ja

求人

各業界のスペシャリストがあなたの声に耳を傾け、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業にご紹介します。共にキャリアの新たな一章を開きましょう。

求人を見る

採用担当者

当社は各企業のニーズに合った迅速かつ効率的な採用ソリューションを提供しており、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業より高い信頼を獲得しています。各種サービスやリソースをぜひご覧ください。

詳しく見る

当社の専門分野

経理/財務から金融、人事、マーケティング、ITにいたるまで、多岐にわたる専門分野を取り扱っています。

詳しく見る
求人

各業界のスペシャリストがあなたの声に耳を傾け、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業にご紹介します。共にキャリアの新たな一章を開きましょう。

求人を見る
採用担当者

当社は各企業のニーズに合った迅速かつ効率的な採用ソリューションを提供しており、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業より高い信頼を獲得しています。各種サービスやリソースをぜひご覧ください。

詳しく見る

当社の専門分野

経理/財務から金融、人事、マーケティング、ITにいたるまで、多岐にわたる専門分野を取り扱っています。

詳しく見る
会社概要

ロバート・ウォルターズは「企業」そして「働く人」のストーリーを大切にしています。

詳しく見る

ロバート・ウォルターズで働く

ロバート・ウォルターズ・ジャパンで働きませんか?

詳しく見る

転職面接での長所・短所を答えるポイント

転職活動をするうえで重要なポイントとなるのが、実際に転職希望先の担当者や人事と行う面接です。面接では、面接担当者からさまざまな質問を受けることになります。当然ですが、質問一つ一つにしっかりと答える必要があります。面接は自分をプレゼンテーションする場所でもあるため、面接で自分の考えをしっかりと伝えることができるかどうかによって、採用・不採用が左右されるケースもあります。

面接では「自分の長所・短所を述べてください」という質問が聞かれるのは定番です。この質問を受けたとき、短所をはっきりと答えてしまってはマイナスのイメージになる、長所を答えると自分自身を過大評価しているのではと考えてしまう人もいることでしょう。

志望動機や自己PRはスムーズに答えられたものの、長所と短所はどのように答えたらいいかわからないとその場で悩んで考えこんでしまうという失敗もあります。そのような失敗を避けるために、自分の長所・短所の答えをあらかじめ考えておきましょう。今回は、転職面接での長所・短所を聞かれた際の回答のポイントや長所・短所の質問をする企業側の意図などについて解説します。

転職面接で長所・短所はなぜ聞かれる?面接官が把握したいポイント3つ

転職面接の目的

転職面接の目的は応募者がどのような人間であるかを企業側がしっかりと把握するためです。面接において、転職希望者は履歴書や職務履歴書を企業側に提出することによって、自身の経歴を知ってもらいます。しかし、履歴書などの書類だけでは転職希望者の人柄を把握することはできません。長所や短所についての質問も同様に応募者の人柄を把握するための一環と考えるのが自然でしょう。

長所・短所で面接官が把握したいポイント:応募者の人柄

自己PRや志望動機において自分のエピソードを話しますが、一つや二つエピソードを話しただけではまだまだ人柄を把握するには不十分だと面接官は考えています。さらに詳しく候補者の人柄を把握するために面接官は長所や短所を教えてほしいという言い方をします。

自分の長所や短所を回答する際に具体的なエピソードを話し、その後さらに深堀りをしてなぜそういった行動をとったのか聞かれることがありますが、それは人柄をさらに把握するためです。自己PRや志望動機で面接官が感じた人柄と同じなのか、嘘はついていないかといったことを把握するためにしているのだということを意識しましょう。

長所・短所で面接官が把握したいポイント:客観的な自己分析

面接で行われる転職希望者の長所・短所の質問は、転職希望者が自身を客観視して自己分析ができているかを知るためということも、目的のひとつです。

自身の長所を理解するということは、仕事においてどのようなことが自分に向いていて、能力を存分に発揮できるかが把握できているということです。そして、短所も客観的に分析できている場合は、どのような仕事が苦手で、どのような努力をすれば克服できるのかということも理解できているといえるでしょう。

また短所についてはこういった業務は苦手だけれども、克服するために他の人の力を借りて行いましたなどの短所をネガティブに捉えられない対策をすることができます。短所を短所のままにせず、どう克服するのかという部分も伝えられるようにしましょう。

長所・短所で面接官が把握したいポイント:会社との相性

長所や短所を聞くことで面接官は会社との相性を見極めようとしています。

いくら過去の経歴が優秀であっても、会社と相性が良くなければ転職希望者の本当の能力を発揮することはできません。また、いくらスキルがある人材でも社風が合わないと、周りとの協力や人間関係が円滑にいかずに、早期退職になる可能性もあります。会社にとっても転職希望者にとってもいいことがありません。

長所・短所を聞くことによって、転職希望者の人柄を確認し「この人は我が強いから当社には向いていない可能性がある」「指示を忠実に実行するスキルはあるが自分からプロジェクトを引っ張ることができない」「新規事業を成功させた経験もあるため、自社にマッチしている」と、面接担当者は判断するのです。

 

合わせて読みたい

 

シェアする

お役立ちコンテンツ

コンサルタントに無料相談
求人アラート登録
給与調査
転職アドバイス
お問い合わせ

詳細については、当社のコンサルタントにお問い合わせください

関連コンテンツ

すべて見る

グローバルで活躍するリーダーの資質と3つの基礎スキル

グローバリゼーションというメガトレンドに取り残されないためにはどんな力を身につけなくてはならないのか。上司層に共通するこの課題のヒントとして、トップリーダーの資質と求められる3つの「リーダーシップスキル」を紹介します。 トップリーダーになるために必要な資質とは リーダーは「Lead」からきているように、人を導く、指導者であることが求められます。リーダーシップという言葉があるように、職場の部下から信頼を得られるリーダーになるためにはいくつか必要な資質があります。 トップリーダーに共通しているリーダーの資質を紹介します。 1. 意思決定を自分ですることができる 一番基本的であり重要な役割になります

もっと読む

転職に失敗しないためのコツとは?

外資系企業に転職をしたことがない、そもそも転職をしたことがない、そういった方々の不安を解消するために外資系専門の転職エージェントが教える失敗しない外資系転職のコツや、外資系企業へ転職するにあたり出てくる疑問点をまとめました。 転職活動で失敗しないために 自分にあった転職先を見つける 転職を決めたら、自分のこれまでの経歴から何を学び、自分の強みを理解し、どの分野の能力をのばす必要があるのか考えましょう。 実践したいポイント3つ リサーチ 市場の情勢、採用活動が活発な業界、採用プロセスにかかる期間などについては、転職エージェントから情報収集することができます。給与水準についても質問しましょう。 ま

もっと読む

派遣社員とは?正社員や契約社員との違いとメリット、よくある質問

派遣・契約社員として働くことはキャリア選択の一つとして日本でも広まりつつありますが、まだ多くの誤解が残っています。 派遣は専門的なスキルを活かして働けるなどメリットもいくつかあります。派遣は契約社員や正社員と大きく違う勤務形態なのですが、どのような点が違うが知らない方も多いと思います。 派遣・契約社員で働くことは勤務スタイルとして自由度が高く、様々な専門分野での経験を積むことができ、それを職務経歴書でアピールすることができます。また契約終了後には正社員としての雇用オファーをされることもあります。 今回は、派遣とは何かという基本的なことから正社員への道である紹介予定派遣まで紹介します。派遣社員と

もっと読む

ロバートウォルターズ で働きませんか?

ダイバーシティに富んだグローバルチームの一員になりませんか?当社では、新卒入社の社員から経験豊富なリクルーターまで、個性豊かな社員が活躍しています。