グローバル企業で働くために必要な資質とは?

friends-on-tablet

「外資系企業へ転職したいけど、果たして自分に向いているのだろうか?」転職を考えて間もない頃は、自分と外資系企業やグローバル企業との相性について悩んでしまいがちですよね。このページでは、グローバル人材として活躍するために必要な「資質」についてご紹介します。

グローバル人材に必要な資質1:異文化のビジネス慣習への柔軟性

外資系やグローバル企業に勤める人材には、「日本独特のビジネスマナーに囚われない柔軟性」が求められます。

たとえば日系企業では組織全体としての機能を重視しているため、場に倣う協調性が重視される傾向にあります。チームのメンバーの仕事がまだ残っているから自分も残業して手伝うというチームワークも、和を重んじる日系企業ならではの風習といえます。

一方外資系企業では、個々の持つ多様な価値観を受容し、均質化しようとしない風潮があります。プロフェッショナルな能力があり、その会社に貢献できるのであれば個々のスタイルは尊重するケースが多く、社員を同一の価値観におさめようとはしません。

個々のあり方やワークスタイルを素直に認められる姿勢があれば、外資系企業の業務にも円滑な対応をしていけるでしょう。

グローバル人材に必要な資質2:発言を恐れないこと

外資系企業やグローバル企業では自己主張を恐れないことは大切です。

日系企業では一般的に発言権を持つのは上司であり、部下は上司の指示にそってスキームをこなすという縦割りのワークスタイルをとっています。社全体で業務内容を管理し、エラーの少ない業務プロセスを構築していくことで、より安全かつ確実なノウハウを確立していく企業が多い点が特徴です。

一方、外資系やグローバル企業では、立場や役職にかかわらず積極的に発言することが好まれます。個人それぞれが良い結果を出すことに注力しているため、自分が貢献できそうにない会議には出席しないケースも珍しくありません。「自分に何ができるか」を常に考え、企業の利益をふまえて発言していく姿勢が求められる職場といえるでしょう。

グローバル人材に必要な資質3:行動力があること

資質2「発言を恐れないこと」にも繋がる特徴ですが、外資系企業では積極的に人と関わり、ビジョンを実現していく行動力が求められます。

しかし、単に活動的であればよいというわけではありません。求められるのは『自分はこれを成し遂げたい』というビジョンを持ち、実現していく推進力です。同僚や上司に自分がやりたいことをロジカルに説明するために、専門的な知識やコミュニケーション能力も必要となります。

上記で述べたとおり外資系企業は多様な価値観を持つ人の集まりなので、一辺倒なアピールでは周囲の支持を得られない可能性があります。図式やグラフを使って説明するプレゼンテーション力をはじめとして、相手の立場にたって説明する熱心さも求められます。

 

外資系企業への転職に必要な「資質」についてご紹介しました。
「柔軟性」、「発言力」、「行動力」、これらは一見身につけるのが難しく感じる資質ですが、「自分もそうなろう」と意識を変えていくことで少しずつ習慣にできる資質と言えます。気負いすぎずに、まずは外資系やグローバル企業について情報収集をしたり、求人情報をチェックしてみてはいかがでしょうか。

[他のキャリアアドバイスの記事はこちらから] 

 

あなたの将来のキャリアをプロに相談しませんか?

ロバート・ウォルターズのキャリアコンサルタントが、これまで多くの方々の転職を成功へ導いてきた実績と経験であなたに最適なキャリアアップと能力発揮のチャンスを提案いたします。

キャリアアドバイス

Read more »

最新求人