外資系に転職したら英語はどの程度必要?

meeting

外資系企業への転職を目指す人にとって、実際にビジネスの場で必要とされる英語力は気になるところではないでしょうか。外資系でも、企業やポジションによって、求められる英語力には違いがあります。

また日本企業でも英語を公用語として設定している企業もでてきているため、英語のスキルアップは必要不可欠といえそうです。

英語は転職に有利?

英語はネイティブレベルに近いほど転職に有利と感じている人が多い

外資系・日系に関わらず転職する際に、英語力を求人票に明記する、面接等で聞かれることが多くなってきています。もちろん英語が話せなくてもいいと記載されている求人も存在するため、英語ができるから転職に有利とは一概に言えないのが現状にはなりますが、当社が行った調査によると、英語ができるビジネスパーソンは英語ができることで転職が有利だと感じています。

調査結果はこちら
グローバル人材の96%、「英語力は転職に有利」と実感

業種職種次第では転職活動で有利に働くことも

スキルが全て同じという前提であれば、英語ができたほうが日本語だけを話せる人よりも応募できる求人数が多くなるでしょう。ただ英語ができることで転職に有利に働くのかはポジション次第です。当然ですが、英語を日常的に話す仕事であれば、英語が話せたほうが採用される確立は高いでしょう。また英語を使わないポジションであっても、上司が外国人であれば、日本語よりも英語を話せる人のほうがコミュニケーションのとりやすさから印象がよいと感じる可能性はあります。

今までは日系企業でキャリアを積んできた人が英語を身につけたことで外資系にもチャレンジすることができるようになるようにキャリア形成において選択肢が広がることは言わずもがなです。

1. 外資系企業への転職で求められる英語力はさまざま

外資系企業に転職するためには高い英語力が必要だと思われがちですが、ビジネスの場で求められる英語力はさまざまです。日本支社で社員が9割ほどを日本人が占める場合は、担当業務によっては日常的には、英語をほとんど使わないケースもあります。


一方、外国人社員が多い、海外との電話でのやり取りやテレビ会議が頻繁にあるといった環境では、ビジネスとして英語が使えることが不可欠です。また、英語ができればコミュニケーションがとれるとは限りません。理論的に話ができること、プレゼンテーション能力が高いことも重視されるポイントとなります。高い英語能力が必須であっても、英語はあくまでもコミュニケーションツールであり、実務能力も当然重視されるのです。

「英語に自信がない」といった理由から外資系企業への転職に興味がありながら躊躇してしまう人が多く見受けられます。前述のとおり外資系企業といっても英語をほとんど使わないこともあれば、やはり海外とのコミュニケーションが頻繁にあり、ある程度の英語力を求められるケースもあります。

こちらの記事では業界別に求められる英語力をまとめていますので、参考にしてください。

求められる本当の英語力

2. 外資系企業に転職するための英語力の目安とは

外資系企業の採用基準では、具体的にTOEIC○○点以上など必須の英語レベルを求めていることもあれば、そもそも英語面接がなく、英語力以外の部分の能力やキャリアを重視するケースもあります。

とはいえ、外資系企業では、英語を日常的にはさほど使わない場合でも、日常会話レベルの英語力は求められることが一般的です。日常的な業務での英語の使用は、メールや電話でのやり取りが中心の場合では、TOEIC 700点以上が目安となります。英語を使った会議でのディスカッションやレポートの提出、外部との打ち合わせが必要なポジションでは、最低800点以上は欲しいところです。

ただし、TOEICではコミュニケーション能力を推し量ることはできないため、点数は目安程度とされることもあります。

3. 外資系企業へ転職後に英語のスキルアップは必要

採用時には英語で話せる必要性が低いケースでも、職位が上がるにつれて、本社や上層部との報告業務や会議などのやり取りが増えることから、相応の英語力が必要とされることが多いです。英語力によっては、担当できる職務が限定され、仕事の幅が広がらないことがあります。採用時は日本人の上司でも、異動によって外国人の上司の下で働くことも想定されます。

入社時に英語がさほど重要視されていなくても、英語があまり得意ではないことで、業務上で不自由な思いをすることや、昇進の足かせになることもあるでしょう。外資系企業でのキャリアアップには、英語力のスキルアップは必須という認識でいましょう。

外資系企業で求められるのは、テストでの英語力ではなく、実際に英語でコミュニケーションがとれる能力です。ビジネスの場ではTOEICの点数や文法よりも、実際に意見を伝えられることが重視されます。

ビジネスの場で英語を使う場合は英会話学校に通う、オンライン英会話を利用する、英語字幕で映画や海外ドラマを見るなどし、リスニング力を鍛えるなどしたいところです。

バイリンガルに聞いた 「英語の上達のためにどういった取り組みをしていますか?」

4.転職後、実際に英語を使うのはメール・資料作成・電話会議

外資系企業で働く会社員はビジネスの場で何に英語を使うのかアンケートをとったところ、英語を使う機会で最も多いのはメールだということがわかりました。また次に資料作成にも英語を使うということですので、会話だけではなく、文法やメールの書き方などもおさえておきたいところです。

また電話でのコミュニケーションも多くあることから、Skypeなどを使用し対面とはまた違った形で英会話の練習をしておきたいですね。

バイリンガルに聞きました「ビジネスでの英語ニーズ」

5. 外資系企業でなくても英語力が求められる時代

外資系企業でなくても、日産、楽天、日本板硝子などの企業が英語を社内公用語に使用しており、また双日、伊藤忠商事などの商社でも英語が浸透しています。海外へ進出する企業であれば、秘書やビジネスサポートポジションでも英語を求めることが増えてきているようです。

さらに上場企業の5割以上が海外進出の際に海外勤務のできる人材の育成と答えています。外資系企業にいないから、英語は学ばなくていいということではなく、自分のキャリアアップのためには外資系、日系にかかわらず、英語を学ぶことが必要といえそうです。

あなたの将来のキャリアをプロに相談しませんか?

ロバート・ウォルターズのキャリアコンサルタントが、これまで多くの方々の転職を成功へ導いてきた実績と経験であなたに最適なキャリアアップと能力発揮のチャンスを提案いたします。

転職アドバイス記事

Read more »

外資系・日系グローバル企業の最新求人