最終面接を通過するためのポイント、よく聞かれる質問

woman-working-on-tablet-computer

最終面接は一次面接・二次面接と違い、質問する内容や雰囲気をガラッと変えてくる企業も多いでしょう。なぜなら、本当に企業に必要な人材かどうかを見極めるために面接官も人事部の担当者ではなく、社長や役員クラスが行うケースがあるからです。このように社長や役員が行う最終面接は、新卒採用だけでなく、転職などの中途採用でも活用されることがあります。現場社員や人事部の人からは問題ないと考えられていても、最終面接で社長や役員から難しいと思われてしまえば、内定を得ることはできません。受験者にとって最終面接は、まさに勝負どころと言えるでしょう。この記事では、最終面接を通過するためのポイントと一次面接・二次面接の違いを解説していきます。

最終面接の意味

面接を受ける企業によって違いはあるものの、一次面接・二次面接の場合は、その企業の人事担当者や配属先の上司となる人が面接官になるケースが多いです。しかし、最終面接だけは、社長や役員が面接官になるケースもあります。なぜ企業はこのような形をとるのでしょうか。

最終面接では社長・役員との視点のずれがないかの確認をしたい

それは、人事担当者や配属先の上司からの視点と、社長や役員からの視点がズレていないかどうかを最後に確認する必要があるからです。人事担当者や配属先の上司は企業の中の会社員という立場で働いていますが、社長や役員はトップとして企業の存続と成長にかかわる仕事をしているため、立場の違いから採用の視点が異なってしまう可能性があります。社長や役員から見ても、本当に企業に必要な人間かどうかを見極めるための最後の確認として最終面接が行われるのです。

一次面接・二次面接に通過すれば最終面接の面接官が変わったとしても、発言した志望動機や経歴といった内容は相手に伝わっているでしょう。また、面接中にフィードバックをされることもありますが、志望動機や自分の経歴は再度丁寧に話すことが大切です。最終面接は一次面接・二次面接の発言とズレがないかどうかのチェックとしても行われるので、志望動機や経歴を丁寧に話すに越したことはないでしょう。

専門分野について話すときには、分かりにくくならないように注意しましょう。特に専門分野の場合は、難しい言葉で話してしまうと、相手にとっては分かりにくくなってしまうことがあるので、説明能力がないと思われないように理解しやすい言葉で話すことを心掛けましょう。

企業が人材を採用するということは、もし採用した人が不祥事や事件などを起こした場合は、会社が責任を負わなければなりません。最終面接は会社とマッチしているかどうか、採用したあとの業務をきちんとこなすことができるかなど、さまざまな視点から最終判断する場所でもあります。これは応募者自身にも同じことが言え、疑問点や不安な点などを払拭する最後の機会になるため、事前に質問などを準備しておくことが大切です。

最終面接のポイント

企業の利益に貢献できるということをしっかりとアピールする

役員や社長などの経営にかかわる人たちが最終面接官だった場合、自分を雇うことによって企業にどのような利益があるのかを伝えることがポイントです。企業の会社員として働くということは、言われたことをこなすだけでなく、その企業の利益に貢献できる人材でなければなりません。ですから、役員や社長はどれだけあなたを雇うことで利益が上がるのかを考えて採用します。なぜ応募先の企業で働きたいのかという理由や具体的に何をしたいのか、それによってどのような利益につながるのかといった視点で質問される可能性が高いので、それに対してしっかりと説明できるようにしておきましょう。

矛盾点にもしっかり対応する

一次面接・二次面接とは異なり、最終面接では矛盾点を指摘されることがあります。このようなときは焦らず、自分の意見をしっかりと伝えることが大切です。特に専門分野の場合、実際は経営陣があなたのことをしっかりと理解したいという意図で指摘しているケースもあるので、本当は矛盾していない可能性もあります。

圧迫気味に感じても冷静に対処する

企業によっては故意に圧迫面接を行うようにしているケースもあるでしょう。最終面接のときに圧迫的で意地悪な質問をされたら、相手の立場で考え、冷静さを失わないようにするのが重要です。実際に採用されて仕事を行うことになれば、自分の考えや意見が全て通ることはないでしょうし、上司や先輩たちから厳しい指摘を受ける可能性もあります。指摘や圧迫的な質問を受けたときにどのような対応をするかなど、人間性も含めて見られている可能性もあるので、焦ったり、気分を悪くしたりしないように自分なりの回答をしっかり述べましょう。

紹介での面接の場合、初めから最終面接ということもあるため対策は怠らない

企業に働いている人からの紹介や現場で採用決定権がある場合、一次面接・二次面接を行わずに最初から最終面接ということもあります。最初から最終面接だったとしても指摘を受けたり、圧迫面接になる可能性もあるので、しっかりと対応できるように準備しておくことが大切です。

最終面接で聞かれる質問

ここからは、最終面接で聞かれることが多い質問の紹介と、それに対してのよい返答例、悪い返答例を説明していきます。

キャリアプランについて教えてください。

キャリアプランとは、今後の仕事に対しての計画のことをいいますが、たとえば、何歳までに何をするか、どのような役職に就きたいのかといった内容です。最終面接ではキャリアプランについて質問されることがあります。自分のキャリアプランに対して述べることができなければ、企業側としても途中で辞められてしまうのではないか、就職をゴールと考えているのではないかといったさまざまな不安を面接官は抱いてしまうでしょう。

よい返答例

「入社後は、家電販売員として接客スキルを磨くことに力を注ぎ、接客以外にもレイアウトのスキルも身につけたいと考えています、そして御社では、店長を3年間経験すれば、複数の店舗を管轄するエリアマネージャーの道が開かれているため、入社後は、まず配属された店舗で店長を目指し、30代後半ではエリアマネージャーとして店舗を管轄できる人間になりたいと考えています」

上記のような具体的で応募した企業の中で実現可能な内容を伝えるのがいいでしょう。

悪い返答例

「お客様からも職場の人間からも信頼される社員になりたいと考えています」

上記のような曖昧で分かりにくい内容は避けましょう。また、「30歳までに結婚してマイホームを持ちたいと考えています」といったようなプライベートの内容も悪い返答といえるでしょう。聞かれているのは、仕事上のキャリアプランになりますので、プライベートのプランを伝えるのは控えましょう。上記でも記載していますが、応募した企業の中でどういったキャリアプランを考えているのかということを聞かれているということを意識しましょう。

当社への印象はいかがですか?

よい返答例

「御社は無駄を徹底的になくし、効率的に仕事を行っている印象を受けます。これは、御社の企業理念である時代に合わせた柔軟な働き方の考えが社員全員に浸透しているからだと考えています。私自身も時代の流れが早く、競争が激しくなった現代社会では無駄をなくし、効率的に仕事を行っていくことが重要だと考えています。御社の印象や企業理念が自身の考えと合っていたので、入社試験に応募しました」

上記のように、企業理念や取り組みについてしっかりと調べたうえで印象を伝え、それに対して自分の考えや共感するポイントも伝えるのがベストです。

悪い返答例

「御社の社員はとてもイキイキしており、社内全体が活気で溢れている印象を受けました」

誰にでも言えて、きれいな言葉を並べただけの内容は避けましょう。このような発言では、応募した企業を全く調べていない人でも発言できます。最終面接での面接官が社長や役員であれば企業研究がされていないことを簡単に見抜いてしまうでしょう。

仕事をする上で大切にしているものは何ですか?

よい返答例

「仕事をするうえで大切にしていることは思いやりの心です、なぜなら、仕事は自分1人で行うものではなく、上司や先輩、同僚、お客様といった多くの人達と関わりながら行っていくので、思いやりの心がなければ満足する結果が得られないと考えているからです」

誰が聞いても好印象で納得する内容のものはいいでしょう。その後、なぜそう思うようになったのですか?という追加質問も想定し、エピソードも交えて話すことができるようにしておきましょう。

悪い返答例

「仕事中は仕事に関係のない話はしないことです」

確かに休憩時間でない仕事中にプライベートの話をするのは良くないことですが、人によっては硬い人に思われてしまったり、柔軟性がないと思われてしまったりする可能性もあるでしょう。

最終面接での逆質問

よい返答例

「私は御社で結果を出すうえで大切になるのは仕事に対するスピードだと考えていますが、その他に重要になることはありますでしょうか」

意気込みが感じられる質問は好感が得られるでしょう。

悪い返答例

「特にありません」

本来であれば特になければ答える必要はないでしょう。しかし、一般的に言われている面接対策では、疑問に思っていることや知りたいことを聞くのが基本になっています。この場合の質問をするときは、企業理念や会社説明会で説明していることを聞き返さないように注意しましょう。

あなたの将来のキャリアをプロに相談しませんか?

ロバート・ウォルターズのキャリアコンサルタントが、これまで多くの方々の転職を成功へ導いてきた実績と経験であなたに最適なキャリアアップと能力発揮のチャンスを提案いたします。

転職アドバイス記事

Read more »

外資系・日系グローバル企業の最新求人