効果的なカバーレターを書くには

right gold arrow

適切で簡潔なカバーレターが、あなたの求職活動に大きな変化をもたらします。応募先の企業は積極的にあなたの履歴書に目を通すようになり、あなたの存在が他の応募者よりも目立つものとなるでしょう。

効果的なカバーレターを書くにはいくつかの重要なポイントがあります。以下の基本的なガイドラインを参照し、正しい方法であなたの応募書類が目立つようにしましょう。

宛名は担当者個人にする

可能な限り、応募先の求人担当者の氏名を調べてください。単に宛名を「ご担当者様」にすると、カバーレターが非個性的で平板なものになります。広告上で担当者の氏名がすぐにはわからない場合でも、調査を行い、当該企業に電話をしてみましょう。ほとんどの企業は、その役職の募集を行っている担当者が誰かを教えてくれるでしょう。

件名に役職名を明記する

冒頭に、応募する役職の正式名を必ず記載してください。人事部門や人材紹介企業は同時に複数の役職の求人をしていることがあるため、応募先の役職名を明確に記載する必要があります。広告で特定の役職の募集が行われていない場合は、応募の目的をはっきりと記載しましょう。

「正しい方法で、あなたの応募書類が目立つようにしましょう」

特定の役職に合わせて内容を調整する

カバーレターは「どの役職にもあてはまる」内容ではいけません。応募するポジションに合わせて内容を調整してください。そうすることで、一般的なカバーレターを提出する応募者に比べて、あなたの存在をすぐに目立たせることができます。

概要を書くのではなく、自分を売り込む

履歴書の内容を単にまとめるのではなく、応募先企業に個人として興味があることを示し、当該企業で働きたい理由を説明してください。その企業の文化やブランドのどのような点が魅力的なのでしょうか。当該企業について認識していることは何ですか。この企業は市場においてどのような評判を得ていますか。

自分のこれまでの業務経験が応募する役職にとって最適であることを説明してください。その際、履歴書の内容を単にまとめるのではなく、履歴書の重要な要素を具体的に挙げてください。

最後に、自分の連絡先情報が明確に記載されていることを確認し、カバーレターが1ページに収まるようにしましょう。

[他のキャリアアドバイス記事はこちらから] 

 

あなたの将来のキャリアをプロに相談しませんか?

ロバート・ウォルターズのキャリアコンサルタントが、これまで多くの方々の転職を成功へ導いてきた実績と経験であなたに最適なキャリアアップと能力発揮のチャンスを提案いたします。

キャリアアドバイス記事

Read more »

最新求人