人脈づくりを成功させるヒント

friends-on-tablet

人脈作りは日本の小売業界でキャリアアップを目指すプロフェッショナルに不可欠です。現在は、Eメールやソーシャルメディアなどのおかげで、必要な相手と簡単に連絡をとれるようになり、コミュニケーションや交流が簡単になりました。しかし、特に人間関係重視型のビジネス環境では、役立つ人脈を育てる上で直接会うことの重要性を軽視してはいけません。打ち合わせの場を設けることで、スケジュールを割いて相手と言葉を交わしたい、という心からの関心を先方に示すことができます。

 

ここでは直接会う際の人脈づくりの秘訣をいくつか紹介します。

自信をもって接する

自信は魅力的なスキルです。実りある会話を交わす上では、このスキルが大いに役立ちます。自信を持てば、自分の知識と能力に対する信念が伝わり、望む結果を引き出せる可能性が高まります。

明確な目的を持つ

明確な目的を持って打ち合わせに臨むことが大切です。目的が明確であれば達成したい内容に集中できるだけでなく、目に見える目標やターゲットも設定できます。たとえば地域の集会に参加するなら、社内でさらに強固な人間関係を築くため、面識のない他部署のスタッフ5人と話をするという目標を立てます。

前向きなボディランゲージを使う

ボディランゲージは、コミュニケーションに大きく影響します。自分の身ぶりを意識すれば、効果的なコミュニケーションが可能になり相手への理解を深められます。周囲の人が気軽に話しかけられるよう、オープンで親しみやすい雰囲気を作ります。前向きなボディランゲージは、第一印象のような直接顔を合わせる場面でプラスに働きます。こうした些細な点が、面接や交渉といった複雑な状況で大きな影響を及ぼします。

耳を傾ける

相手の話に耳を傾け誠実に対応することで、自分ばかり話すのではなく、相手の真意や関心を理解しようとしていることが伝わります。議論を戦わせれば、互いに一方的になりすぎず実りある成果が得られます。

準備する

会う相手や参加するイベントについて、事前にリサーチをすれば自信をもって安心して臨めます。くだけた会話にも対応できるよう、打ち合わせ中に使える仕事以外の話題も考えておくといいでしょう。

前向きな態度をとる

あなたの態度や意欲は容易に相手に伝わり、時に先方の気分に影響を与えます。どんな業界でも一番嫌われるのは大抵、後向きな人や愚痴ばかりこぼす人です。熱意ある前向きな態度をとればあなたに対する印象が良くなります。

 

あなたの将来のキャリアをプロに相談しませんか?

ロバート・ウォルターズのキャリアコンサルタントが、これまで多くの方々の転職を成功へ導いてきた実績と経験であなたに最適なキャリアアップと能力発揮のチャンスを提案いたします。応募はこちら

キャリアアドバイス

Read more »

最新求人