電話面接を成功させる5つのコツ

white-female

電話面接は採用プロセスの中の、気軽な最初のステップのように思えるかもしれませんが、希望する企業で働くための最初の一歩で、採用者に対し良い印象を与えるための、重要な機会です。最終面接と同じように電話面接に真剣に取り組む必要があります。

ロバート・ウォルターズでは、電話面接での対応を軽視する方々を目にすることがありますが、この最初のステップは極めて重要です。人事部と良好な関係を築くことが企業に適任であることを示す鍵となります。

その一方で、最初の電話会話で適切な対応ができないと、採用プロセスがまだ始まっていない段階からうまくいかなくなるかもしれません。

電話面接に臨む前に認識すべき重要な5つのコツをお教えします。

1. 集中力を削ぐものを排除する

仕事や日々の業務の中で、電話面接に対応することは困難でしょう。しかし、電話面接に臨む際には、集中力を削ぐものがない環境に身を置くことが非常に重要です。同僚があなたの私用電話に聞き耳を立てていたり、コーヒーショップでバリスタが大声で注文を繰り返すような環境ほど集中力を減退させるものはありません。そんなことは重要ではないと思うかもしれませんが、窓に向かって背中を向けて座り、面接中にメモを取ることで、集中力を高めることができます。

2. 自信を持って面接に臨む

面接担当者は電話でどのようにふるまうのかを聞いてコミュニケーション・スキルを評価します。人間関係の能力を観察し、部門の中でうまくやっていけるかどうかを判断します。仕事を成し遂げる意欲と姿勢を示しましょう。次の勤務先に、現在の勤務先に抱いている否定的な気持ちや不満足感は感じさせるべきではありません。これまで自分が実現したチャンスや成功事例について語りましょう。前向きな気持ちで自分が成し遂げた具体的な成果を積極的に説明してください。自分が気に入っている服を着て、発言する際には笑顔を心がけましょう。

3. 相手に興味を持ち、積極性を示す

具体的な質問をして、応募先の企業と役職についてさらに知りたいという姿勢を示してください。役職と企業に関して自分で調べた内容をもとに質問を準備しておくことも重要です。緊張感や恥ずかしさが相手に対する興味の欠如と誤解されないようにしましょう。電話面接が終わる前に、採用プロセスの次の段階に進みたいという興味を繰り返し示してください。面接後は簡単なお礼の電子メールを送り、次の面接に進む準備をしましょう。

4. 自分のストーリーを準備する

履歴書のコピーを目の前に用意してください。職務経験を説明する際には、スムーズに正しい勤務期間と業務内容を説明できるようにしましょう。これまで取り組んだプロジェクト、変革したプロセス、実施したイニシアチブ、解決した問題を示すいくつかのエピソードを事前に準備する必要があります。受けた質問に適切に回答できるよう、記憶の助けとなる基本的な情報はメモしておきましょう。電話面接であれ対面型の面接であれ、ほとんどすべての面接でこの情報は必要となるため、答え方をリハーサルしておくことが重要です。

5. モチベーションを高く持つ

就職活動ではうまくいかないことがあったり、やる気が削がれたりすることがあります。しかし、これまでうまくいかなかったからといって、新たなチャンスを求める熱意を失うことがあってはいけません。そのような気持ちになった場合は、やる気を高める言葉を集める、好きな作家が書いた気持ちの明るくなる文を読む、TED Talksのスピーチを聞く、友人から励ましを受けるなどをしてみてください。重要なのは、面接で落ちたとしても、それは個人的な能力や職務上の能力を否定されたものではありません。誰もがキャリアの中では失望することが何度かあり、採用通知よりもはるかに多い回数気落ちする出来事に直面します。自分がコントロールできること(自分の態度など)に集中し、相手から受けたフィードバックを次の電話面接に活かしましょう。

[他のキャリアアドバイス記事はこちらから] 

 

あなたの将来のキャリアをプロに相談しませんか?

ロバート・ウォルターズのキャリアコンサルタントが、これまで多くの方々の転職を成功へ導いてきた実績と経験であなたに最適なキャリアアップと能力発揮のチャンスを提案いたします。

キャリアアドバイス記事

Read more »

最新求人