メーカー 求人

»

メーカーへの

転職・キャリア相談

»

職務経歴書をご提出ください

英文もしくは和文職務経歴書を添付し、以下フォームをご記入ください。合致する求人があった場合にのみ、担当コンサルタントより連絡いたします。

* 必須項目

ファイルを添付してください(英文履歴書可)*

当社は個人情報保護法及び関連ガイドラインに基づき、こちらに掲げるプライバシー・ポリシーを定め、個人情報の保護に努めます。

 

※うまく動作しない際には、お手数ですがcv@robertwalters.co.jp へ以下情報と共に職務経歴書または英文履歴書をご送付お願いします。

  • 氏名:
  • 現在の職種: 
  • 勤務している業界:
  • 希望雇用形態:(正社員、契約/派遣)
  • 希望勤務地:
  1. 営業の求人
    新規顧客開拓・既存顧客のフォローなどを行います。海外とのやり取りがある場合は英語を活かし、グローバルに活躍できます。
  2. テクニカルサービスの求人
    製品の開発サポート、システムの保守点検、また提案営業から据付までのプロジェクトマネージメント、トラブル対応など幅広い案件があります。
  3. エンジニアの求人
    外資系企業を中心にグローバルなフィールドで活躍でき、尚且つ世界の最先端技術に触れることができるポジションが多数あります。
  4. プロジェクトマネジメントの求人
    プロマネまたはプロダクトマネジメントなどの経験が求められるポジションです。目標達成のための計画・マイルストーン立案、見直しを行っていきます。
  5. 製品開発の求人
    製品開発における強い知見とマーケットの理解、プロジェクトマネジメントが求められます。またマネージャーレベル以上のポジションになると人のマネジメントも求められます。
  6. 品質保証の求人
    製品の認証における安全性確認評価、不具合など問題発生時の改善対策などが業務となり、ISO9001等のシステム運用管理や製品安全試験経験者は優遇される傾向にあるようです。
  7. 東京近郊のメーカー(電気/電子/機械)求人
    外資系のメーカー(電気/電子/機械)領域での求人の中でも東京近郊の求人となります。
  8. 大阪近郊のメーカー(電気/電子/機械)求人
    外資系のメーカー(電気/電子/機械)領域での求人の中でも大阪近郊の求人となります。

メーカー(電気/電子/機械)へのロバート・ウォルターズの取り組み

ロバート・ウォルターズの取り組み

多くの方々が人材紹介会社に対して抱いているイメージはロバート・ウォルターズのコンサルタントに会えば変わるはずです。

ロバート・ウォルターズは他社とは異なります。長期的な関係構築を重視し、付き合いを続けたいと思える関係性を目指しています。

当社は37年以上、日本では約20年間、この取り組みを続けることでの多くの方々の心をとらえてきました。

わたしたちは、一度限りの取引ではなく、信頼を獲得し、相談しやすい関係を築くために全力を尽くします。

ロバート・ウォルターズの強みはヘッドハンティングです。転職市場に出てこないスペシャリストを紹介することができます。

お問い合わせ先:
Eiki Nakajima, Director
T:  +81 3 4570 1500
E:  job.commerce@robertwalters.co.jp

>> メーカー(電気/電子/機械)関連 転職のご相談

>> メーカー(電気/電子/機械)関連 採用のご相談

>> ロバート・ウォルターズで働きたい方

メーカーに転職するためのポイント

メーカー(電気/電子/機械)に転職するためのポイント

外資系・日系グローバル企業のメーカー(電気/電子/機械)業界に転職するために英語はどの程度求められるのかですが、職種やポジションによって異なります。応募したいポジションで求められる英語スキルを把握しておきましょう。

エンジニア

外資系企業の技術職では図面や仕様書が英語となることが多く、英語の読解力が求められます。また海外拠点がある場合はカウンターパートとのやり取りで英語のメールやWebミーティングや電話会議を行うこともあるため、参加できる程度の英語力が求められます。

営業

ジュニアレベルであれば日本人とのやり取りが主なことが多いため、日常会話が理解できるレベルでも問題ないでしょう。ただ昇進までに英語の習得を目指す人が多く、昇進後は海外でのやり取りが増えることから英語は不可欠といえそうです。

マネージャー

どの職種であってもマネージャーレベルになると、海外オフィスや海外にいるメンバーへの報告やディスカッションなどのミーティングなどのやり取りが増えるため、一般社員よりも高度な英語スキルが求められてきます。

さらに詳しい秘書に関する記事はこちら

業界・職種別: 求められる本当の英語力

外資系・日系グローバル企業への転職お役立ち情報を配信中