退職までのベストな期間は?プロ意識をもって退職する

blue-glass

転職する際に退職は避けられない出来事です。気持ちの良い作業ではありませんが、あなたがこれまで仕事の中で示してきたプロ意識をここでも発揮することが大切です。

会社を辞めようと思ったとき、気になるのは退職を申し出る時期や段取りについてではないでしょうか。なかなか切り出しにくいかもしれませんが、退職の意思を伝えても、すぐに明日から来なくていいわけではありません。不用意な争いを避け、円満に退職できるよう、スムーズな退職の申し出や退職までの流れについて確認しておきましょう。

民法と労働基準法で変わる?法律で定められている退職期間

民法では退職日の2週間前。労働基準法では特に定めなし

労働者と雇用主に関する法律としては、「民法」「労働基準法」の大きく2つがあります。退職の申し出について、民法では、原則、退職日の2週間前までに申し出るようになっています。一方で、「労働基準法」では、社員から退職を申し出る場合の期間の定めはありません。ちなみに、会社が社員を解雇する場合は、「解雇日から30日前までに伝える」というきまりがあります。「労働基準法」は、一般的に立場が弱いとされる労働者側が守られるように制定されているため、会社側の解雇通告には期限が定められているのです。

申し出から退職までの期間は就業規則も確認!

退職までの期間を考えるにあたり、就業規則をよく確認する必要があります。一般的には、「退職日の申し出は1カ月以上前までに」としている企業が多くなっています。実際には、辞める人の仕事を引き継がなければならず、仕事内容などによっても準備期間は異なるため、企業ごとに退職期間に関する定めがあることがほとんどです。退職を決意したら必ず就業規則を確認することで、スムーズに退職準備を進められるでしょう。

試用期間中の退職も通常と同じ

試用期間中に自分が思っていた仕事が出来ない、面接で聞いていた労働条件と違うなどから、退職を検討する方もいるでしょう。試用期間だからといって、今日で退職し、明日から会社には行きませんといったことはできません。通常通り、就業規則に従い、退職するようにしましょう。また退職の前に、一度人事に相談してみるのもいいでしょう。

退職期間は法律と就業規則のどちらに従うべき?

民法では、「退職の申し出は2週間前まで」となっていますが、就業規則では「1カ月以上前まで」となっている場合、常識的に就業規則に従ったほうがいいでしょう。欠員補充や業務の引継ぎなど、退職することで企業が行うべきことが生じるので、そのための期間をきちんととることが望ましいといえます。民法を盾にして強引な辞め方をしてしまうと、転職先が同じ業界内の場合などは、後々に良くない影響をおよぼしてしまうかもしれません。双方のメリットを考えた、スマートな対応を心がけましょう。

退職までの期間は引継ぎと有給消化を考える。次の勤務先が決まっている場合は勤務開始日から逆算する

前述のとおり、まずは就業規則を確認し、いつまでに退職届を出すべきか確認しましょう。退職届を提出しても、不備があったり他に手続きが発生することもあります。また有給休暇を消化したい場合はそれも踏まえて最終出社日を調整したほうがいいでしょう。退職届を突然提出し、次の日から退職日まで有給休暇に入ります、というのはプロフェッショナルではありませんし、元の職場の関係も悪くなります。

次の転職先が決まっている場合、入社日をいつにするか決めないといけませんが、上記を確認した上で調整するといいでしょう。面接時には引継ぎの関係でいついつまでに入社可能と伝えるのがいいでしょう。その際に2ヶ月以上入社までかかる場合は選考に不利になる可能性もあります。その場合は転職エージェントに交渉をお願いするなど相手先企業との交渉をプロに任せるのもいいでしょう。

退職の上手な伝え方と引継ぎをする際の心構え

まずは、直属の上司に退職の意思を伝えます。その日の朝など就業時間外に時間を決めて、会議室など他人に聞かれない場所で切り出すのがベストです。ここで注意したいのは、同期や仲のいい先輩がいたとしても、先に相談しないことです。上司に伝える前に先輩や同僚など他人から上司の耳に伝わってしまうと、良い印象を与えません。また、無事意思を伝えられたあとは、丁寧に引き継ぎをしましょう。日数に余裕を持って、マニュアルがなければ自分で作成するなど、残る人たちの負担をなるべく軽減できるような行動を心がけるのが社会人のマナーだといえます。「立つ鳥あとを濁さず」という気持ちで、スムーズな退職を実現させましょう。

適切な退職届を出す

会社の方針マニュアルを読んで退職手順を確認しましょう。もしマニュアルがない場合は、人事に確認しましょう。これを怠ると前雇用者との関係が悪化するだけでなく、未消化有給休暇に対する支払いといった退職手当も逸してしまうおそれがあります。現在、雇用契約の多くは競争禁止条項を盛り込んでいます。この条項は、退職後のタイミングや選択肢に影響します。

退職が決まったら引継ぎに協力の手を差し伸べる

退職が迫ると、当然ながらあなたがやっていた仕事を誰かが背負うことになります。複数の同僚に振り分けられる場合もあれば、後任者が一手に引き受ける場合も考えられます。次に挙げるような協力方法を考えてみましょう。もし後任が決まっている場合は、

  • 後任者探しと面接を手伝う
  • 後任者が勤務開始するまで手伝う
  • 後任者が新しい職務に慣れるように手助けする

すでに後任の方が社内にいる場合は、適切な引継ぎ書や引継ぎのMTGを何度か行いましょう。また自分が考えている引継ぎ期間と上長が考える引継ぎ期間の認識が違い、退職までの期間を延ばせないかと打診がある可能性もあります。なぜこの引継ぎ期間なのか、自分でもあらかじめ引継ぎのスケジュールや引継ぎ担当者を考えておくといいでしょう。

やむを得ず退職する場合は、推薦状を依頼する

家庭の事情などで引越しや海外への移住などで退職せざるを得ない場合は、上司、同僚、直属の部下があなたの長所を覚えてくれているうちに推薦状をお願いしましょう。かつてのマネージャーや同僚から簡単に紹介状を依頼できるLinkedInなどのオンラインネットワークも企業の経営層の間でよく使われています。採用のプロセスにおいて、新規の採用者は精査されます。希望する仕事を得るうえで、好意的な推薦状は重要です。

またリファレンスチェックがあった場合、以前の同僚や上司に依頼することが一般的なので、いい関係を保つようにしましょう。

採用通知ををもらってから退職届けを提出する

書面での確実な採用通知を確保してから退職願を提出することを強くお勧めします。これによって退職後すぐに転職先での勤務を開始でき、仮に採用通知が突然白紙になったとしても厳しい状況に陥ることはありません。

退職者面談で周りの批判をしない

退職者面接において経営陣や人事部は「建設的な批評」を求めてくる場合があります。しかし、会社やその社員の批判はしない方が賢明です。結果的にあなたの評価を落とす羽目になります。特に狭い業界では、近い存在の人が次の上司になるケースもあります。

カウンターオファーを受けない

たとえどのような褒め言葉で誘われても、「カウンターオファーを受けない」ことは多くのキャリアアドバイザー共通の意見です。転職意思をいったん明確にしてしまうと、あなたの忠誠心は疑われます。雇用者側がカウンターオファーを出す目的は、より献身的な、あるいはより安上がりの後任者を見つけるまでの「つなぎ」を確保するために過ぎません。


退職願を出した後、お世話になった会社や同僚を残して去ることに罪悪感を覚えるでしょう。しかし、退職する理由を常に念頭に置き、キャリアにおいて良い方向に向かおうとしていることを忘れてはいけません。新たな挑戦に焦点を定めることが重要です。

あなたの将来のキャリアをプロに相談しませんか?

ロバート・ウォルターズのキャリアコンサルタントが、これまで多くの方々の転職を成功へ導いてきた実績と経験であなたに最適なキャリアアップと能力発揮のチャンスを提案いたします。応募はこちら

転職アドバイス

Read more »

外資系・日系グローバル企業の最新求人