ja

求人

各業界のスペシャリストがあなたの声に耳を傾け、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業にご紹介します。共にキャリアの新たな一章を開きましょう。

求人を見る

採用担当者

当社は各企業のニーズに合った迅速かつ効率的な採用ソリューションを提供しており、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業より高い信頼を獲得しています。各種サービスやリソースをぜひご覧ください。

詳しく見る

当社の専門分野

経理/財務から金融、人事、マーケティング、ITにいたるまで、多岐にわたる専門分野を取り扱っています。

詳しく見る
求人

各業界のスペシャリストがあなたの声に耳を傾け、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業にご紹介します。共にキャリアの新たな一章を開きましょう。

求人を見る
採用担当者

当社は各企業のニーズに合った迅速かつ効率的な採用ソリューションを提供しており、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業より高い信頼を獲得しています。各種サービスやリソースをぜひご覧ください。

詳しく見る

当社の専門分野

経理/財務から金融、人事、マーケティング、ITにいたるまで、多岐にわたる専門分野を取り扱っています。

詳しく見る
会社概要

ロバート・ウォルターズは「企業」そして「働く人」のストーリーを大切にしています。

詳しく見る

ロバート・ウォルターズで働く

ロバート・ウォルターズ・ジャパンで働きませんか?

詳しく見る

外資系への転職に転職回数は関係する?

外資系企業への転職には転職回数が多いと不利?

日系企業では転職回数が多いと書類選考を通過できず面接まで進むことができないといわれることがあります。考えられる理由として、日系企業は終身雇用前提で雇用している企業が多く、転職回数が多いと、雇っても長く働いてはくれずに数年後辞めてしまうのではないか、とネガティブな印象を人事や採用担当が持ってしまうためと言われています。

では外資系企業ではどうでしょうか?外資系企業だから転職回数が多くても問題ないとされていますが、実際は外資系企業と入っても企業の担当者や社風、採用したい人材によって意見が分かれるようです。

長く働いてほしい企業・キャリアに一貫性がないと捉えられる場合は転職回数が不利に働くこともある

外資系企業でもポジションや社風によっては長く働いてほしいと考えている企業もあります。その場合、短期間で転職を繰り返す候補者は実際に雇いたい人材ではないと採用担当者に映ってしまうでしょう。

また転職のタイミングで全く違う業種、全く違う職種に転職しており、応募したポジションも経験とは全く違うポジションの場合、今後のキャリアをどう考えているのか、入社しても飽きてしまって退職されないかという理由で転職回数が不利に働く可能性があります。

転職回数が多くても実績・経験、キャリアの一貫性をアピール

転職回数が多いことは採用担当からするとジョブホッパーなのではないかという懸念を持つでしょう。しかしそれを払拭し、さらに他の候補者より自分が魅力的であることをアピールすることが書類選考、面接突破の鍵になります。

書類選考(職務経歴書・レジュメ)対策

転職回数が多い人は職務経歴書やレジュメが長くなってしまいがちです。実際に採用担当はレジュメを見る時間は多くないため、サマリパートにて経験や実績を積みキャリアアップしていること、キャリアに一貫性があることをアピールしましょう。

レジュメや職務経歴書の書き方は以下を参考にしてください。

『最後まで読まれる!英語の履歴書(英文レジュメ)・職務経歴書』の書き方とコツ

職務経歴書の書き方【テンプレートつき】

面接対策

実際の面接の場ではなぜ転職回数が多いのかと聞かれることもあります。書類選考を通過しているため、質問の意図としては、転職回数を重ねることでどういった経験をしてきたのかを聞きたいと考えましょう。ネガティブな要因を話すのではなく、複数社経験することで自分がどうキャリアアップしてきたのか、どのようなスキルを身につけることができたのかをアピールし、面接官に興味を持ってもらいましょう。

その流れで経験した企業の退職理由を聞かれることもあります。「なぜ転職する必要があったのか」「部署異動という手段ではダメだったのか」などの質問も想定されます。この質問の意図としては、応募先の志望動機を聞かれていますので、現在の企業体質や上司への不満などを話すのではなく、自分の目標を達成するため、新しい領域へチャレンジするために等志望動機を交えながらポジティブに返答するようにしましょう。

面接対策は以下の記事も参考にしてみてください。

外資系企業への転職~面接パーフェクトガイド

英語面接で聞かれる質問と対策

30代・40代の転職の場合は専門性をアピール

30代・40代で転職回数が多い場合、役職ももちろん大事ですが、マネジメント経験がある、専門性のあるスキルを持っていることはプラスになるでしょう。

また新規のプロダクトに当初から携わり結果を出した等の実績をアピールすることはシニア層のポジションが増えてくる30代、40代の転職の場合は大事と言えるでしょう。

30代の転職には以下の記事を参考にしてみてください。

30代が転職にチャレンジすべき3つの理由

 

シェアする

お役立ちコンテンツ

コンサルタントに無料相談
求人アラート登録
給与調査
転職アドバイス
お問い合わせ

詳細については、当社のコンサルタントにお問い合わせください

関連コンテンツ

すべて見る

グローバルで活躍するリーダーの資質と3つの基礎スキル

グローバリゼーションというメガトレンドに取り残されないためにはどんな力を身につけなくてはならないのか。上司層に共通するこの課題のヒントとして、トップリーダーの資質と求められる3つの「リーダーシップスキル」を紹介します。 トップリーダーになるために必要な資質とは リーダーは「Lead」からきているように、人を導く、指導者であることが求められます。リーダーシップという言葉があるように、職場の部下から信頼を得られるリーダーになるためにはいくつか必要な資質があります。 トップリーダーに共通しているリーダーの資質を紹介します。 1. 意思決定を自分ですることができる 一番基本的であり重要な役割になります

もっと読む

転職に失敗しないためのコツとは?

外資系企業に転職をしたことがない、そもそも転職をしたことがない、そういった方々の不安を解消するために外資系専門の転職エージェントが教える失敗しない外資系転職のコツや、外資系企業へ転職するにあたり出てくる疑問点をまとめました。 転職活動で失敗しないために 自分にあった転職先を見つける 転職を決めたら、自分のこれまでの経歴から何を学び、自分の強みを理解し、どの分野の能力をのばす必要があるのか考えましょう。 実践したいポイント3つ リサーチ 市場の情勢、採用活動が活発な業界、採用プロセスにかかる期間などについては、転職エージェントから情報収集することができます。給与水準についても質問しましょう。 ま

もっと読む

派遣社員とは?正社員や契約社員との違いとメリット、よくある質問

派遣・契約社員として働くことはキャリア選択の一つとして日本でも広まりつつありますが、まだ多くの誤解が残っています。 派遣は専門的なスキルを活かして働けるなどメリットもいくつかあります。派遣は契約社員や正社員と大きく違う勤務形態なのですが、どのような点が違うが知らない方も多いと思います。 派遣・契約社員で働くことは勤務スタイルとして自由度が高く、様々な専門分野での経験を積むことができ、それを職務経歴書でアピールすることができます。また契約終了後には正社員としての雇用オファーをされることもあります。 今回は、派遣とは何かという基本的なことから正社員への道である紹介予定派遣まで紹介します。派遣社員と

もっと読む

ロバートウォルターズ で働きませんか?

ダイバーシティに富んだグローバルチームの一員になりませんか?当社では、新卒入社の社員から経験豊富なリクルーターまで、個性豊かな社員が活躍しています。