面接で転職理由はどう答える?

面接で転職理由はどう答える?

転職活動における面接では、「なぜ転職をしようと思ったか」について質問されます。その際どのように答えるのがベストなのでしょうか。

転職理由は「新しい業務にチャレンジしたい」「これまでの経験を活かしてさらに高みを目指したい」といった前向きなものから、「人間関係がうまくいっていない」などのネガティブなものまでさまざまです。

これらの転職理由をうまく答えるためには、そのまま正直に話すのではなく、面接官が応募者の何を見ようとしているかをきちんと想定し、回答を準備しておく必要があります。また、テンプレート通りの答え方ではなく、自分の言葉で自分なりの転職理由を答えることがポイントとなります。

そこで、面接で転職理由を答える際に押さえておくべきポイントと、よくある転職理由の回答に対して想定される質問を紹介します。事前にしっかり準備して面接に臨みましょう。

面接官は転職理由に何を求める?

面接官がなぜ転職理由を聞くのかというと、「今の勤務先にネガティブな要素があり、それだけで応募してきていないか」「応募先企業に入社したいという気持ちがしっかりとあるか」「応募者が即戦力として当該企業で活躍できる人材かどうか」を見極めるためです。したがって、面接で転職理由を述べる際には、自分の即戦力アピールにつながるよう話さなければなりません。

応募先の企業研究ができているか

面接官が具体的にどういった点に注意しているかというと、応募者が企業研究をできているかを見ます。「応募者がやみくもに多くの企業にエントリーしていないか」「待遇面だけでエントリーするのではなくきちんと当該企業について研究しているか」を判断しています。

応募職種とやりたいことがマッチしているか

続いて「応募職種と本人がやりたいことがマッチしているか」を見ます。やりたいことと応募職種がミスマッチしていると、やりたいことができなかったと退職する恐れもあります。これは誰にでもできるようなありきたりな回答では通用しません。やりたいことがどうしてそう思ったのかについても考えておき、自分なりの回答を準備しましょう。

面接官はたくさんの応募者を見てきているので、転職対策本などに書いてある文章を丸暗記した回答はすぐに聞いたことがある内容だと気付き、あなたを魅力的だとは思わないでしょう。

人間関係や待遇面が転職理由になっていないか

企業側としては、せっかく採用した人材に入社してすぐ辞めてもらいたくはありません。そのため、応募者が前職の人間関係や待遇面を転職理由として述べた場合、同じ理由で退職されないかといった点も見極めようとしています。

もし人間関係や待遇面に不満があったことを正直に伝えれば、「では弊社で同じ状況になった場合どうしますか?」という質問をされる可能性があります。

転職理由はどう答える、本音を伝えてOK?

面接で転職理由を自分の実力アピールにつなげるためにはいくつかポイントがあります。

ポイント:ネガティブな理由はポジティブに言い換える

まず、気を付けたいのが、ネガティブな理由で前職を辞めたとしてもそのまま正直に伝えるのではなく、ポジティブな言い方に変えて話すということです。ネガティブな理由を伝えてしまうと、面接官に「同じ理由ですぐに辞めてしまうのではないか」とマイナスのイメージを与えかねません。実際に転職理由が人間関係や待遇といったマイナス面にあったとしても、一歩先に考えを進めて、前向きな理由として考えてみましょう。たとえば、「上司と合わなくて辞めた」という場合であれば、「前職よりももっと責任ある仕事にチャレンジしていきたいと考えたから」というようにします。

ウソを言うのはよくありませんが、もし思ってもいないことを言ったとしても説得力がなく、面接官はすぐにウソを見抜いてしまいます。話が他の候補者と比べて薄いのは何人も面接をしているとわかってしまいます。「自分がなぜ転職したいのか」をしっかり自己分析し、そこからどのように相手に伝えるのかを考えましょう。

ポイント:客観性を持たせる

転職理由を述べる際には、客観性を持たせるのもコツの一つです。たとえば、「努力しても役職が上がらなかった」「職務の幅がいつまでも広がらない」「給料が上がらない」といったネガティブな理由の場合を考えてみましょう。抽象的なことを言ってもただの愚痴のようになってしまいます。

そこで、「このような努力をした」ということを具体的な数字などを交えながら相手に分かりやすく説明するよう工夫しましょう。そのうえで「さらに結果につながる仕事にチャレンジしたく、転職を決意した」というように、前向きな理由につなげるのです。

ポイント:志望動機へつなげる

「こういった理由から転職しようと思い、それができるのが御社だった」というように、転職理由から志望動機につなげるのがポイントです。もっとも、長くなるようであれば、転職理由と志望動機を分け、志望動機を聞かれた際に、転職理由からつながることを説明すればよいでしょう。

ポイント:簡潔に要点を説明する

自分の実力をアピールしたいからといって、だらだらと長く転職理由を話さないように気を付けることも大切です。延々と話を続けると、「説明を簡潔にまとめられない人」という印象を持たれてしまいます。また、長くあれこれ話すと、どんどん会社の愚痴に近くなり不満が出てしまう危険性もあります。転職理由はネガティブに終わらせず、あくまでも「今後はこうしたい」という前向きな想いを伝えましょう。

未経験・キャリアチェンジの場合は転職理由をどう話す?

転職は今まで行ってきた職務内容と関連のある会社やポジションへ移ることが一般的です。また企業側も、求職者のスキルや経験に期待するからこそ、即戦力として採用しようと思うのです。

ただ、第二新卒や新しい分野の場合未経験でも可能という求人も存在します。もしあなたが未経験の職種へ転職したい場合は企業側を納得させるだけの転職理由と、将来を見据えた計画が必要です。キャリアチェンジや未経験への職への応募の際の転職理由はどう伝えたらいいか、また英語を活かして仕事がしたいという方はそのまま転職理由として伝えて問題ないのかについても解説します。

キャリアチェンジする場合、転職理由は「志望動機」と「今までの経歴がどう活かせるか」がポイント

転職が単なる思いつきや現実逃避でないことを示すためには、「なぜ、この職種なのか」「これまでの経験がどう活かせるのか」という2点を押さえて転職理由を述べましょう。

面接や履歴書では話に一貫性を持たせる

「現在はこのような仕事に携わっていますが、そのなかで、このようなことを考え、このような仕事をしたいと熱望するようになりました。そこで、今回、この職種に応募しました。現在の仕事で得たこのスキルは、御社でも活かせます」のように、話の流れに一貫性を持たせてると説得力が増します。

今後自分がどうなりたいのかのキャリアプランを提示する

また「新しい分野に対して、今後どのように挑戦していくか」という今後の展望を付け加えることも忘れてはいけません。キャリアチェンジをしたい転職者は、ともすれば、現在のスキルを新しい仕事にどう活かすかというところに思考が集中して、「一生懸命がんばります」というような気持ちを述べるだけになってしまいがちです。企業や業界の研究に基づいて自分がこれから身につけたいスキルを考え、提示することで、応募した職種への理解と意欲を示しましょう。

キャリアプランについてはこちらの記事を参考にするといいでしょう。
15分でキャリアプランを書く方法

転職理由がスキルアップ・キャリアアップの場合のポイント

今の職場ではできない理由を明確にしておく

スキルアップやキャリアアップのために転職を希望する場合、「なぜ、現在の職場ではキャリアアップ・スキルアップができないのか」という疑問を抱かれがちですし、実際に面接でもキャリアチェンジするしないに関わらず聞かれる質問です。

そのため、キャリアチェンジするならなおさら、その点を明らかにしておいたほうがいいでしょう。例えば「自分にはこのようなスキルがあるが、現職ではこのような理由で自分のスキルを活かすことができない。そのため、自分のスキルをより高度な次元で活かせる御社で活躍したい」と説明しましょう。

このときは、「今後、自分はこのような方面で活躍していきたい」と自分なりの将来設計を語りましょう。客観的に経済の動き、業界や応募先企業の動向を分析して、「将来、会社で自分がどのような分野の仕事をやりたいか」という自分の立ち位置を予想して話しましょう。ただし、そのカウンター質問として「そのために自分が今努力していることは?」「それができなかった場合どうしますか?」といった質問も予想されるためあらかじめ答えられるようにしておきましょう。

英語を使いたいという転職理由

「英語を使いたい」だけではなく、志望動機も明確に考える

留学経験がある人や帰国子女の方で英語が堪能な人は、英語を使える仕事がしたくて外資系への転職を希望することがあるでしょう。しかし、転職の理由が「英語を使いたいから」では的外れです。国際化が進んだ現代では英語ができる人を必要としている企業は多いのですから、英語を使いたいだけならば、応募した企業でなくてもよいはずです。「なぜ当社を選んだのですか」と問われたときに自信を持って答えられるように、明確な転職理由を考えておかなくてはいけません。

転職理由を英語とは関係づけず、企業の仕事内容をよく理解して「こういう理由でこの仕事をしたい」と明示することが大切です。そのうえで、「付け加えるならば、得意の英語を活かしてこのようなこともできます」と説明するのもポイントです。プロの通訳になる場合を除いて、英語はあくまでツールだと認識しておきましょう。

面接で「英語ができる」と話した場合、そこに外国人や英語のできる人がいれば「では、英語で答えてください」と、突然、英語力のテストが始まる可能性もあります。英語の質問にも慌てずに答えられるように、事前に英語の自己紹介を練習し、その会社で使われていそうなビジネス英語を勉強しておくと安心です。

ただし、外資系であってもポジションによっては英語を全く使わない、ほとんど使わないというポジションもあります。もし転職エージェント経由で応募しているのであれば、そういった部分もあらかじめ聞いておくといいでしょう。

外資系で英語をどの程度使うのかはこちらの記事を参考にするといいでしょう。
外資系に転職したら英語はどの程度必要?

英語で転職理由を伝える場合も基本的には日本語と同様ポジティブに言うことを意識する

英語が得意であるとアピールしている人はもちろんですが、英語はそれほど得意でない人も英語で経歴や転職理由を述べさせられることがあります。外資系企業を希望する以上は、最低限の語学力が必要ですから、避けては通れません。

英語でも、基本的には日本語で話すことと同じだと考えてよいでしょう。今の仕事については、悪く言うのは避けてポジティブに説明し、転職理由も当然ながら前向きなものにします。さらに、これまでに自分が得たスキルや経験を活かして企業に貢献したいという意欲を伝えます。

普段英語をあまり話さない人はネイティブに原稿や話す内容をチェックしてもらうとよい

日本語にある「微力ではありますが」「できるかどうか分りませんが」などの謙遜表現は不必要です。自分では気づかない微妙な表現の過ちをなくすために、できれば、英語のネイティブスピーカーに原稿を見せて、添削してもらうとよいでしょう。英語だとつい長く話してしまう癖のある人は、意識して簡潔に話してください。

英語を使い慣れていない人は、英語で書いた経歴と志望動機を繰り返し音読して練習しましょう。面接では、自分がスピーチするだけでなく面接官と会話することもあります。自分の言葉で自然に語れるためには、1つの例文を丸暗記するだけではいけません。さまざまな表現を使っていくつものパターンを準備しておくことが必要です。

英語面接対策はこちらの記事を参考にしましょう。
英語面接で聞かれる質問と対策

面接では英語でコミュニケーションをとれることが大事

ネイティブレベルの英語が求められない場合、面接で見られるのは「英語力」そのものではなく「英語でコミュニケーションがとれる力」です。相手にストレスを与えず、こちらの意思を伝えることができれば問題ないことが多いです。そのため、発音や文法の細かな誤りを気にして何度も言い直したり考え込んだりせず、おおらかな気持ちで話すことも重要です。

電話やSkypeを使った英語面接の場合、相手の声が聞き取りにくいにくいこともあるかもしれません。そのようなときは電波の状態が悪いと伝えて、落ち着いて対応しましょう。

Skypeや電話面接対策はこちらの記事を参考にしましょう。
Skype面接(WEB面接)を成功させる6つのポイント
動画面接を成功させる5つのコツ
電話面接を成功させる5つのコツ

外資系に転職する場合の転職理由

外資系に転職する場合には、日系企業との違いを理解して転職理由を書くようにしましょう。日系企業で好まれそうな転職の理由が、外資系では通用しないことも少なくありません。

外資系の特徴は、「成果主義」「個人主義」「実力主義」などの言葉で表わされることが多く「ワークライフバランス」を取りやすい点や「フラットな人間関係」も特徴です。日系企業なら好まれるかもしれない「根性」「努力」「協調性」などは、外資系では評価の対象にはならないこともあります。ワークライフバランスが取れている反面、遅くまで残業すると、要領が悪いとしてマイナス評価を受けることもあるほどです。

外資系への転職理由は社風を理解したうえで書く

そのため、「チームで一丸となって仕事に向かいたい」「一体感を求めている」「結果よりもプロセスを大切にしたい」などと書いても、社風と合わないと判断されてしまう可能性があります。それよりは、「自分の実力を発揮したい」という内容のほうが外資系の社風とはマッチしています。

外資系で求められる人材は、周囲に流されず自分の意見をきちんと表現でき、自ら動いて結果を出せる人です。そのような個性を持っている人は、その点を上手にアピールしましょう。ただし、外資系でも上司や同僚たちとは良好な関係を保つ必要があります。とがった個性を強調したい人は、同時に周囲の人を敵に回さないような親しみの持てる人柄も感じさせるようにしましょう。

また外資系には様々な種類の外資系企業があります。外資系企業だけれどもほとんど日本人しかいない企業もあります。もし転職エージェントを使っていて、外資系企業を受ける際にはどういった社風なのか事前に確認しておくといいでしょう。

外資系企業について詳しく知りたい方はこちらを参考にするといいでしょう。
外資系に転職する前に押える基礎知識

外資系へのキャリアチェンジは即戦力アピールも大事

日系企業と比べて人の移動が激しい外資系では、第2新卒のような若い人でも、ポテンシャルに期待してほしいというだけでは事足りません。即戦力として働けるというアピールも必要です。

もちろん、すでにある程度のキャリアを経てきた人ならば、表面的な知識では評価されません。国内の動向だけでなく国際的な視点も意識して話し、自分のキャリアプランを語るといいでしょう。企業は、長期に渡る経営計画を立てているため、5年先、10年先の候補者の姿と企業の将来の姿が合致している必要があります。

転職理由がUターンなどの場合

「Uターンで故郷に戻りたいから」または「婚約者の勤務地に近いから」など、職場の所在地が希望に合うからという理由で転職先を選んだ場合でも、それを前面に出すのは避けましょう。なぜなら、勤務地が同じであればどの企業でもよかったということになり、なぜ応募先企業を志望したのかという理由につながらないからです。転職理由は企業の業務に関わる内容を一番にして、勤務地などほかの条件については付け加える程度にするほうが賢明でしょう。

人間関係の悪化や待遇への不満などのネガティブな転職理由は、ポジティブに言い換えましょう。単に言い換えるだけではなく、よくかみくだいて、自分のやる気や転職先の企業への期待へと変換します。

また、以前の会社で体調を崩して休職したり退職したりした経験がある人は、現在の健康状態を伝えることを忘れないようにしましょう。すでに快復し、医師からも問題ないといわれたことをはっきりと伝えましょう。

転職理由のよくある例とカウンター質問

面接で転職理由について述べた際、それに対してさらに質問が来ることがあります。そこで、いかにうまく答えられるかで自身の長所をアピールできるかどうかが決まるといっても過言ではありません。よくある転職理由と、その理由を述べた場合にどのような質問が想定されるかを紹介します。想定される質問に対して、自分だったらどう答えるかを事前に準備しておきましょう。

自分のやりたいことができない・幅広く業務を行いたい

面接官としては、応募者が「自分のやりたい業務」を明確に持っており、それが募集職種において実現できるかどうかを見ようとします。

面接官からの質問:今の会社ではやりたいことができませんか?

面接官からは「現職の企業で本当にやりたいことができないのか」というカウンター質問がされると考えられるでしょう。もし今の会社で与えられる仕事の領域が狭く、幅広く仕事をしたい場合は、組織の人数が多く、与えられる領域が狭い。領域を広げるために管理職になると実際に手を動かせない、それが御社ならできるといったように自分なりに考えた理由を話しましょう。ただし実際に応募先企業ができるのかどうかは求人票だけではわかりません。転職エージェント経由でヒアリングをかける、現職の社員から話を聞くなどの情報収集は怠らないようにしましょう。

自分の意見が上司に通らない

面接官としては、上司ともうまく仕事をしてくれる人材に来てもらいたいと考えています。

面接官からの質問:なぜ自分の意見が通らないと思いますか?

面接官からの想定質問は「応募者に説得力がないのではないか」「できないことを人のせいにしていないか」ということを見るために、「なぜ上司に意見が通らないと思うか」との質問が考えられるでしょう。

自分としてはいいと考えた意見でも会社の方針としてそれを行えない理由を自分なりにまとめましょう。上司ともめているといったことではなく、会社の判断として通らないといったように、自分の意見は説得力があるものの、ビジネス判断としてできない、設備や人員を割けないなどの要因を考えてみましょう。

人間関係がうまくいかない

企業としては、周囲のメンバーとチームワークを発揮して働ける人を採用したいと考えています。人間関係を理由に転職を考えたという人に対しては、「コミュニケーション能力が足りないのではないか」という印象を持たれかねません。

面接官からの質問:人間関係を改善するためにどのような努力をしましたか?

そこで、応募者に本当にコミュニケーション能力があるかどうかを見るために、「人間関係を改善するためにどのような努力をしたか」「なぜうまくいかないのだと思うか」といった質問をする可能性があります。

相手の意見もある程度受け入れるように努力している。もめそうになったら別の日に相談するようにした。相手にメールで話すとうまく伝わらないため口頭で話すようにした等自分なりに実施している努力を伝えましょう。

転職によってやりたい仕事ができる

「御社でこのような業務がしたい」という応募者がいた場合、面接官としては、希望通りにいかなかった場合の対応力について見極めようとします。

面接官からの質問:もし部署異動でやりたい仕事ができなくなったらどうしますか?

やりたい仕事が明確にある場合、「部署異動が発生し、当社でそれができなかった場合どうするか」といった質問が来ることが想定されるでしょう。部署異動があっても自分のスキルとなるのであれば問題ありません等ポジティブな答えを用意しましょう。

残業が多く体調を崩した

「残業時間が多くて転職を考えた」「休日出勤をしなければならないため退職した」という理由を話す場合もあるでしょう。転職理由としてはもっともですが、転職先企業においても多少の残業は覚悟しなければならない可能性があります。企業側も加重な残業を強いる気はないものの、急な業務が発生したときなど、やむをえない場合もあるでしょう。そのような場合でも応募者が対応してくれるかどうかを面接官は見ようとするのです。

面接官からの質問:弊社でも繁忙期には残業が発生しますがいかがですか?

想定される質問としては「繁忙期は残業が発生するが問題ないか」「部署によっては休日出勤が発生する場合があるが対応できるか」といった質問で応募者の反応を見ることが予想されます。具体的にどの程度休日出勤や残業が発生するのかを確認する機会だと考え、詳細を確認してもいいでしょう。

勤務先に将来性がなく業績不振

「将来性がない」という表現はとても抽象的であり、これだけでは説得力のある転職理由とは言い難いです。「やり方によっては何とかなったのに、何もしなかったのではないか」「会社のせいにしてすぐに辞めるような人なのではないか」というマイナスイメージを与えかねません。

面接官からの質問:もしあなたが経営者ならどうしましたか?

面接官は「応募者が単なるわがままでそのような転職理由を言ったのかどうか」を見極めようとします。「応募者に危機管理能力があるか」「ピンチのときに臨機応変に対応できる能力があるか」を判断するのです。「もしあなたが経営者ならどう対応したか」「なぜそう思ったか。それは上司に伝えたか」といった質問をするでしょう。

このように、応募者の転職理由によって面接者はさまざまな質問をしてきます。自身の即戦力をアピールするせっかくのチャンスなので、本番であわてることのないよう、事前にしっかり準備しておくことが大切です。

あなたの将来のキャリアをプロに相談しませんか?

ロバート・ウォルターズのキャリアコンサルタントが、これまで多くの方々の転職を成功へ導いてきた実績と経験であなたに最適なキャリアアップと能力発揮のチャンスを提案いたします。

転職アドバイス記事

Read more »

求人情報はこちら 

Read more »

面接ガイド 

Read more »

履歴書の書き方 

Read more »

まずはキャリア相談 

Read more »

外資系・日系グローバル企業の最新求人