退職届・退職願いの書き方【テンプレートつき】

退職届・退職願いの書き方

会社を辞めることを決意すると、会社に退職の意思を伝える必要があります。会社は、退職をしたいと思った日に辞められるわけではありません。きちんとした手続きを踏んで退職をするのが社会人としてのマナーです。しかし、退職をするためには決まりごとが多く、また初めて退職する場合は何から手を付けていいのかわからないという人もいるでしょう。

退職をする際に提出する書類として「退職願い」「退職届」「辞表」などがあります。ただ、実際にこれらの書類にはどのような意味合いや違いがあるのでしょうか。さらに書き方に関してもわからない方も多いでしょう。また退職に関する書類は提出するタイミングも重要です。上司など、目上の人に失礼にあたらないよう、初めに退職の意思を伝える相手もしっかりと選ばなくてはいけません。これまでお世話になった会社ですので、できるだけ円満な退職をしたいものです。

最も大切なのが退職に関するマナーを守ることです。そうすることで、お互いに気持ちよく退職手続きをすることができます。この記事では退職の意思表明を伝える退職届・退職願いの書き方について解説し、正しいマナーについても詳しく説明します。

退職届・退職願い・辞表の違いは?

会社を辞める時に提出する書類として「退職願い」「退職届」「辞表」の3つを聞いたことがある人もいるでしょう。この3つを混同してしまう人も多くみられますが、それぞれに特有の用途があります。

退職願は申し出のため、退職願だけでは退職にはならない

退職願いは、会社との合意により労働契約を解約してもたらうための申し出です。退職に向けて「退職したいです」と打診する書類であり、「○月○日に労働契約を解除したい」と具体的に申し出ます。

ただ、退職願いの段階では、退職を申込んでいる段階です。会社側は退職を承諾してはじめて退職となりますので、退職願いを提出した時点では退職ではありません。会社側は退職願いを受け取ると、労働契約の解除を承諾するか検討に入ります。退職願いは相手が承諾するまでであれば撤回することが可能という特徴もあります。

退職届は最終的な意思表示を示すもの

退職届というのは、退職の最終的な意思表示を示すものです。退職願いが、退職してもいいかを尋ねるものであるのに対し、退職届では「退職します」と宣言すると考えてください。退職届には退職への強い意思表明があると解釈されますので、受理された時点で退職が決定します。退職届が受理されると、特別な事情がない限り撤回ができません。

また、辞表という言葉もよく耳にしますが、辞表は役員のような役職がある人が辞める時に使用するものです。公務員が組織を辞める際にも辞表を提出します。一般的な会社員の場合には辞表を提出することはありませんので気をつけましょう。

退職願いの書き方

退職願いや退職届は口頭で伝えることも可能であり、必ずしも提出する必要はありません。しかし、書面で提出することで退職の意志の強さを示せるともいえるでしょう。また、退職に関してトラブルが生じた際には、退職に対する意思表示がなされた書類が残っていることは非常に重要です。退職の意思が真意に基づいたものであることを証明するためにも、退職願いや退職届を出すのがいいでしょう。なお、それらの書類は提出前にコピーをして、手元に保管しておくと安心です。

退職願いを書く前に就業規則を確認

退職願いを書く前には、在籍している会社の就業規則も確認しておきましょう。就業規則には退職の手続きに関する項目が設けられています。会社によっては、退職届を提出する規定がある場合もあります。また、退職は希望する日の1~2カ月前に申し出ることを規定している会社が一般的であり、会社の規定に従わずに退職願いを提出すると、受理されないことも珍しくありません。もそうなると、退職の手続きが難航してしまう可能性が高まりますので、就業規則はあらかじめきちんと確認しておきましょう。

退職願いの書き方

退職願は一般的には縦書きが好ましいとされています。また、退職願いを入れて渡す白無地の封筒も用意しておきましょう。退職願いを手書きで書く際には、黒のボールペンまたは万年筆を使用します。

まず、冒頭の行に「退職願」と書きます。

行の真ん中、もしくはそれより上側に書いておきます。

本文の書きだしは、本文一行目の下部に「私事」もしくは「私儀」と書きましょう。

これは「わたくしごとですが」といった意味があります。退職願いには、どんな理由であっても退職理由を書く必要はありません。

本文は自己都合退職であれば「この度一身上の都合により~」と書いておくといいでしょう。

退職願いの日付

退職を希望する年月日も忘れずに書きます。これは西暦や和暦のどちらでも構いませんが、会社規定がある場合には準じておきましょう。

退職願の文末

退職を打診する書類ですので、文末は「退職いたしたく〜お願い申し上げます」としておきます。最後に、退職願を提出する日付を書き、退職日時点での所属部課も書きましょう。自分の氏名は末尾の社長の氏名より下にくるように書き出しを少し下げておくのもポイントです。

自分の氏名の後には押印をします。これは、三文判でも問題はありません。ただ、シヤチハタは避けるのがいいでしょう。会社の正式名称を書き、宛名には社長とし、フルネームで記載します。社長の敬称には「殿」、もしくは「様」を用いるのが一般的です。

退職願いを入れる封筒

退職願いを入れる封筒は、表に「退職願」と書き、裏面は、自分の所属部課、氏名を記載しておきます。

退職届の書き方

退職届・退職願のテンプレート・フォーマットダウンロード

退職届テンプレートダウンロード

退職願テンプレートダウンロード

退職届は会社ごとにフォーマットがある場合もある

退職願いは自分で書いて上司に提出するものですが、退職届は会社へ提出する書類です。そのため、会社でフォーマットや退職届を用意していることもあります。理由が会社も退職した従業員との間にトラブルを起こしたくないと考えているからです。そういった理由から、会社側は退職の事実を書面で残しておきたいと考えていることが多くみられます。さらに、管理がしやすいといった理由もあり、フォーマットを作成しています。イントラネットなどに掲載されている場合もありますし、もしイントラネットがない場合は人事に直接聞いてみるといいでしょう。

退職届は退職日が決まってから提出する

会社がフォーマットを用意している場合には、会社の規定に則って退職届を作成しましょう。退職届の提出のタイミングは、退職願いが受理され、退職日が決定してからです。会社によっては提出先に関してもシステムで管理されていることがあり、人事部への提出を求められることもあるでしょう。提出先は会社によって異なりますので、上司や人事と連絡を取りながら作成します。退職届を提出すると、労働者側が労働契約の解除をしたとみなされるのです。

あなたの将来のキャリアをプロに相談しませんか?

ロバート・ウォルターズのキャリアコンサルタントが、これまで多くの方々の転職を成功へ導いてきた実績と経験であなたに最適なキャリアアップと能力発揮のチャンスを提案いたします。

外資系転職アドバイス

Read more »
woman-with-pc

求人情報はこちら 

Read more »

面接ガイド 

Read more »

履歴書の書き方 

Read more »

まずはキャリア相談 

Read more »

外資系・日系グローバル企業の最新求人