面接後にフォローアップを行う方法

red neon

信じられないかもしれませんが、面接でどれほどうまくいったとしても、面接後にどのように振る舞うかが、あなたが求めるポジションに就けるかに大きく影響します。対面式の面接をおこなった後でも、採用責任者に良い印象を残すことはプラスとなります。

面接の終了後には、希望するポジションに就くことができるように、いくつかすべきことがあります。

1.礼状を出す

ハーバード・ロースクールは、礼状を迅速に送れと常にアドバイスしています。親密さを示すために、礼状を手書きのものにするのも一つの手です。内容を親密なものにするためには、面接中に実際に話題となった1つか2つのトピックについて言及しましょう。ただし、メッセージは短くし、将来の上司、または同僚にあまり時間を取らせないよう配慮する必要があります。

採用プロセスでフォローアップを行うことは重要で、的確な礼状は転職を成功させるのに効果を発揮することがあります。その企業に関しての情報や社風などから、どのような方法でフォローアップするのが適切かを判断してください。

礼状には質問を含めることもお勧めします。それに基づいて、企業があなたに返事をする機会が生まれるからです。面接担当者が2人以上いる場合は、各担当者に個別の礼状を出しましょう。

2.電話によるフォローアップを行う

電話によるフォローアップは、面接中にそうするよう指示された場合にのみ有効であるとほとんどの専門家は言っています。面接担当者に何度も電話をかけると相手から煙たがられ、応募先企業の意向から外れることも考えられます。

マネージャーが採用に関する決定について話すことを会社から禁止されている場合、何度も電話が来るのは好まれず、面倒と感じられることもあります。

3.リファレンス(照会先)となってくれた人にコンタクトする

応募先企業からの回答を待っている間に、リファレンス(照会先)となってくれた全ての人に電話することは効果的です。

リファレンス(照会先)となってくれた人があなたについてポジティブなコメントをしてくれるようにコミュニケーションを取り、過去にその人と業務を通じて共有した素晴らしい経験についてそれとなく思い出してもらいましょう。一緒に取り組んだ成功事例について話しをすることで、応募先企業にあなたに関する良いコメントが提供してもらえる可能性も上がります。リファレンスとなってくれた人も多忙なため、どのようにコメントして欲しいかを伝えておくのも良いでしょう。

4.ソーシャルメディアを活用する

自分のソーシャルメディアのプロフィールがプロフェッショナルなものであり、自分を適切に表していることを確認してください。プロフィール写真と公開情報もプロフェッショナルなものである必要があります。特にLinkedInやTwitterのような公開されたプロフィールでは気をつけましょう。応募先企業に在籍する知り合いがFacebookなどの非公開のソーシャルメディア・アカウントの写真などにもアクセスできる可能性があることも忘れないでください。

面接後にプロフェッショナルな方法で適切にフォローアップを行うことで、あなたが求める完璧なポジションに就くチャンスも大幅に高まります。

 

あなたの将来のキャリアをプロに相談しませんか?

ロバート・ウォルターズのキャリアコンサルタントが、これまで多くの方々の転職を成功へ導いてきた実績と経験であなたに最適なキャリアアップと能力発揮のチャンスを提案いたします。

キャリアアドバイス

Read more »

最新求人