マーケティング・スキルを他の業界や職種で活かす方法

dark-tunnel

現代の変化の激しい市場では、すべての人材が同じ業界と職務で長い間働きたいと考えるとは限りません。

特にマーケティング担当者の間では新しい画期的な仕事を求める傾向が高まっています。自分のマーケティング・スキルを他の業界や職種でも活かすにはどうしたら良いのでしょうか。

マーケティングをはじめとする特定の職種においては、新たな業界に転職する傾向が顕著になっています。例えばマーケティングでは銀行業界で業務経験のある者がサービス業や消費財に関連する他の業種に転職することがよくあります。そこで重要になるのが、自分のスキルが他の業種でも活かせるかということです。

マーケティングにおいて、消費者向けのビジネスに関する業務経験を持つ者は、B2Bマーケティングや金融サービスなどのさまざまな業種に簡単に順応することができます。マーケティングでキャリアをスタートする際には、将来さまざまな職種のプロになる選択肢が得られるよう、消費者向けビジネスに関する幅広い業務経験を積むことが助けとなるでしょう。

マーケティングにおける広告宣伝、広報、ダイレクトメールなど特定の業務領域で実績のある担当者は、他の業種に転職することがよくあります。例えば、業務経験が豊富で実績の高い広告宣伝担当者であれば、職務と主なビジネス要因はほぼ変わらないため、大手の金融サービス企業から政府機関や他の業種の民間企業に比較的容易に転職することができます。

特定の国を担当する役職から、より幅広い地域を担当する役職に転職したい場合、さまざまな国でビジネスを行った経験があり、文化の違いや多様性を認識し、複数の言語を操ることができれば、常にチャンスはあります。どの役職においても、日々の業務に不可欠であり、他の職種でも活かせるスキルとしては、自信を持って業務を行うこと、柔軟性があること、時間の管理の能力に優れていることが挙げられます。

他の職種でも活かせるスキル

  • コミュニケーション: 言語による指示の理解力、共感力、効果的な発言力、説得力、持論の展開、情報共有力、ネットワーキング力、顧客指向
  • プランニングと組織: 目標設定、プランニング力、業務管理力、他者マネージメントスキル
  • テクノロジー: コンピューター・リテラシー、最新テクノロジーとマーケティング手法に関する経験
  • イニシアチブと積極性: イニシアチブの実行、独力で業務を遂行する力、高いビジネス・センス、創造性やイノベーションを実現するスキル

他の職種でも活かせる一連の効果的なスキルを得るために、現在の職務で新規のプロジェクトや、複数の部門で構成されるチームに関わることはいいかもしれません。柔軟に業務を引き受け、新しいことにチャレンジしましょう。そうすることで、スキルセットとネットワークが広がります。

[他のキャリアアドバイス記事はこちらから] 

 

あなたの将来のキャリアをプロに相談しませんか?

ロバート・ウォルターズのキャリアコンサルタントが、これまで多くの方々の転職を成功へ導いてきた実績と経験であなたに最適なキャリアアップと能力発揮のチャンスを提案いたします。

キャリアアドバイス記事

Read more »

最新求人