転職面接での長所・短所を答えるポイント

転職面接での長所・短所を答えるポイント

転職活動をするうえで重要なポイントとなるのが、実際に転職希望先の担当者や人事と行う面接です。面接では、面接担当者からさまざまな質問を受けることになります。当然ですが、質問一つ一つにしっかりと答える必要があります。面接は自分をプレゼンテーションする場所でもあるため、面接で自分の考えをしっかりと伝えることができるかどうかによって、採用・不採用が左右されるケースもあります。

面接では「自分の長所・短所を述べてください」という質問が聞かれるのは定番です。この質問を受けたとき、短所をはっきりと答えてしまってはマイナスのイメージになる、長所を答えると自分自身を過大評価しているのではと考えてしまう人もいることでしょう。

志望動機や自己PRはスムーズに答えられたものの、長所と短所はどのように答えたらいいかわからないとその場で悩んで考えこんでしまうという失敗もあります。そのような失敗を避けるために、自分の長所・短所の答えをあらかじめ考えておきましょう。今回は、転職面接での長所・短所を聞かれた際の回答のポイントや長所・短所の質問をする企業側の意図などについて解説します。

転職面接で長所・短所はなぜ聞かれる?面接官が把握したいポイント3つ

転職面接の目的

転職面接の目的は応募者がどのような人間であるかを企業側がしっかりと把握するためです。面接において、転職希望者は履歴書や職務履歴書を企業側に提出することによって、自身の経歴を知ってもらいます。しかし、履歴書などの書類だけでは転職希望者の人柄を把握することはできません。長所や短所についての質問も同様に応募者の人柄を把握するための一環と考えるのが自然でしょう。

長所・短所で面接官が把握したいポイント:応募者の人柄

自己PRや志望動機において自分のエピソードを話しますが、一つや二つエピソードを話しただけではまだまだ人柄を把握するには不十分だと面接官は考えています。さらに詳しく候補者の人柄を把握するために面接官は長所や短所を教えてほしいという言い方をします。

自分の長所や短所を回答する際に具体的なエピソードを話し、その後さらに深堀りをしてなぜそういった行動をとったのか聞かれることがありますが、それは人柄をさらに把握するためです。自己PRや志望動機で面接官が感じた人柄と同じなのか、嘘はついていないかといったことを把握するためにしているのだということを意識しましょう。

長所・短所で面接官が把握したいポイント:客観的な自己分析

面接で行われる転職希望者の長所・短所の質問は、転職希望者が自身を客観視して自己分析ができているかを知るためということも、目的のひとつです。

自身の長所を理解するということは、仕事においてどのようなことが自分に向いていて、能力を存分に発揮できるかが把握できているということです。そして、短所も客観的に分析できている場合は、どのような仕事が苦手で、どのような努力をすれば克服できるのかということも理解できているといえるでしょう。

また短所についてはこういった業務は苦手だけれども、克服するために他の人の力を借りて行いましたなどの短所をネガティブに捉えられない対策をすることができます。短所を短所のままにせず、どう克服するのかという部分も伝えられるようにしましょう。

長所・短所で面接官が把握したいポイント:会社との相性

長所や短所を聞くことで面接官は会社との相性を見極めようとしています。

いくら過去の経歴が優秀であっても、会社と相性が良くなければ転職希望者の本当の能力を発揮することはできません。また、いくらスキルがある人材でも社風が合わないと、周りとの協力や人間関係が円滑にいかずに、早期退職になる可能性もあります。会社にとっても転職希望者にとってもいいことがありません。

長所・短所を聞くことによって、転職希望者の人柄を確認し「この人は我が強いから当社には向いていない可能性がある」「指示を忠実に実行するスキルはあるが自分からプロジェクトを引っ張ることができない」「新規事業を成功させた経験もあるため、自社にマッチしている」と、面接担当者は判断するのです。

長所と短所を答える際のポイント

長所と短所の答えに一貫性を持たせる

面接において長所・短所をスムーズに答えるポイントは、長所と短所に一貫性を持たせることです。

長所・短所の質問において、難しいと思われているのが短所についての答えです。短所を言えば、自身の欠点を大々的に伝えることになるので、企業側にマイナスのイメージを与えてしまう可能性があります。そのため、短所を答えることにためらってしまう人もいることでしょう。

短所の答えに対する対策としては、自身の長所を言い換えて答えることです。長所と短所は、表裏一体で一貫性があります。そのため、長所を違う言い回しで答えると、短所として成立させることができます。

例えば、長所が「好奇心旺盛でチャレンジ精神が強い」である場合、短所は長所の言い換えである「チャレンジ精神が先走り、事前のリスク回避ができないことがある」と答えると、一貫性のある答えになります。言い換えで答えることによって長所と短所が一貫性のある答えとなり、無理がなくスムーズに伝えることが可能です。

長所・短所ともに話すときは具体的なエピソードを

そして、長所・短所ともに具体的なエピソードを話すことによって、転職希望者が持っている長所・短所のイメージをわかりやすく伝えることができます。エピソードは、仕事において自身の長所・短所がどのように影響したかについて話すほうが、より好印象となるでしょう。

ただし、短所のエピソードを話す際は過去に仕事の大失敗があったエピソードを話すと、決して良い印象を与えることはありません。仕事での短所のエピソードは、短所によって起きた失敗をしたあとに、どのような対策を立てて実践したのかを具体的に話すのが良いといえます。ここが短所であるけれども、こういった解決策を自分で導き出しているということをしっかりと面接官に伝えるようにしましょう。

長所・短所を話す際に、自分では気づかなかったけれど、過去に行った仕事によって自身の長所・短所が明確になったという答え方でもいいでしょう。そうすることで、どのような仕事が得意・不得意であるかを明確に伝えることが可能です。

エピソードは、長所・短所のイメージを明確に伝える効果がありますが、厚みを持たせるために長々とエピソードを話すことは逆効果です。また、自身の長所をアピールしたいために、いくつも長所を並べてしまうと逆に伝わりにくくなります。長所・短所ともに短く簡潔に答えることが、良い答えとなるポイントといえるでしょう。

長所と短所の面接での答え方・話し方

結論から話すことでわかりやすく伝える

面接において長所・短所の質問をスムーズに答える方法として、「話の結論を冒頭に持ってくる」という手法は効果的です。

転職面接は、新卒採用とは違い、職場の即戦力を求めていることが多いため、企業側の事情を考慮しなければいけません。したがって、面接担当者に「自身が入社した場合、どのようなメリットが企業にあるのか」「長所がどう活かすことができ即戦力となるか」ということを明確に伝えることが重要です。また即戦力である以上、ある程度のプレゼンテーション能力も求められ、結局何が言いたいかわからなかったとなれば、いい印象を与えることは難しくなります。

長所・短所を話す際の構成

  1. 長所・短所を冒頭に言う
  2. 裏付けエピソードを話す
  3. 長所は仕事においてどう活かせるか、短所はどう改善すればいいかを話す

第三者の意見を交える

長所を伝える際の効果的なテクニックとしては「長所は、責任感がありリーダーシップがあると前職の上司や同僚から言われました」と答える方法があります。自称ではなく自分以外の人間から言われたということで、より長所が強調されます。また、短所を伝える場合は、短所を改善するための対策もセットで伝えることが重要です。

長所・短所は複数パターン準備しておく

基本的に長所・短所は、一貫性のある答えを短く簡潔に答えることが望ましいですが、企業によっては、さらに長所・短所を複数きいてくる場合もあります。面接担当者の返答で、短所を答えたあとに「それは長所ともいえますね。ほかにはありますか?」というパターンです。このパターンを想定して、自身の長所・短所は複数のパターンを事前に用意したほうがいいでしょう。

長所・短所は自分なりに考え、答える

テンプレート通りの回答はしない

転職面接においての長所・短所の答え方は、面接対策の本などでさまざまな例文が紹介されています。しかし、答え方のテンプレートをそのまま引用するのはやめましょう。例をそのまま伝えると、自分なりの答えにはならず、エピソードも薄くなります。面接担当者が聞いてもいい加減な返答と判断される可能性があります。自身の長所・短所は自己分析をして自分で考え、答えに沿った本当のエピソードを用意することが必要です。

転職活動は、新卒の就活のようにキャッチコピーを企業が求めているわけではありません。大事なのは、自身の長所・短所を明確にして、それを面接でわかりやすく伝えることができるスキルです。ありきたりなものや、適当な言葉を並べて答えを考えるのではなく、自身の頭で考えたオリジナルの言い回しで長所・短所を伝えることが、転職面接において大切な要素といえるでしょう。

あなたの将来のキャリアをプロに相談しませんか?

ロバート・ウォルターズのキャリアコンサルタントが、これまで多くの方々の転職を成功へ導いてきた実績と経験であなたに最適なキャリアアップと能力発揮のチャンスを提案いたします。

転職アドバイス記事

Read more »

求人情報はこちら 

Read more »

面接ガイド 

Read more »

履歴書の書き方 

Read more »

まずはキャリア相談 

Read more »

外資系・日系グローバル企業の最新求人