ja

求人

各業界のスペシャリストがあなたの声に耳を傾け、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業にご紹介します。共にキャリアの新たな一章を開きましょう。

求人を見る

採用担当者

当社は各企業のニーズに合った迅速かつ効率的な採用ソリューションを提供しており、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業より高い信頼を獲得しています。各種サービスやリソースをぜひご覧ください。

詳しく見る

当社の専門分野

経理/財務から金融、人事、マーケティング、ITにいたるまで、多岐にわたる専門分野を取り扱っています。

詳しく見る
求人

各業界のスペシャリストがあなたの声に耳を傾け、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業にご紹介します。共にキャリアの新たな一章を開きましょう。

求人を見る
採用担当者

当社は各企業のニーズに合った迅速かつ効率的な採用ソリューションを提供しており、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業より高い信頼を獲得しています。各種サービスやリソースをぜひご覧ください。

詳しく見る

当社の専門分野

経理/財務から金融、人事、マーケティング、ITにいたるまで、多岐にわたる専門分野を取り扱っています。

詳しく見る
会社概要

ロバート・ウォルターズは「企業」そして「働く人」のストーリーを大切にしています。

詳しく見る

ロバート・ウォルターズで働く

ロバート・ウォルターズ・ジャパンで働きませんか?

詳しく見る

MBAはキャリアアップに必要なのか

企業幹部を目指す人材が同僚との差別化を図るためにMBAを取得しようとする傾向が高まっています。しかし、MBAの取得を検討する際には、MBAの資格が自分にどのような価値をもたらすのか考える必要があります。

MBAに時間とリソースを投資することが、業種と職種によっては適切なこともあるものの、全てのスペシャリストにとってこの条件が当てはまるとは限りません。まず認識すべきなのは、MBAは手っ取り早く取得できる資格ではないということです。多大な時間と費用のかかる資格であるため、全ての人にとって最適な選択というわけではありません。

MBA取得の価値は高いものの、MBAを取得しようとするスペシャリストは自己のキャリアがある程度の段階にある必要があります。MBAを取得することに必ずしも価値があるとは限りません。社内の役職により適した資格を取得したほうがよい場合もあります。

 

MBAコースへ参加した場合には、授業以外から得られるメリットもあります。

1.教授が業界との貴重な窓口に

ビジネススクールの多くの教授が優良企業で重要な役職を歴任したトップレベルのビジネスパーソンです。起業家である教授もいます。

このような教授とつながりを持つことはキャリアにとって大きな財産となります。MBAの資格によって得られる学位に加えて、教授との間でビジネス上の強固な関係を築くことも忘れないでください。


2.MBAコースを通じて貴重なイベントに参加

大学が提供するイベントを最大限に活用することで、知識と経験をさらに高めることができます。

通常では参加できないようなセミナー、パネルディスカッション、ワークショップ、有名著者によるサイン会に参加する機会が得られます。

このような経験により新たな考え方や通常とは異なるビジネスモデルに接することができるだけでなく、ネットワーキングを行い、ビジネス上の貴重なつながりを作ることもできます。


3.クラスメートを通じて人脈を広げる

MBAのクラスは、自分の能力を高め、キャリアアップを実現し、ビジネスで大きな成功を収めたいという意欲を持つ人であふれています。同じ環境でそのような人と過ごすため、他の環境では得られないような仲間意識が生まれます。

クラスメートを通じてこれまでと全く異なるネットワークを構築することができます。この関係は通常特定の業種と職業を超えた関係となります。

このようなクラスメートと協力しなくてはならない環境は教室の外でも続く貴重なビジネス上の関係を生み出します。この関係を利用することで、さらなるキャリアアップが実現します。


4.MBAの取得は能力の信頼性を高める

「実務」経験が非常に重要であることに変わりはないものの、MBAを取得することによってある程度の信頼性を高めることができます。

MBAの資格を取得すること自体が1つのことを成し遂げたことを意味しますが、MBAの資格により自分が特定分野における専門家であり、一定レベルの努力を行い、相応の労働倫理を備えた人材であることを示すことができます。

このように信頼性を高めることは、キャリアをさらに進展させる場合や、より高い役職に就こうとする際に特に重要となります。

多くの場合、ジュニアレベルからシニアレベルのマネージャー職へとキャリアアップを実現することは非常に困難です。MBAは、より高い責任を担う能力があることを示す効果的な手段となります。


5.MBAの取得により、企業幹部にふさわしい素質を身に付ける

ビジネス部門の責任者や担当者の全てがMBAを保有しているわけではありません。しかし、MBAの学位を保有することにより、幹部職に就いたり、幹部職の候補者となる可能性が高まることがあります。

MBAのコースでは、多くの場合、幹部職に応用可能なリーダーシップ、ビジネス、マネジメントの理念について学びます。


6.MBAの取得により収入アップの可能性が高まる

MBAを取得したからといって全てのスペシャリストの収入がアップするとは限らないものの、統計データによると収入アップが実現する可能性は高いです。

ロンドン・ビジネススクールでは、昨年度のMBA取得者はMBA取得前と比べて収入が149%伸びています。オックスフォード大学ではこの伸び率は132.2%であり、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスのMBAコースでは122.2%でした。

MBAがキャリアアップに役立つことは間違いないものの、チャンスを最大限に活用できるだけの適切なレベルの役職に就いており、コース修了に必要な時間的な余裕があり、入学するだけの金銭的な余裕があるかどうかを見極める必要があります。

こういった全ての問いにはっきりとイエスと答えることができないのであれば、MBAの取得は再考したほうがいいでしょう。

[他の転職アドバイスの記事はこちらから] 

 

合わせて読みたい

シェアする

お役立ちコンテンツ

コンサルタントに無料相談
求人アラート登録
給与調査
転職アドバイス
お問い合わせ

詳細については、当社のコンサルタントにお問い合わせください

関連コンテンツ

すべて見る

グローバルで活躍するリーダーの資質と3つの基礎スキル

グローバリゼーションというメガトレンドに取り残されないためにはどんな力を身につけなくてはならないのか。上司層に共通するこの課題のヒントとして、トップリーダーの資質と求められる3つの「リーダーシップスキル」を紹介します。 トップリーダーになるために必要な資質とは リーダーは「Lead」からきているように、人を導く、指導者であることが求められます。リーダーシップという言葉があるように、職場の部下から信頼を得られるリーダーになるためにはいくつか必要な資質があります。 トップリーダーに共通しているリーダーの資質を紹介します。 1. 意思決定を自分ですることができる 一番基本的であり重要な役割になります

もっと読む

転職に失敗しないためのコツとは?

外資系企業に転職をしたことがない、そもそも転職をしたことがない、そういった方々の不安を解消するために外資系専門の転職エージェントが教える失敗しない外資系転職のコツや、外資系企業へ転職するにあたり出てくる疑問点をまとめました。 転職活動で失敗しないために 自分にあった転職先を見つける 転職を決めたら、自分のこれまでの経歴から何を学び、自分の強みを理解し、どの分野の能力をのばす必要があるのか考えましょう。 実践したいポイント3つ リサーチ 市場の情勢、採用活動が活発な業界、採用プロセスにかかる期間などについては、転職エージェントから情報収集することができます。給与水準についても質問しましょう。 ま

もっと読む

派遣社員とは?正社員や契約社員との違いとメリット、よくある質問

派遣・契約社員として働くことはキャリア選択の一つとして日本でも広まりつつありますが、まだ多くの誤解が残っています。 派遣は専門的なスキルを活かして働けるなどメリットもいくつかあります。派遣は契約社員や正社員と大きく違う勤務形態なのですが、どのような点が違うが知らない方も多いと思います。 派遣・契約社員で働くことは勤務スタイルとして自由度が高く、様々な専門分野での経験を積むことができ、それを職務経歴書でアピールすることができます。また契約終了後には正社員としての雇用オファーをされることもあります。 今回は、派遣とは何かという基本的なことから正社員への道である紹介予定派遣まで紹介します。派遣社員と

もっと読む

ロバートウォルターズ で働きませんか?

ダイバーシティに富んだグローバルチームの一員になりませんか?当社では、新卒入社の社員から経験豊富なリクルーターまで、個性豊かな社員が活躍しています。