ja

求人

各業界のスペシャリストがあなたの声に耳を傾け、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業にご紹介します。共にキャリアの新たな一章を開きましょう。

求人を見る

採用担当者

当社は各企業のニーズに合った迅速かつ効率的な採用ソリューションを提供しており、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業より高い信頼を獲得しています。各種サービスやリソースをぜひご覧ください。

詳しく見る

当社の専門分野

経理/財務から金融、人事、マーケティング、ITにいたるまで、多岐にわたる専門分野を取り扱っています。

詳しく見る
求人

各業界のスペシャリストがあなたの声に耳を傾け、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業にご紹介します。共にキャリアの新たな一章を開きましょう。

求人を見る
採用担当者

当社は各企業のニーズに合った迅速かつ効率的な採用ソリューションを提供しており、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業より高い信頼を獲得しています。各種サービスやリソースをぜひご覧ください。

詳しく見る

当社の専門分野

経理/財務から金融、人事、マーケティング、ITにいたるまで、多岐にわたる専門分野を取り扱っています。

詳しく見る
会社概要

ロバート・ウォルターズは「企業」そして「働く人」のストーリーを大切にしています。

詳しく見る

ロバート・ウォルターズで働く

ロバート・ウォルターズ・ジャパンで働きませんか?

詳しく見る

ステークホルダーの正しい意味とビジネスでの使われ方

ビジネシーンでよく使われる「ステークホルダー」というワードをご存知でしょうか。「ステークホルダーに理解してもらう」、あるいは「ステークホルダーに協力してもらう」と耳にすることがありますが、一体ステークホルダーとはどういった人のことを指し、どのような意味があるのでしょうか?

ビジネスを進めるにあたって、その意味を理解しておくことは非常に重要です。今回は、ステークホルダーの意味、またはステークホルダーというフレーズが用いられる実際のシチュエーションをいくつか紹介していきます。今までよく理解できていなかった人は、この記事にしっかり目を通して理解を深めておきましょう。

 

ステークホルダーとは、ステークホルダーの意味

 

ステークホルダーは利害関係者の意味

「ステークホルダー」とは、英語の「stakeholder」から由来する言葉で、「利害関係者」という意味があります。ビジネスシーンで用いられる場合、企業組織における利害関係者すべてを指す言葉になっているのでぜひ覚えておきましょう。その対象は株主、経営者、従業員、顧客、取引先も含まれ、非常に広範囲に及びます。かといって、それらと個別に対峙するときにはステークホルダーという言葉が用いられることはありません。そしてもう一つ、ステークホルダーと似たワードに「ストックホルダー」あるいは「シェアホルダー」という言葉があります。

 

ストックホルダー、シェアホルダーとの違い

ステークホルダーが、すべての利害関係者を指しているのに対し、ストックホルダーやシェアホルダーが定義しているのは「株主」のみであることを理解しておきましょう。その中でも、単に株を保有している株主をストックホルダー、会社の経営に影響を及ぼすような大株主をシェアホルダーと区別されているので、今後のビジネスシーンでぜひ活用してみてください。

 

ステークホルダーの使い方例

ではここで、ステークホルダーがどういったシチュエーションで使われているのか、例文を挙げながら解説していきましょう。

 

株主を指すステークホルダーの例

「今度の株主総会でステークホルダーの理解を得られるように、スピーチの内容をもう一度見直しておこう」

これは株主総会に臨む前の会話です。この会話におけるステークホルダーは、株主のことを指しています。ステークホルダーと言っても意味は通じますが、株主総会の場合は対象が株主であることが明確になっているので、ストックホルダーと言った方がいいかもしれません。

 

広くステークホルダーを指す使い方の例

「今後はステークホルダーを重視した経営を意識していく」

こちらの例は、先ほどの例に比べるとより広義的な意味でステークホルダーが使われています。事業を運営していくと、だんだん関わる人が増えていきますが、そうなると経営者のやりたいことばかりやっていくわけにいきません。事業を継続していくためにも、周りの関係者の意見に耳を傾けて仕事に取り組んでいこうという意味で使われています。

 

ステークホルダーを使った関連語

ステークホルダーを使った言葉でステークホルダーマネジメント、ステークホルダー分析、ステークホルダーエンゲージメントという言葉があります。実際にどういった意味なのか押さえておきましょう。

 

ステークホルダーマネジメントとは

ステークホルダーマネジメントとは利害関係者のマネジメントのことです。利害関係者というと難しく聞こえるかもしれませんが、一つのプロジェクトで巻き込まなければならない関係者というとわかりやすいでしょう。

例えば情報システム部で新しいシステムの導入の場合であれば、情報システムの部署はもちろん、部署の上司や、そのシステムを使う部署の人達もステークホルダーにあたります。新しいシステムの導入は当事者たちからすると非常に魅力的に聞こえるでしょう。ただ、実際他の部署の人達からすると、古いシステムのままではダメなのかという否定的な意見を持つ人たちもいるでしょう。その方々に当事者意識を持たせプロジェクトを前に進めていくのかステークホルダーマネジメントとなります。

 

ステークホルダー分析とは

ステークホルダー分析は上記にあげたように、ステークホルダーに対してどのようにアプローチしていけばいいのかを分析することです。その事業・プロジェクトに対しての関心度や現在どういった状況で最終的にどうなってほしいのか、をまとめるものになります。

例えばメールでやり取りをすると、返答が遅い人やメールではコミュニケーション取れない人には打ち合わせやミーティングでアプローチしようといったアプローチ方法や、この部門長は入れておくべきステークホルダーだけれども、このプロジェクトに対して、その部門への影響力は少なく、また現時点でそのプロジェクトに対して賛成してくれていることから都度の連絡する必要はないといったものになります。

社内プロジェクトもそうですが、経営戦略といった企業の大きな事業のステークホルダーとなると、株主や消費者、従業員のようにステークホルダーは変化します。

 

ステークホルダーエンゲージメントとは

ステークホルダーエンゲージメントは直訳すると、ステークホルダー、つまり利害関係者とのエンゲージメント、つまり約束や歯車のかみ合いのことです。利害関係者との歯車のかみ合い、利害関係者との積極的な関わり方のことを言います。

 

企業が行うステークホルダーエンゲージメント

企業が行うステークホルダーエンゲージメントはいくつかあります。

  • 株主:株主には自社商品などの優待券を配り自社へのかかわり方を積極的に作り、株主総会などで意見を聞いていく
  • ユーザー(顧客):顧客には何か品質に問題があった場合のニュースリリースでの情報を適切に開示、そしてお客様サポートで意見を集める
  • 従業員:従業員は公正な人事や従業員満足度といった調査
  • 取引先企業:取引先にはCSRなどの環境問題への取り組み
  • 社会:ボランティア活動などを通じた社会貢献

以上のようにあらゆるステークホルダーに対して積極的な関わりを持ち、経営に活かしていくことがステークホルダーエンゲージメントです。

 

あなたの将来のキャリアをプロに相談しませんか?

ロバート・ウォルターズのキャリアコンサルタントが、これまで多くの方々の転職を成功へ導いてきた実績と経験であなたに最適なキャリアアップと能力発揮のチャンスを提案いたします。

シェアする

お役立ちコンテンツ

コンサルタントに無料相談
求人アラート登録
給与調査
転職アドバイス
お問い合わせ

詳細については、当社のコンサルタントにお問い合わせください

関連コンテンツ

すべて見る

グローバルで活躍するリーダーの資質と3つの基礎スキル

グローバリゼーションというメガトレンドに取り残されないためにはどんな力を身につけなくてはならないのか。上司層に共通するこの課題のヒントとして、トップリーダーの資質と求められる3つの「リーダーシップスキル」を紹介します。 トップリーダーになるために必要な資質とは リーダーは「Lead」からきているように、人を導く、指導者であることが求められます。リーダーシップという言葉があるように、職場の部下から信頼を得られるリーダーになるためにはいくつか必要な資質があります。 トップリーダーに共通しているリーダーの資質を紹介します。 1. 意思決定を自分ですることができる 一番基本的であり重要な役割になります

もっと読む

転職に失敗しないためのコツとは?

外資系企業に転職をしたことがない、そもそも転職をしたことがない、そういった方々の不安を解消するために外資系専門の転職エージェントが教える失敗しない外資系転職のコツや、外資系企業へ転職するにあたり出てくる疑問点をまとめました。 転職活動で失敗しないために 自分にあった転職先を見つける 転職を決めたら、自分のこれまでの経歴から何を学び、自分の強みを理解し、どの分野の能力をのばす必要があるのか考えましょう。 実践したいポイント3つ リサーチ 市場の情勢、採用活動が活発な業界、採用プロセスにかかる期間などについては、転職エージェントから情報収集することができます。給与水準についても質問しましょう。 ま

もっと読む

派遣社員とは?正社員や契約社員との違いとメリット、よくある質問

派遣・契約社員として働くことはキャリア選択の一つとして日本でも広まりつつありますが、まだ多くの誤解が残っています。 派遣は専門的なスキルを活かして働けるなどメリットもいくつかあります。派遣は契約社員や正社員と大きく違う勤務形態なのですが、どのような点が違うが知らない方も多いと思います。 派遣・契約社員で働くことは勤務スタイルとして自由度が高く、様々な専門分野での経験を積むことができ、それを職務経歴書でアピールすることができます。また契約終了後には正社員としての雇用オファーをされることもあります。 今回は、派遣とは何かという基本的なことから正社員への道である紹介予定派遣まで紹介します。派遣社員と

もっと読む

ロバートウォルターズ で働きませんか?

ダイバーシティに富んだグローバルチームの一員になりませんか?当社では、新卒入社の社員から経験豊富なリクルーターまで、個性豊かな社員が活躍しています。