第一印象は見た目から。面接で第一印象を左右する要素とは?

第一印象は見た目が大事

面接での第一印象は非常に強く記憶に残りやすく、その後の面接官からの印象にも影響を及ぼしうるものです。良い印象を与えるポイントはいろいろありますが、何よりも見た目に気を使うことは重要です。どんなことに気を付けたら、好印象を与えることが出来るのでしょうか。見た目で第一印象アップのために自分で取り組めることをご紹介します。

第一印象の重要性

面接のように初めて会う人同士の場合、その印象はコミュニケーションを取り始めてから10秒以内にほとんどが決まると言われています。

ここで感じたイメージは深く残り、そのあとのコミュニケーションにも影響を及ぼすことがあります。面接はもちろん、通常の初対面との相手とでもいい関係を築くためには、第一印象から気を付けたほうがいいでしょう。

人間の五感によって得られる情報量のうち、視覚の占める割合は非常に大きいと言われていることからも、見た目に気を使うことは第一印象に重要と言えるでしょう。

第一印象の見た目を良くする方法

第一印象に見た目をよくするために重要なのは、容姿の良し悪しやファッションセンスよりも「清潔感」です。特に重要なのは髪の毛と服装、靴です。パッと見たときに不快感を与えないような印象作りを心がけましょう。

髪の毛

具体的にはまず髪の毛を整えることから始めます。傷みがひどかったりフケがあったり、起きたままのボサボサの髪型をしていたりしては清潔感があるとはいえません。鏡をチェックして、ぴしっと整えてから家を出るようにしましょう。

服装

服装も汚れやシワがないかを確認しましょう。サイズ感が合っていないとぴったりしすぎてしまったり反対にダボッとなってしまったり、だらしない印象になりかねないので、自分に合った服を選ぶことも重要です。

服装や髪形に関しては、TPOを意識することも忘れてはいけません。相手の服装を想像したり、靴を脱ぐ場面があるかなど状況をシミュレーションしたりして、それに合った服装にしましょう。

面接では基本的にスーツに白いワイシャツ、ネクタイをして臨むようにしましょう。もし在職中の方で普段仕事でスーツは着ないという方はスーツに着替えて面接に臨むのがいいでしょう。

営業職の方で普段革靴で歩いている方は前日に靴を磨ききれいな状態で面接で臨みましょう。相手と挨拶をした際に足元が清潔感がないと、第一印象が悪くなってしまいます。

話し方や姿勢は普段から意識することで第一印象はよくなる

話し方

話し方については、練習次第で印象を変えることができます。まずは笑顔の練習から始めてみましょう。上の歯が見えるまで頬をしっかり上げ、また口元だけでなく目元も意識することで柔らかな笑顔になります。面接では最初の挨拶や話し始めるときに笑顔で始められるといいでしょう。

声のトーンはぼそぼそと話さないように、普段話しているよりも少し大きめの声でハキハキと話すようにしましょう。面接では緊張でどうしても早口になりがちです。自分で意識しながらゆっくりと話すようにしましょう。

姿勢

立っているときでも座っているときでも背筋をすっと伸ばし、良い姿勢を心がけます。猫背だと陰気な印象を与えたり、反対に胸を反らしすぎていると必要以上に強気な印象を与えたりしてしまいます。頭から糸で吊られているような意識で、腰から背中を一直線に保ちましょう。

客観的なアドバイスで第一印象を良くする

上記ように、第一印象はちょっとした気遣いや練習で変えることができます。特に服装や髪型などは面接を控えている方は意識するといいでしょう。面接の第一印象で大切なのはもし自分が面接官だった場合に、不快に思わないかということです。

加えて、家族や友人にチェックしてもらうなど客観的な意見を取り入れることで、自分ではなかなか気付かない発見をすることもあります。周りの協力を得ながら、第一印象でいい評価が得られるように取り組んでみてください。

あなたの将来のキャリアをプロに相談しませんか?

ロバート・ウォルターズのキャリアコンサルタントが、これまで多くの方々の転職を成功へ導いてきた実績と経験であなたに最適なキャリアアップと能力発揮のチャンスを提案いたします。

転職アドバイス記事

Read more »

求人情報はこちら 

Read more »

面接ガイド 

Read more »

履歴書の書き方 

Read more »

まずはキャリア相談 

Read more »

外資系・日系グローバル企業の最新求人