【社労士監修】雇用保険被保険者証とは?いつもらう?紛失した時再発行できる?

雇用保険被保険者証とは?

再就職をするときは、いつもは目にしない書類が数多く必要になります。転職経験のある人なら、新しい会社の入社手続きで雇用保険被保険者証の提出を求められた記憶があるかもしれません。そのとき、「雇用保険被保険者証ってなんだろう」「もらった覚えがない」「なくしてしまったのかも」と思った人もいるでしょう。雇用保険被保険者証は、使う機会になじみがなくても、なければ困る大切な書類です。初めて転職する人ならぜひ知っておきたい雇用保険被保険者証についてまとめます。

雇用保険被保険者証とは?

雇用保険に加入した際に発行される証明書

雇用保険被保険者証とは、雇用保険に加入したときに発行される書類です。雇用保険に加入するためには働き方に一定の条件があります。労働時間が1週間に20時間未満のパートやアルバイト、31日未満の短期間で働く場合は加入できません。また、昼間学生も例外を除き加入できません。昼間学生の例外とは、卒業見込証明書を有する者であって卒業前に就職し、卒業後も引き続き同一の事業主に勤務することが予定され一般労働者と同様に勤務し得ると認められる場合で、被保険者となります。(イメージ的には学校を卒業する前から就職先の会社で働いている人です)反対に、条件を満たしている民間企業の社員は間違いなく加入することになるでしょう。多くの会社では給与から雇用保険料が天引きされるため、給与明細を見れば加入の有無がわかります。雇用保険の被保険者となった場合に、その証明となるのが雇用保険被保険者証なのです。

雇用保険被保険者証は会社に保管されていることが多い

基本的には最初に就職した会社が取得の手続きをしますので、その存在を知らないことも多いです。所持していても紛失してしまう人が多いため、ほとんどの場合、会社側で保管されています。自分が雇用保険に加入していることは認識していても、「この書類は見たことがない」という人は会社に聞いてみましょう。万が一、会社でも所在がわからないという場合は、ハローワークでも照会してもらえます。

雇用保険は転職先の会社でも引き継がれますので、在職していた会社から本人に返却されるようになっています。退職する際は、会社から自分のもとに返却されたかどうか必ず確認するようにしましょう。

雇用保険という制度は、失業したときに受給できる給付金などで生活や再就職を支援する社会の仕組みです。雇用保険被保険者証は、この制度のメリットを有効に活用できる証明書でもあります。転職する際に必要になってくる書類なので、在職中から意識しておくことが大切です。

雇用保険被保険者証を紛失してしまった場合、再発行可能?

雇用保険被保険者証の所在を意識していない人は、退職した会社から返却されていることに気づかない可能性があります。再就職のとき、「雇用保険被保険者証が見当たらない」というトラブルもまれではありません。

雇用保険被保険者証を紛失してもハローワークで再発行可能

雇用保険被保険者証は小さな紙なので、注意して保管しなければどこにいったのかわからなくなってしまいます。ただし、雇用保険被保険者証を紛失したとしても、ハローワークで再発行してもらえますので心配は無用です。基本的には即日発行できますが、対応は平日のみで、土・日・祝日や年末年始は休みとなっています。

再発行には本人確認書類、印鑑、退職した会社の名称・所在地・電話番号が必要

再発行の手続きに必要なのは、顔写真つきの本人確認書類1点(運転免許証など)もしくは顔写真なしの本人確認書類2点(健康保険証+住民票の写しなど)、退職した会社の名称・所在地・電話番号、印鑑です。

再発行できる時間は各地のハローワークによって異なるため、持参するものと併せて事前に確認しておきましょう。平日にハローワークへ行く時間がとれない場合、インターネットでも再発行の手続きは可能です。電子政府の総合窓口「e-Gov」で24時間受け付けていますが、申請の際に認証局が発行する電子証明書が必要となります。雇用保険被保険者証を探しても見つからない場合は、紛失したのではなく元々退職の際に受け取っていないのかもしれません。前の職場が渡し忘れていることも考えられるため、念のため問い合わせてみるのもひとつの方法です。

雇用保険被保険者証再交付申請書の書き方

雇用保険被保険者証の再発行には、「雇用保険被保険者証再交付申請書」が必要です。ハローワークにありますので、最寄りのハローワークに行けばその場で記載できます。書き方は以下の通りです。

  1. 申請者の氏名・性別・生年月日・住所を記入
  2. 被保険者として最後に雇用されていた事業所(退職した会社)の名称と所在地を記入
  3. 申請日を書き、申請者の署名もしくは押印

取得年月日や被保険者番号、紛失した理由などを記入する欄もありますが、わからなければハローワーク側が調べてくれます。再発行の申請は難しい手続きではありませんし、料金もかかりません。ほとんどのハローワークで再発行できますが、雇用保険の手続きに対応していないところもあるため、申請に行く前に必ず確認しましょう。

雇用保険被保険者証はいつ使う?

転職するときにはほぼ必ず必要となり使う。被保険者番号が大事

では、雇用保険被保険者証はいつ使うことになるのでしょうか。外資系企業や日系企業にかかわらず日本で働く場合は、暫定任意適用事業を除く全ての会社で雇用保険制度が適用されます。つまり、国内で転職するときにはほぼ間違いなく必要になってくる書類なのです。転職先に入社する手続きの際には、雇用保険被保険者証を提出しなければなりません。厳密には、雇用保険被保険者証に記載されている被保険者番号を求められます。必要となるのは番号のみのため、紙の書類がなくても問題ありませんが、現物が手元にあると安心です。

失業保険の給付金を受け取る際に必要

雇用保険被保険者証を使うことになるもうひとつの機会は、失業中です。失業中は転職活動をするうえでお金に困らないよう、失業保険の給付金を受け取るのが一般的です。一定の条件を満たしていれば、ハローワークで失業手当を受給することができます。雇用保険被保険者証は、失業保険の給付金を受給する手続きには欠かせない書類なのです。

教育訓練給付金の支給を受ける際にも必要

教育訓練給付金の支給を受けるときにも必要になります。教育訓練給付金とは、雇用保険に3年以上加入している在職中の人や離職した人が、スキルアップのために指定の教育訓練を受講したときに支払った費用の一部が支給される制度です。この手続きの際に、ハローワークで雇用保険被保険者証が必要になります。使える機会になじみがなくても、なければ困る大切な書類です。失くさないように大事に保管しておきましょう。

雇用保険被保険者証と離職票の違いは?

退職した際、会社から渡されるものは雇用保険被保険者証だけではありません。特に転職先が決まっていない場合は、離職票という大切な書類も受け取る必要があがあるので、会社に発行をお願いしましょう。正式には「雇用保険被保険者離職票」といいますが、雇用保険被保険者証とよく似た名称ながら全く違うものです。離職票は59歳以上の退職者を除き、本人の希望により発行されます。希望がない場合、会社はハローワークに雇用保険喪失の手続きだけを行い、離職証明書を提出しない場合もあります。なお、退職後すでに転職先が決まっている場合は離職票は原則必要ありません。

雇用保険被保険者証=雇用保険に加入していたことを証明するもの

離職票=退職したことを証明するもの

雇用保険被保険者証は雇用保険に加入していることを証明する書類ですが、離職票は退職したことを証明する書類です。会社側がハローワークに離職証明書を提出し、退職者の雇用保険の資格喪失手続きをすることによって離職票が交付されます。退職者は、退職した日から10日前後で離職票を受け取ることになります。離職票がないと失業給付を受給できないため、10日程度経っても離職票が届かない場合は速やかに会社に確認することをおすすめします。

離職票は、ハローワークで失業給付を申請するときに必要になります。離職票には「離職票1」と「離職票2」の2種類があります。

離職票は失業中の給付金の受給に必要な書類

離職票1には雇用保険の離職者氏名・被保険者番号・資格取得年月日などの基礎データ、離職票2には退職前の賃金の支払状況や退職の理由などが記載されています。失業保険の受給額は、退職前の賃金と退職理由を見て判断されるため、内容をしっかり確認しておきましょう。転職の際、雇用保険被保険者証は転職先の会社から提出を求められますが、離職票は求められません。雇用保険被保険者証が再就職に必要な書類であるのに対して、離職票は失業中に欠かせない給付金の受給に必要な書類だからです。

雇用保険被保険者証のよくある質問

雇用保険被保険者証のよくある質問について、以下にQ&A形式でまとめましたので参考にしてください。

Q:雇用保険被保険者証の提出はコピーでもいいのでしょうか。

A:コピーでも構いません。転職する際、新しい会社から雇用保険被保険者証の提出を求められますが、厳密には記載されている被保険者番号が必要とされます。その番号が証明できるのであれば原本でなくコピーでも問題ありません。

Q:雇用保険被保険者証をもらっていない場合、誰に聞いたらいいのでしょうか。

A:基本的には退職した会社から本人に返却されるようになっていますので、まずは前の職場に問い合わせてみてください。「ない」と言われた場合は、元々雇用保険に加入していないケースも考えられるため、ハローワークにも確認してみましょう。

Q:派遣社員や公務員にも雇用保険被保険者証があるのでしょうか。

A:人材派遣会社などから派遣されている人でも、一定の条件を満たしていれば雇用保険に加入できます。したがって、雇用保険被保険者証を保有できます。公務員の場合はそもそも雇用保険が適用されていませんので、雇用保険被保険者証はありません。

Q:雇用保険被保険証は保険証の代わりになりますか。

A:雇用保険被保険者証はあくまでも雇用保険に加入している証明書です。効力の異なる健康保険証の代わりにはなりません。

Q:雇用保険被保険者証によって職歴がわかってしまうのでしょうか。

A:雇用保険被保険者証には前職の事業所名が記載されているため、直近の職歴は明らかになりますが、それ以前の職歴はわからないようになっています。

Q:雇用保険被保険者証の再発行は代理店でもできるのでしょうか。

A:保険代理店などでは再発行できません。ハローワークで再発行の手続きをすることになります。本人が手続きに行くことができない場合は、委任状と必要書類さえあれば代理人を立てることはできます。もしくは、インターネットでも再発行の申請は可能です。

あなたの将来のキャリアをプロに相談しませんか?

ロバート・ウォルターズのキャリアコンサルタントが、これまで多くの方々の転職を成功へ導いてきた実績と経験であなたに最適なキャリアアップと能力発揮のチャンスを提案いたします。

外資系転職アドバイス

Read more »

求人情報はこちら 

Read more »

面接ガイド 

Read more »

履歴書の書き方 

Read more »

まずはキャリア相談 

Read more »

外資系・日系グローバル企業の最新求人