秘書になるには?仕事内容や資格、給料は?

秘書になるには何が必要?

女性に高い人気のある秘書は、一見すると華やかなイメージを持たれることが多い仕事です。しかし、実際の業務内容は多岐に及ぶためさまざまなスキルが求められます。これから秘書を目指す人にとっては、秘書になるにはどんな資格が必要なのか分からない人もいるでしょう。今回は秘書になるために求められる資格やスキルを紹介します。

秘書の仕事内容

秘書とは、上司の仕事やスケジュールを補佐してサポートをする仕事です。秘書には企業秘書や学校秘書、医療秘書などいろいろな種類があり、その上司の職業によって具体的な業務内容は異なります。しかし、どの秘書業務にも共通するのは、上司の業務が円滑に進めるようにスケジュール調整・社内外と連絡を取りサポートすることです。上司から信頼される秘書となるためにも、普段から上司と良い人間関係を保つコミュニケーションも重要といえます。

秘書に英語力は必要?

通訳・翻訳を兼務するケースもあるため、英語が必要になってきている

外資系やグローバル企業の秘書のポジションでは通訳や翻訳も秘書が兼ねることが多くなってきています。もちろん逆のケースもあり、通訳のポジションが秘書も兼ねることもあります。

秘書の仕事もできることにプラスして英語もできれば高い評価が得られやすいでしょう。

さらに知りたい方はこちらの記事を参考にしてください
評価される専門知識を持つ秘書/ビジネスサポート/通訳

外資系企業と日本企業の秘書業務の違いとは?

外資系企業と日本企業では秘書業務は異なることが多い傾向があります。

日本企業

日本企業では上司のスケジュール管理がメイン業務となることが多い傾向にあります。その他にも、国内外出張手続きや社外の取り引き先との会食の会場取り、手土産の用意なども任される場合もあります。

外資系企業

外資系企業もスケジュール管理を行いますが、上司が外国人の場合や取引先が外国人の場合、通訳業務も任されることがあります。また、勤務先企業にもよりますが外資系企業の上司はハッキリと自分の意思を伝えてくるタイプもいます。そのため、上司からの指示がときには無理難題に聞こえることもあるかもしれません。難しいと感じても前向きに問題を解決できる能力も大切です。

秘書になるには資格が必要?

秘書になるには資格が必ず必要ではない

秘書になるためには必ずしも資格は必要ではありません。しかし、実際の面接時には資格保有者が有利に働くケースもあります。もしこれから秘書を目指すなら、資格を取得することを検討してもいいでしょう。

秘書の代表的な資格としては、公益財団法人実務技能検定協会認定の「秘書検定」と一般財団法人日本秘書協会認定の国際秘書検定である「CBS検定」があります。CBS検定を取得すれば外資系企業などグローバルな活躍が期待できるでしょう。

また外資系企業の秘書を目指す場合は英語スキルがあること証明できる資格を取るのもひとつの手段でしょう。

秘書に必要なスキルは?

秘書の業務内容は多岐に及ぶため、いろいろなスキルが求められます。例えば、一般的な事務能力やコミュニケーション能力、情報収集能力、ビジネスマナーは最低限必要となります。例えば、事務能力はOAスキルとして(Excel・Word・PowerPoint)の基礎レベルは習得しておくと良いでしょう。

その他にも、上司をはじめ社内外の人たちへの女性らしい気配りや、繁忙期などに予想外のことが起こっても迅速に対応できる臨機応変さも求められます。

外資系の秘書の給料はどのくらい?

東京

正社員

金融サービス

  • 役員付け秘書(エグゼクティブセクレタリー):600-900万円
  • グループセクレタリー:500-800万円

商工業

  • 役員付け秘書(エグゼクティブセクレタリー):550-950万円

契約・派遣

金融サービス

  • 役員付け秘書(エグゼクティブセクレタリー):時給3,200-5,000円
  • グループセクレタリー:時給3,000-4,700円

商工業

  • 役員付け秘書(エグゼクティブセクレタリー):時給2,700-4,000円

大阪

正社員

  • 役員付け秘書(エグゼクティブセクレタリー):400-750万円

契約・派遣

  • 役員付け秘書(エグゼクティブセクレタリー):時給1,550-2,600円

その他の業種・職種の給与動向を知りたい方はこちら

英語を活かす秘書・ビジネスサポートの求人情報はこちら

あなたの将来のキャリアをプロに相談しませんか?

ロバート・ウォルターズのキャリアコンサルタントが、これまで多くの方々の転職を成功へ導いてきた実績と経験であなたに最適なキャリアアップと能力発揮のチャンスを提案いたします。

転職アドバイス記事

Read more »

求人情報はこちら 

Read more »

面接ガイド 

Read more »

履歴書の書き方 

Read more »

まずはキャリア相談 

Read more »

外資系・日系グローバル企業の最新求人