自分の市場価値を高めキャリアを成功させる秘訣

blue-glass-2

自分の市場価値を高めることは非常に転職活動において重要です。日頃から意識して自分の市場価値を高める努力をすればいざ転職活動を行おうと考えたときに、現在のポジションよりもいいポジションで働くことができる可能性があります。

また専門分野で成功するには、リサーチと短期・中期・長期的なキャリア目標の設定を通じて、入念に計画を立てることが重要です。資格を取得する以外にも、キャリアステージを計画する上で考えるべき要因は沢山あります。

こうした目標を転職コンサルタントと話し合えば、貴重なフィードバックを得る機会を手にする事ができます。またコンサルタントが、あなたの目標達成に一番役立つ転職先を探す手がかりにもなるでしょう。

市場価値を高めるために

人脈を広げ、現在の自分の市場価値を知る

市場価値を高めようと思っても、今自分がすでに高い市場価値なのかそれとも低い市場価値なのか、現在の市場価値を知ることが大切です。

自分が今後どうなっていきたいのか、を考え比較するようにしましょう。例えばエンジニアの方が今後もエンジニアスキルを高めていきたい場合、他のエンジニアの方と接点を持つようにしましょう。ここで注意しなければいけないのが、自分が進みたい職種とは違う職種の方と比較しないことです。エンジニアの方が営業の人と比較をしても、自分が営業のスキルがないから市場価値が低いと判断してしまうためです。あくまでも自分が進みたい方向性に沿う方と比較するようにしましょう。

人脈を広げ、他の方が自分と比較してどのようなスキルを持っているのか、どういった努力しているのかを聞き、市場価値をあげるヒントがないか探りましょう。

人脈づくりを広げたい方はこちらの記事も参考にしてください。

人脈づくりを成功させるヒント

身近に目標となる人を定め、スキルを盗む

人脈づくりを広げ努力することも大事ですが、身近に自分が参考にしたい人を見つけましょう。なるべく自分よりも役職が1つ上の人を設定し、その人の盗みたいスキルを盗みましょう。

たとえばプレゼンスキルが高い場合はその人の話し方を、資料の作成方法がうまい人は資料のストーリーや資料の見せ方を盗むようにしましょう。またもし可能であれば積極的に一緒に仕事をするようにし、直接指導をしてもらいましょう。

市場価値を構成する3つの要素とは

1. スキル

履歴書でアピールすることができる一番わかりやすい要素ですが、プログラミングスキルや英語を話すことができるなどがあげられます。たとえば英語であっても初級レベルをビジネスレベルに引き上げるだけで求人の数が変わってきます。スキルは多ければ多い程いいですが、もちろん使う予定がなければ意味がありません。自分が進みたい方向に対して関係のあるスキルを身につけるようにしましょう。

2. 実績

こちらの履歴書でアピールすることができるものです。もちろん面接でもアピールすることができるのですが、気をつけたいのはその実績で自分は何を担当したのか、ということです。

たとえば1つのプロジェクトを一人でほとんど完遂したということであれば自分がやりましたと胸をはっていえますし、面接で何か聞かれた際にも答えることができるでしょう。逆に大きなプロジェクトに参加したものの、自分は指示に従っていただけということであれば、それはあなたの実績ではないと思われてしまうでしょう。履歴書に書くことも大事ですが、日頃から自分が仕事の中で何をやったのかを意識するようにしましょう。

3. キャリアプラン

キャリアプランが明確の人ほど、やりたいことが決まっており、目標を達成するためにスキルの習得など努力をし、自然と市場価値が上がっています。面接でも「今後どうなりたいですか?」「5年後自分はどうなっていると思いますか?」などキャリアプランについての質問をされることがあります。

キャリアプランを作ったことがない方は以下の記事を参考に作成してみるといいでしょう。

15分でキャリアプランを書く方法

市場価値を高め、「希少人材」になる

専門性を高め、希少人材(レア人材)となることで、成長分野やグローバル企業では転職により高い収入が得られやすくなっています。

希少人材になるために

希少人材になるためには「人工知能(AI)の開発経験がある」「ベンチャーからIPOを実現した」等、それこそ希少な経験をするというのもありますが、営業だけでなくマーケティングもできるといった2つの領域に長けていると希少人材と言えるでしょう。

さらに希少人材について知りたい人はこちらの記事を参考にするといいでしょう。

ニュースでよく聞く「希少人材」って何?

キャリアを成功させるために

優れたアドバイスをもらう

自分の強みと弱みは何かを周囲にたずねてみましょう。上司や同僚、クライアント、転職コンサルタント、友人、家族の意見を聞いてみて下さい。

弊社に相談に来る前に、自分のキャリアについて考えるようお勧めします。ご自身の目標が分かれば、私たちもその実現を支援しやすくなります。できれば、10年後の自分を想像するとよいでしょう。そこから遡れば、5年後、3年後、2年後にどうなるべきかヒントが得られます。

 

企業風土との相性

次のステップとして、自分の性格と目指す仕事/企業との相性を評価します。自分のスキルを磨くだけでなく、既にその仕事に就いている人に話を聞き、性格面で自分と共通点があるか確かめます。

通常、多くの職業で長時間労働になるので、職場の人々と交流することになるでしょう。そのため、出来る限り相性が良いことがとても大切です。他の社員の経歴を調べましょう。あなたと似ていますか?その企業の採用実績はどうでしょう。元社員は今、どこで何をしているでしょう。

どんなレベルの仕事であれ、私たちは性格的な相性を話題にします。なぜならほとんどの仕事で、必要なスキルを持つ候補者は何人もいるからです。人材紹介の真価は、性格面で最適な組み合せを見つけることにあります。

 

柔軟性を保つ

流動性が高いキャリア初期の段階では、計画に柔軟性を持たせることが大切です。5~10年経つと、同じ業種・職種にとどまる傾向が高まります。

そのため最初の数年間に出来る限り幅広い経験を積み、自分に一番適した道を見つけ、キャリア後期は希望する分野で働けるよう計画を立てる必要があります。

どんなに優れた計画でも、状況の変化に応じて修正が必要な場合があります。あなたのキャリアプランは常に作成途上にあり、定期的な見直しが求められます。

例えば行き詰った場合や頭打ちになった場合、キャリアに新風を吹き込むために、横方向の転職を恐れてはいけません。キャリア管理は大きな課題であり、途中で必ず障害や不測の事態に直面します。優れた計画があれば、上手く対処する準備ができるでしょう。

資格取得と幅広いスキル開発は、キャリアを通じて適応力を保つ上で役立ちます。一部のプロフェッショナル人材の場合、それがきっかけで、キャリア途上で新たな職種、新たな業界に転向できることもあります。

優先順位が変わることもあります。適応するためのスキルと経験を培うことは欠かせないでしょう。

あなたの将来のキャリアをプロに相談しませんか?

ロバート・ウォルターズのキャリアコンサルタントが、これまで多くの方々の転職を成功へ導いてきた実績と経験であなたに最適なキャリアアップと能力発揮のチャンスを提案いたします。

転職アドバイス記事

Read more »

外資系・日系グローバル企業の最新求人