ja

求人

各業界のスペシャリストがあなたの声に耳を傾け、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業にご紹介します。共にキャリアの新たな一章を開きましょう。

求人を見る

採用担当者

当社は各企業のニーズに合った迅速かつ効率的な採用ソリューションを提供しており、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業より高い信頼を獲得しています。各種サービスやリソースをぜひご覧ください。

詳しく見る

当社の専門分野

経理/財務から金融、人事、マーケティング、ITにいたるまで、多岐にわたる専門分野を取り扱っています。

詳しく見る
求人

各業界のスペシャリストがあなたの声に耳を傾け、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業にご紹介します。共にキャリアの新たな一章を開きましょう。

求人を見る
採用担当者

当社は各企業のニーズに合った迅速かつ効率的な採用ソリューションを提供しており、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業より高い信頼を獲得しています。各種サービスやリソースをぜひご覧ください。

詳しく見る

当社の専門分野

経理/財務から金融、人事、マーケティング、ITにいたるまで、多岐にわたる専門分野を取り扱っています。

詳しく見る
会社概要

ロバート・ウォルターズは「企業」そして「働く人」のストーリーを大切にしています。

詳しく見る

ロバート・ウォルターズで働く

ロバート・ウォルターズ・ジャパンで働きませんか?

詳しく見る

アジェンダの意味と使い方とは?レジュメとの違いは?

アジェンダという言葉をよく耳にするようになりました。元々は外資系企業から広まった言葉ですが、IT関係を中心に日本の企業でも浸透してきています。テレビなどでも時々聞かれるようになりました。しかし、元々社内にいる人はこの言葉をよく使っているものの、新卒や他社から転職した方にとっては耳慣れず、何のことかわからず戸惑ってしまうこともあるのではないでしょうか。

言葉の意味を今さら会社の人に聞くのも気まずいと思う人もいるかもしれません。ここでは、アジェンダの意味について、また会社ではどのように使われているのか実例も挙げながら解説します。実際に「アジェンダをまとめておいて」と急に言われてもスムーズに対応できるように、実際のアジェンダの目的や、書き方のポイントもお伝えします。

また、似た用途で使われる言葉に「レジュメ」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。「レジュメ」はよく「アジェンダ」とその意味合いの近さから混同されることが多い言葉です。その違いについても具体例を交えて説明します。

目次  

1.アジェンダの意味

2.アジェンダはどのように使われる?

■アジェンダの実際の使われ方

3.アジェンダの例

4.アジェンダの書き方のポイント

■アジェンダの共通記載事項

■アジェンダを作る際の流れ

■アジェンダに沿った会議の進め方

質疑応答も踏まえたアジェンダを作る

5.アジェンダとレジュメの違い

6.アジェンダはなぜ必要なのか

■①参加者全員が共通認識を持つ

■②会議の時間短縮や効率化

■③スムーズな意見交換

 

アジェンダの意味

アジェンダという言葉は「プラン・計画」という意味で使われることが多いです。元々はラテン語で「実行に移されるべき事柄」というような意味があり、単なるスケジュールのことを指すというよりは、必ず実現するべき計画やプランに対して使われます。

ビジネス用語として使われる場合には特に「会議の議題として予定している内容をまとめたもの」という意味合いが強いです。このアジェンダは、事前に会議の内容をまとめておき、参加者にあらかじめ伝えることで、会議を効率的に進める目的があります。発祥が外資系企業らしい合理的な手法と言えます。実際の会議の現場では、進行役から「本日のアジェンダは〇〇です」というように周知され、共通認識を持って会議を進められるように課題を共有するところから始めます。

アジェンダという言葉と似た用語として「レジュメ」や「議題」という言葉もビジネスの現場では以前から使われています。意味を混同して使っている人もいるかもしれませんが、意味合いが少し違います。

アジェンダはどのように使われる?

ビジネスの会議の場などでは、自分がアジェンダを頼まれることがあるかもしれません。実際にどのように使われているのかというと、会議の場でアジェンダを全員に配布したり、アジェンダを会議の始めに口頭で説明したり、時にはプロジェクターで投影したりする場合もあります。また、当日の参加者だけでなく、実際に会議には出席できない人にも情報共有としてメールなどで送ったりして、関係者全員で共通の情報を持つために使われています。

アジェンダの実際の使われ方

たとえば会議前なら、上司から「明日の会議のアジェンダはもうまとめた?」というように聞かれたり「この会議のアジェンダを発表してほしい」と指示されたりすることが多いです。会議当日も「アジェンダを配っておいて」「今日の会議に来られない人にアジェンダを共有しておいて」という言い回しもよく使われます。会議参加者に「アジェンダに目を通してください」と言われることもあります。言葉に慣れないうちは、この言葉がよく使われるシーンや言い回しを覚えておくといいでしょう。

アジェンダの例

実際の社内プロジェクトのミーティングについて、アジェンダの実例を見てみましょう。

会議名:社内プロジェクトミーティング
会議の目的:プロジェクト進行状況の共有と確認
参加者名:A部長、B課長、C係長、D(デザイン部)、E(渉外担当)、F、G
会議時間:10:00~12:00
場所:ミーティングルームA(3F)
議題①:進行状況の現状確認報告10:00~10:30
議題②:問題点の共有と対策10:30~11:00
議題③:今後のタイムスケジュールと担当者確認11:00~11:30
質疑応答:11:30〜12:00
配布資料:報告書、スケジュールシート
メモ:

アジェンダの書き方のポイント

社内ミーティングでのアジェンダの例を見るとわかるように、アジェンダを作成するには必須項目がいくつかあります。会社によってフォーマットや必要とされる情報は多少なり違うものの、アジェンダとして共通点は以下のような情報をだらだらと記載せず、箇条書きで簡潔にまとめることです。

アジェンダの共通記載事項

・日時:始まりの時間だけでなく、必ず終わりの時間もはっきりさせます。
・場所:会議室が複数ある場合には、参加者が間違えないようにわかりやすく指定します。
・参加者(担当):参加者と分担の担当や所属先があればそれも書くようにします。
・議題の順序と時間:議題の順番も重要なので、スムーズに進めやすい進行順と、議題ごとの所要時間の目安も書いておきます。
・配布資料一覧:全員が、同じ資料が渡っているか確認できるように、資料一覧を記載します。
・メモ:アジェンダをぎゅうぎゅうにまとめず、参加者がメモを取れるスペースも確保しておきます。

アジェンダを作る際の流れ

アジェンダを作る際には、経験が長い場合には自分でテーマを考えても良いですが、初めて作るときや、不安がある場合には、上司や関係者に何を話し合うべきかの相談をしてから骨子を作ります。そこから同僚や先輩たちにも意見を聞き、その意見を反映させてアジェンダを作成します。実際に配布する前には上司の承認をもらって全体配布という流れになります。

アジェンダに沿った会議の進め方

実際の会議の場では、簡単なものから進めていく、もしくは優先度の高いものから進めるなど工夫が必要です。多忙な担当者が多いため、あらかじめ限られた時間で効率の良い進め方を検討しておき、アジェンダに記載しておく必要があります。会議には議事録も必要ですので、議事録をまとめやすいような進行や、ポイントを押さえたアジェンダが必要です。

会議の前にはプロジェクターでアジェンダを投影しておき、アジェンダについてアナウンスする時間を取ってから本題に入るなどの工夫をすることで、全員が同じ目的をもって会議に臨むことができます。このように事前に進行内容を共有することで、スムーズに会議が進み、全員にとって有意義な時間にすることが、アジェンダの重要な役割です。

質疑応答も踏まえたアジェンダを作る

効率だけを考えたアジェンダでは、参加者の消化不良にもなりかねません。担当者の発言だけではなく質疑応答の時間も作り、参加者全員の疑問や課題を解消できる時間を作ることも大切です。そのためには時間切れで報告だけで終わってしまわないように、テーマを詰め込みすぎず、時間に余裕を持たせることも重要です。

次のページへ進む
「アジェンダとレジュメの違い」

あなたの将来のキャリアをプロに相談しませんか?

ロバート・ウォルターズのキャリアコンサルタントが、これまで多くの方々の転職を成功へ導いてきた実績と経験であなたに最適なキャリアアップと能力発揮のチャンスを提案いたします。

シェアする

お役立ちコンテンツ

コンサルタントに無料相談
求人アラート登録
給与調査
転職アドバイス
お問い合わせ

詳細については、当社のコンサルタントにお問い合わせください

関連コンテンツ

すべて見る

希望の仕事を掴む面接のコツ

面接は、就職のために必要不可欠であり、希望する仕事を得るための重要なステップです。就職面接において起こりやすい5つの大きな誤りがあります。これらのミスを未然に防ぐ準備をすることで面接を成功させることができます。 面接の前に会社をリサーチする 周到な準備やリサーチ、そして未来の雇用先に対する適切な配慮は必須です。事業について自信を持って語れる能力は、応募者にとって極めて重要です。その会社に関連する次に挙げるような事項について自信を持って話せるように準備をしておきましょう。 社史 財政状態 企業使命 製品・サービス 市場情報 競合 応募理由を詳細に説明しましょう 面接は、あなたが特定の会社あるいは

もっと読む

販売職の職務経歴書の書き方見本とフォーマット

販売職は商品を販売するだけではなく、在庫の管理、接客などサービス業としての側面もあるため、求められる能力が多い職業です。 販売職で内定を得るためには他の候補者との差別化をはかることが重要です。今回は販売職への転職を希望している方に向けて、職務経歴書の書き方や自己PRの仕方を解説していきます。 職務経歴書のテンプレート 職務経歴書はインターネットからフォーマットをダウンロードし、パソコンで作成することが可能です。 職務経歴書フォーマット(見本)のダウンロードはこちら もちろん、書店や文具店でも購入することができますが、手書きになってしまうため、職歴が多い方はパソコンで作成したほうがいいでしょう。

もっと読む

志望動機は書き出しで差がつく?好印象を与えるコツと例文を伝授!

志望動機の書き出しは、採用担当者の目に留まりやすい重要な箇所です。では、何を書けば、採用担当者の目を引くことができるのでしょうか。この記事では、転職で熱意が伝わる志望動機の書き出し方を、例文とともにご紹介します。 志望動機は書き出しが大事 採用担当者は志望動機の書き出しを見て、無意識に応募者の第一印象を決めてしまいます。そのため、書き出しが上手くいけば、その後も好印象のまま読まれやすくなるでしょう。 一方で書き出しが読みにくく稚拙な場合、どんなに魅力的な経歴があっても、印象が悪いままになるのです。最悪の場合、それ以降の文章も読まれなくなる恐れもあります。 志望動機の書き出しを作る5つのコツ 以

もっと読む

ロバートウォルターズ で働きませんか?

ダイバーシティに富んだグローバルチームの一員になりませんか?当社では、新卒入社の社員から経験豊富なリクルーターまで、個性豊かな社員が活躍しています。