30代で外資系に転職するために!整理しておきたいアピールポイント

red-umbrella

外資系企業では中途採用が中心ですが、ある程度の経験を積んだ30代は、マネージャークラスとしての採用も多い年代です。30代で人気のある外資系企業への転職を果たすためには、キャリアを振り返って、アピールポイントを整理しておきましょう。

1. 外資系企業で求められる30代のポジション

外資系企業での30代向けの求人は、マネージャークラスの募集が目立ちます。同業種での数年以上の実務経験があることが前提とされることが多く、マネージメント経験があると有利です。

人気のある外資系企業へ転職をする際には、海外の大学への留学経験のある人や、海外MBAの取得者、グローバル展開を図る日系企業での海外駐在経験のある人などもライバルとなります。これまでのキャリアを振り返って、外資系企業向けのアピールポイントをまとめておくことが重要です。

2. 外資系企業で求められるものとは

外資系企業と日系企業では、求められる資質に違いがあります。日本人に多い、謙遜表現や曖昧な口調は好まれない傾向にあります。「会社に貢献したい」と話すのではなく、「会社にとっていかに役立つ人間であるか」を実績を交えて堂々と話すことが大切です。とはいえ、一匹狼で仕事をするのではなく、チームの一員として職務を担いますので、会社にフィットする人材が求められます。一緒に働きたいと思わせる、友好的な態度をとることも大切です。

3. これまでの仕事での具体的な実績をアピール

30代で外資系企業に転職するには、即戦力として入社後すぐに成果を挙げることが求められます。業務経験の浅い20代よりも、30代の転職では実績が重視されます。自分が会社にどのように貢献できる人材であるか、根拠となる実績を提示して、アピールすることが大切です。営業職では、具体的な数字を盛り込んで、実績を話すと伝わりやすいです。これまでに手掛けた大きな仕事について、いかにして達成したか、プロセスを含めてまとめておきましょう。

4. 英語面接は論理的に話せるように

外資系企業の採用では、英語力はTOEICの点数だけでは判断されません。TOEICの点数が高くて読み書きは得意であっても、英語でのコミュニケーションに難がある人もみられます。外資系企業では論理的な思考力が求められ、「英語で論理的に話せること」がアピールポイントとなります。実際に会議でディスカッションをする際に求められるのは、自分の主張を明確かつ論理的に伝えることです。英語面接では、「正しい英語」よりも、「論理的に伝わる英語」で意志の疎通を図ることが大切です。

外資系企業への転職では、会社へ貢献するために自分は何ができるか論理的に話すことがアピールポイントとなります。30代で外資系企業への転職を目指す人は、「○○ができる」と自信を持って言える内容を準備しておきましょう。

[他のキャリアアドバイス記事はこちらから] 

 

あなたの将来のキャリアをプロに相談しませんか?

ロバート・ウォルターズのキャリアコンサルタントが、これまで多くの方々の転職を成功へ導いてきた実績と経験であなたに最適なキャリアアップと能力発揮のチャンスを提案いたします。

キャリアアドバイス記事

Read more »

最新求人