ja

求人

各業界のスペシャリストがあなたの声に耳を傾け、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業にご紹介します。共にキャリアの新たな一章を開きましょう。

求人を見る

採用担当者

当社は各企業のニーズに合った迅速かつ効率的な採用ソリューションを提供しており、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業より高い信頼を獲得しています。各種サービスやリソースをぜひご覧ください。

詳しく見る
求人

各業界のスペシャリストがあなたの声に耳を傾け、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業にご紹介します。共にキャリアの新たな一章を開きましょう。

求人を見る
採用担当者

当社は各企業のニーズに合った迅速かつ効率的な採用ソリューションを提供しており、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業より高い信頼を獲得しています。各種サービスやリソースをぜひご覧ください。

詳しく見る
会社概要

ロバート・ウォルターズは「企業」そして「働く人」のストーリーを大切にしています。

詳しく見る

ロバート・ウォルターズで働く

ロバート・ウォルターズ・ジャパンで働きませんか?

詳しく見る

外資系への転職に転職回数は関係する?

外資系企業への転職には転職回数が多いと不利?

日系企業では転職回数が多いと書類選考を通過できず面接まで進むことができないといわれることがあります。考えられる理由として、日系企業は終身雇用前提で雇用している企業が多く、転職回数が多いと、雇っても長く働いてはくれずに数年後辞めてしまうのではないか、とネガティブな印象を人事や採用担当が持ってしまうためと言われています。

では外資系企業ではどうでしょうか?外資系企業だから転職回数が多くても問題ないとされていますが、実際は外資系企業と入っても企業の担当者や社風、採用したい人材によって意見が分かれるようです。

長く働いてほしい企業・キャリアに一貫性がないと捉えられる場合は転職回数が不利に働くこともある

外資系企業でもポジションや社風によっては長く働いてほしいと考えている企業もあります。その場合、短期間で転職を繰り返す候補者は実際に雇いたい人材ではないと採用担当者に映ってしまうでしょう。

また転職のタイミングで全く違う業種、全く違う職種に転職しており、応募したポジションも経験とは全く違うポジションの場合、今後のキャリアをどう考えているのか、入社しても飽きてしまって退職されないかという理由で転職回数が不利に働く可能性があります。

転職回数が多くても実績・経験、キャリアの一貫性をアピール

転職回数が多いことは採用担当からするとジョブホッパーなのではないかという懸念を持つでしょう。しかしそれを払拭し、さらに他の候補者より自分が魅力的であることをアピールすることが書類選考、面接突破の鍵になります。

書類選考(職務経歴書・レジュメ)対策

転職回数が多い人は職務経歴書やレジュメが長くなってしまいがちです。実際に採用担当はレジュメを見る時間は多くないため、サマリパートにて経験や実績を積みキャリアアップしていること、キャリアに一貫性があることをアピールしましょう。

レジュメや職務経歴書の書き方は以下を参考にしてください。

『最後まで読まれる!英語の履歴書(英文レジュメ)・職務経歴書』の書き方とコツ

職務経歴書の書き方【テンプレートつき】

面接対策

実際の面接の場ではなぜ転職回数が多いのかと聞かれることもあります。書類選考を通過しているため、質問の意図としては、転職回数を重ねることでどういった経験をしてきたのかを聞きたいと考えましょう。ネガティブな要因を話すのではなく、複数社経験することで自分がどうキャリアアップしてきたのか、どのようなスキルを身につけることができたのかをアピールし、面接官に興味を持ってもらいましょう。

その流れで経験した企業の退職理由を聞かれることもあります。「なぜ転職する必要があったのか」「部署異動という手段ではダメだったのか」などの質問も想定されます。この質問の意図としては、応募先の志望動機を聞かれていますので、現在の企業体質や上司への不満などを話すのではなく、自分の目標を達成するため、新しい領域へチャレンジするために等志望動機を交えながらポジティブに返答するようにしましょう。

面接対策は以下の記事も参考にしてみてください。

外資系企業への転職~面接パーフェクトガイド

英語面接で聞かれる質問と対策

30代・40代の転職の場合は専門性をアピール

30代・40代で転職回数が多い場合、役職ももちろん大事ですが、マネジメント経験がある、専門性のあるスキルを持っていることはプラスになるでしょう。

また新規のプロダクトに当初から携わり結果を出した等の実績をアピールすることはシニア層のポジションが増えてくる30代、40代の転職の場合は大事と言えるでしょう。

30代の転職には以下の記事を参考にしてみてください。

30代が転職にチャレンジすべき3つの理由

 

合わせて読みたい

シェアする

お役立ちコンテンツ

コンサルタントに無料相談
求人アラート登録
給与調査
転職アドバイス
お問い合わせ

詳細については、当社のコンサルタントにお問い合わせください

関連コンテンツ

すべて見る

日本への帰国準備ガイド

海外から日本への帰国が決まったら、日本での新たな生活に向けて準備を進める必要があります。そんな引っ越しを控えている方のために、スムーズに準備を進めるためのタイムラインに沿った帰国ガイドをご用意しました。 帰国前の準備から帰国後の手続き、生活インフラの手配、ご家族がいる方に向けた幼稚園・保育園・学校探しや入学手続き、日本での仕事開始に向けた準備など、押さえておくべき要点をまとめています。 日本での新たな生活をスタートに向けて、さっそく準備を始めましょう。 ガイドへのアクセスはこちら

もっと読む

希望の仕事を掴む面接のコツ

面接は、就職のために必要不可欠であり、希望する仕事を得るための重要なステップです。就職面接において起こりやすい5つの大きな誤りがあります。これらのミスを未然に防ぐ準備をすることで面接を成功させることができます。 面接の前に会社をリサーチする 周到な準備やリサーチ、そして未来の雇用先に対する適切な配慮は必須です。事業について自信を持って語れる能力は、応募者にとって極めて重要です。その会社に関連する次に挙げるような事項について自信を持って話せるように準備をしておきましょう。 社史 財政状態 企業使命 製品・サービス 市場情報 競合 応募理由を詳細に説明しましょう 面接は、あなたが特定の会社あるいは

もっと読む

販売職の職務経歴書の書き方見本とフォーマット

販売職は商品を販売するだけではなく、在庫の管理、接客などサービス業としての側面もあるため、求められる能力が多い職業です。 販売職で内定を得るためには他の候補者との差別化をはかることが重要です。今回は販売職への転職を希望している方に向けて、職務経歴書の書き方や自己PRの仕方を解説していきます。 職務経歴書のテンプレート 職務経歴書はインターネットからフォーマットをダウンロードし、パソコンで作成することが可能です。 職務経歴書フォーマット(見本)のダウンロードはこちら もちろん、書店や文具店でも購入することができますが、手書きになってしまうため、職歴が多い方はパソコンで作成したほうがいいでしょう。

もっと読む

ロバートウォルターズ で働きませんか?

ダイバーシティに富んだグローバルチームの一員になりませんか?当社では、新卒入社の社員から経験豊富なリクルーターまで、個性豊かな社員が活躍しています。