第二新卒を受け入れる外資系の特徴

第二新卒は新卒採用の枠では仕事を得られにくく、経験者採用では不利になりがちです。しかし、外資系企業の一部では第二新卒も受け入れているケースがよくみられます。第二新卒も採用の対象としている外資系にはどのような特徴があるのでしょうか。

1. 第二新卒も受け入れる外資系企業

第二新卒が日系企業へ応募した場合、新卒採用の枠では難しいというのが実情です。外資系企業においても実績のある経験者採用が中心で、実務経験が乏しい第二新卒が採用されるのは難しいとされてきました。しかし、景気が好調なことや人手不足などの現状から、第二新卒でも受け入れている外資系企業もみられます。

こうした企業は、第二新卒がまだ他社の文化に染まっていないことをプラスと捉えている場合があります。一般的な日系企業と外資系企業では、企業風土の違いが顕著ですが、第二新卒の場合、まだ新しい企業の社風に溶け込む柔軟性もあります。第二新卒で仕事を探している人は、外資系も選択肢に入れてみましょう。

2. 第二新卒を採用する外資系の特徴

第二新卒を採用する外資系企業で目立つのは、新規で事業を立ち上げたため、人員が不足しているケースです。グローバル展開している企業では、本国では大企業であっても、日本における知名度がまだ浅く、経験豊富な人材を採用しにくいという事情も背景にあります。特に中小の外資系企業では、新卒の人材を確保しにくいため、積極的にポテンシャルの高い第二新卒の採用が行われているようです。

3. 第二新卒で外資系企業に採用されるためには

第二新卒を受け入れる企業は、他社で雇用された期間は短くても、基本的なビジネスマナーは身についているということを前提に採用を行うケースが多いです。担当する業務に関しても、知識レベルが浅いとはいえ、少しでも同じ業界や職種へ関わったことがある人が歓迎される傾向にあります。また、IT業界では関連する職務経験がなくても、プログラミングの知識が豊富な人が求められていることが多いです。

第二新卒の採用はポテンシャル採用ですので、担当する分野に関する知識が浅くても、短期間で知識を身につけて、実績をすぐに上げることが期待されています。外資系企業に第二新卒で採用されたら、いち早く即戦力となれるように努力を続ける覚悟が必要でしょう。


第二新卒で外資系企業への転職を目指す際には、短い期間とはいえ、前職の経験が買われることもあります。何を「売り」として外資系企業を目指すと有利であるか、戦略的に転職活動を行っていくことが大切です。

[他のキャリアアドバイスの記事はこちらから] 

 

あなたの将来のキャリアをプロに相談しませんか?

ロバート・ウォルターズのキャリアコンサルタントが、これまで多くの方々の転職を成功へ導いてきた実績と経験であなたに最適なキャリアアップと能力発揮のチャンスを提案いたします。

キャリアアドバイス記事

Read more »

最新求人