

職務経歴書に志望動機は書くべき?

履歴書と差別化した上で、志望動機は書くのがベター

履歴書に志望動機を書いている場合、職務経歴書にも志望動機を書くと重複してしまうため、職務経歴書には記載しなくてもいいのではないか?と思われている方もいると思います。

履歴書と職務経歴書は記載するもの、求められているものが異なるため、どちらにも志望動機を記載しておいたほうがいいでしょう。

ただ、履歴書と職務経歴書で志望動機を全く同じものにするのではなく、それぞれに求められているものを把握した上で書き分けることが必要でしょう。

職務経歴書の志望動機は自分の実績と絡めて書く

履歴書は前述のとおり主に住所や学歴などの大まかな経歴が記載されているもの、その中で書かれている志望動機はどちらからというと大まかな内容になると思います。

職務経歴書は仕事の経歴を記したものになりますので、実績を主に記載します。その中で書かれる志望動機は自分のキャリアの中での実績を絡めて書くことになります。例えば営業の方であれば、営業成績について記載をしたうえでこの経験が御社に貢献できますと記載するようにしましょう。

職務経歴書は採用担当者が見るため志望動機はアピールできるチャンス

採用担当者は職務経歴書の経歴から、自分たちが欲しい人材かを見極めることになります。その中で志望動機を書くことは自分のスキルをアピールできるチャンスになります。

中には、職務経歴書を重点的に読み、面接に臨む採用担当者もいるため、職務経歴書の志望動機は履歴書よりも具体的に記載しましょう。

職務経歴書における志望動機の書き方ポイント

募集要項から欲しい人材を想定し、スキルがマッチしていることをアピール

募集要項を確認し、どういったスキルを持った人がほしいのかを確認したうえでそのスキルを持っており、貢献できることをアピールしましょう。

スキルがマッチしていない場合、転職エージェントにアドバイスを仰ぐのもポイント

もし募集要項に書いてあるスキルが自分とマッチしていない場合や、いくつかのスキルがマッチしていない場合、転職エージェント経由での応募であれば、エージェントに聞いてみるのも1つの手です。

転職エージェントは採用企業と連絡を取り合っているため、どのスキルは必須でどのスキルは必須ではないのかの情報を持っています。あわせてどのスキルはプラスに働くのかも持っています。

志望動機の書き方で迷っている方は転職エージェントにアドバイスをもらうこともポイントでしょう。

将来のキャリアプランも明記できるとさらにプラス

自分のスキルと募集職種がマッチしていることをアピールできたら、入社後に自分がどうなりたいのか記載しましょう。入社後に自分の今のスキルとプラスしてどういったことにチャレンジしたいのかまで踏み込んで書けるといいでしょう。

面接では、なぜ転職をしなければならないのか、なぜこの会社なのかを聞かれることも想定されるので、自分がやりたいことができるのは応募先企業だけだということも記載するようにしましょう。

企業研究も必ず行う

もし志望動機が汎用的担っている場合、「あなたのやりたいことは別の会社でもできませんか?」と聞かれてしまうでしょう。

そうならないために、応募先企業について企業研究をしておきましょう。どういったことを企業理念とし、何をし、今後どういったことをしていくのか、あなたがその中でどの部分に共感しているのか自分の考えをまとめておくことが大事です。

40代・50代の職務経歴書の書き方

まずは自己分析、職歴整理から

40代、50代の方、特に50代の方は新卒時に売り手市場だったため、自己PRや自己分析をあまりしなかった方が多いのではないでしょうか。また終身雇用世代でもあるため、転職活動は行ったことがない方がほとんどだと思われます。

1社でずっと勤めていらっしゃる方はまずは自分の経歴を一度書き出してみましょう。最初から職務経歴書に自分の経歴を全て書いてしまうとどこがアピールポイントなのかわからなくなってしまいます。ただ長期間の経歴になるため、書いておかないと忘れてしまう部分もでてくるため、まずは細かく経歴を書き出してみることがオススメです。

第二新卒とは求められるものが違うということを意識する

職歴の書き出しが終わったら、次に応募ポジションについて把握するようにしましょう。40代以降の方が求められているのは第二新卒の方々がポテンシャル採用だとすると、その逆とも言える「経験からくる知見・経験」です。

知見や経験を求められているにも関わらず、それが応募先企業の採用担当者に伝わらないと意味がありません。何が求められているのか意識しながら職務経歴書を書くことを意識しましょう。

簡潔にわかりやすく、実績を記載する

応募ポジションがマーケティング職だった場合に、ご自信が営業だった時について長く書いている職務経歴書は意味がありません。営業成績を述べてもかまいませんが、そこでどういったことを工夫したのか応募ポジションと関連性があるものを伝えるようにしましょう。

またよくミスしがちなのか、経験を書く際に、どういった背景でどういった思いでやったのか、ということを長々と書いてしまうのですが、実績が伝わるようにまずは実績数値から書くようにし、その後どういったプロジェクトなのかを説明する等工夫するようにしましょう。

職務経歴書フォーマットのダウンロード

職務経歴書フォーマット / 職務経歴書の書き方

職務経歴書に関するよくある質問

Q. 職務経歴書は手書きで書く?

A. 職務経歴書はなるべくPCで作成しましょう。

もちろん手書きで書いても問題はありませんが、職歴が長い場合、徐々に字が汚くなってしまう、レイアウトが崩れてしまうという点からもPCで書いたほうがいいでしょう。

また手書きの場合、誤字・脱字があった際に修正できないのも難点です。

ただし、職務経歴書が重視されないアルバイトへの応募、自営業のお店や、看護師など手書きで書くことが望ましいとされている場合は手書きで書くようにしましょう。

Q. アルバイト経験は職務経歴書に書くべき?

A. 応募職種に関係するなら書いたほうがいい。

アルバイトの勤務経験は基本的には記載する必要はありませんが、もしアルバイトでの経験が応募職種に関係しているのであれば、自己PR欄などを使って書いたほうがいいでしょう。

Q. 派遣として働いていた場合はどう書けばいいでしょうか?

A. 勤務先に派遣会社、職務内容に派遣先を記載しましょう。

仕事内容、働いた期間を詳しく書く代わりに、派遣先の企業情報などは細かく必要はありません。

Q. 職務経歴書に退職理由は書く?

A. 基本的には書く必要はありません。ただし、場合によっては書いたほうがいい場合もああります。

職務経歴書は自分の経歴をアピールするための書類であり、退職理由は書く必要はありません。ただ、転職回数が多く、且つ在籍期間が極端に短い場合は、理由を書いておくと書類通過率が高くなることが多いようです。

もし職務経歴書に退職理由を書く場合は、ネガティブな理由を書くのではなく、転職によって実現したいこと、転職で実現したいことを記載しましょう。

仮に職務経歴書に退職理由を記載しなかったとしても、面接の場で退職理由は聞かれることがああります。同様にネガティブな理由ではなく、転職によって実現したいことを述べられるように準備しておきましょう。

 

職務経歴書を書き慣れない人は、作成に戸惑うかもしれません。外資系企業への転職に強い転職エージェントを利用すると、無料で求人案件が紹介されるだけではなく、職務経歴書のアドバイスを受けられることもありますので、相談してみましょう。

あなたの将来のキャリアをプロに相談しませんか?

ロバート・ウォルターズのキャリアコンサルタントが、これまで多くの方々の転職を成功へ導いてきた実績と経験であなたに最適なキャリアアップと能力発揮のチャンスを提案いたします。

転職アドバイス記事

Read more »

外資系・日系グローバル企業の最新求人