• リモート面接を活用しながら転職活動を成功させる秘訣

    新型コロナ感染を意識して、多くの企業が新卒採用でオンライン面接を導入しています。この記事では、「応募先の会社に出向かない」、「直接は会わない」ことを前提とした「リモート転職活動」を成功させる6つの秘訣を紹介します。
  • マスク着用でも転職面接を成功させる6つのヒント

    ウィズコロナ時代のいま、マスクを着けることが生活上の基本マナー。この記事では、転職面接でマスクを着用すべきかの判断から、マスク越しでも面接官とコミュニケーションを円滑にするためのコツまで、マスク着用でも転職面接を成功させる6つのヒントを紹介します。
  • 日系企業と異なる?外資系企業での英語面接3つの対策

    ただでさえ緊張する面接ですが、それを英語で受けるとなれば緊張はさらに高まり、しどろもどろになってしまったという失敗談は少なくありません。外資系ならではの面接に向けてしっかり事前準備を行い、新しいキャリアのチャンスをつかみとりましょう。
  • 電話面接での対応マナーと返答のコツ・事前準備を解説

    電話面接は採用プロセスの中の、気軽な最初のステップのように思えるかもしれませんが、希望する企業で働くための最初の一歩で、採用者に対し良い印象を与えるための、重要な機会です。こちらの記事では電話面接の前準備や練習方法、成功させるためのコツ、役立つフレーズもご紹介します。
  • 【コンピテンシー面接とは?】押えておくべき質問と対策

    行動特性を確認するコンピテンシー面接が転職面接で行われるようになってきています。定番の質問内容や意図を事前に確認し、しっかりと対策をとりましょう。
  • 在職中の転職面接における対処法

    在職中の転職活動の際に難しいのが面接と仕事の両立です。転職希望先の面接が決まったとき、面接日と仕事が重なった場合は仕事を休むほうが安全です。緊急でMTGが入ってしまい、面接に行けず、直前でのキャンセルは相手先企業によくない印象を与えてしまいます。どうやって日程調整するのかポイントを紹介します。
  • 転職面接のお礼メールは逆効果?送る時に必要なマナーと書き方・例文も紹介

    面接が終わった後に、悩むのが企業へ送る「お礼のメール」。送るとむしろ逆効果になるのではないかと不安に思う方も多いのではないでしょうか。今回は転職における面接後のお礼メールについて解説。例文を交えて面接のお礼メールの必要性と送る時のマナーについてご紹介します。
  • 希望の仕事を掴む面接のコツ

    就職面接において起こりやすい5つの大きな誤りがあります。これらを未然に防ぐことで面接を成功させることができます。
  • 転職面接までの流れや準備、質問と回答例を解説

    外資系企業への転職でも日系企業でも、転職活動を成功させるには、面接で好印象を与えるアピールをする必要があります。面接の準備不足を防ぐために前日までにすべき4つの方法を紹介します。事前準備をしっかりと行い自信を持って面接に臨みましょう。
  • 最終面接の結果を左右する対策とは? 質問・逆質問についても解説!

    最終面接は一次面接・二次面接と違い、質問する内容や雰囲気をガラッと変えてくる企業も多いでしょう。受験者にとって最終面接は、まさに勝負どころと言えます。この記事では、最終面接を通過するためのポイントと一次面接・二次面接の違いを解説していきます。
  • 面接の逆質問を行う理由と自分をアピールできる質問例とは

    面接の終盤になると、必ずといっていいほど問いかけられる逆質問。応募者にとって最後のアピールの場と言えますが、どんな質問をいくつすれば好印象を与えられるのでしょうか?今回は、逆質問のマナーや作成方法を例文とあわせて紹介します。
  • 第一印象は見た目から。面接で第一印象を左右する要素とは?

    面接での第一印象は非常に強く記憶に残りやすく、その後の面接官からの印象にも影響を及ぼしうるものです。面接での第一印象はどんなことに気を付けたら、好印象を与えることが出来るのでしょうか。見た目で第一印象アップのために自分で取り組めることをご紹介します。
  • 【例文付き】面接日程確定メールのマナー!返信はいつまで?調整の仕方は?

    就職活動であっても転職活動の場合でも、面接への通過者には、企業と具体的な面接日の日程調整を行います。メールの書き方次第で企業からの印象は変わることもあります。企業とメールでやり取りする際に好感をもってもらえるような返信方法のポイントについて詳しく紹介します。
  • 昇格試験の評価基準と面接対策とは

    面接では、面接官にいかに自分の強みをアピールするかが重要になります。昇格試験の場合はそれに加えて、強みをどのように生かすことができるかを伝える必要があります。どのようなことが判断基準となるのか、またそれに対応するためにどのような準備をしていくべきかを解説します。