ja

求人

各業界のスペシャリストがあなたの声に耳を傾け、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業にご紹介します。共にキャリアの新たな一章を開きましょう。

求人を見る

採用担当者

当社は各企業のニーズに合った迅速かつ効率的な採用ソリューションを提供しており、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業より高い信頼を獲得しています。各種サービスやリソースをぜひご覧ください。

詳しく見る

当社の専門分野

経理/財務から金融、人事、マーケティング、ITにいたるまで、多岐にわたる専門分野を取り扱っています。

詳しく見る
求人

各業界のスペシャリストがあなたの声に耳を傾け、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業にご紹介します。共にキャリアの新たな一章を開きましょう。

求人を見る
採用担当者

当社は各企業のニーズに合った迅速かつ効率的な採用ソリューションを提供しており、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業より高い信頼を獲得しています。各種サービスやリソースをぜひご覧ください。

詳しく見る

当社の専門分野

経理/財務から金融、人事、マーケティング、ITにいたるまで、多岐にわたる専門分野を取り扱っています。

詳しく見る
会社概要

ロバート・ウォルターズは「企業」そして「働く人」のストーリーを大切にしています。

詳しく見る

ロバート・ウォルターズで働く

ロバート・ウォルターズ・ジャパンで働きませんか?

詳しく見る

リファレンスチェックの方法とメリット

外資系企業では、一般的にオファーレターの前に候補者の職務経歴に間違いがないか、また以前どういった働きぶりだったのかを前職の上司などに確認するリファレンスチェックというものがあります。

リファレンスチェックを導入することで、履歴書や面接ではわからない候補者の第三者視点での性格を知ることができます。リファレンスチェックの導入を検討している場合はリファレンスチェックの方法やメリットを理解し、経歴詐称など採用のリスクを軽減しましょう。

リファレンスチェックとは

オファーレターの前に、前職や、過去に一緒に働いたことのある上司や同僚に対して候補者の職務経歴に間違いがないか、仕事のパフォーマンスや仕事の状況に関して誤った情報が企業に提供されていないことを確認するためのものです。一般的にリファレンスチェックは電話や書類で確認することが多い傾向にあります。

採用のご相談はこちら

誰にリファレンスチェックを依頼したらいい?

通常、リファレンスチェックは通常、前職の2人程度の上司や同僚を選びます。もちろん、あなたと一緒に仕事をする機会が多く、あなたのことを熟知しており、リファレンスチェックの目的を理解している人に尋ねるべきです。特に外資系企業にて行われることが多いため、外資系企業や日系グローバル企業、過去に外国人と働いたことがある方だと理解してもらいやすいでしょう。上司がリファレンスチェックとは何かを知らない場合は、お願いする前にリファレンスチェックについて説明するようにしましょう。

誰がリファレンスチェックを行いますか?

会社に応じて、誰が行うのかは異なります。転職エージェントや応募先企業がリファレンスチェックを行うことが多いです。金融機関でのリファレンスチェックを行う場合は、一般的には第三者によってレビューされます。

リファレンスチェックはなぜ行われる?

企業がリファレンスチェックを行う主な理由は3つあります。

1. 入社後のスキルと経験のギャップを防ぐ

たとえば、会社が日常的に英語でコミュニケーションできる人を採用したい場合、候補者がコミュニケーションはできると履歴書などに記載していても、実際に仕事として英語を使っていない可能性があります。

2. 面接で確認できなかった人柄と働き方を確認する。

面接では、チームで働いていたかどうか、または残業がどれだけ行われたかを詳細に確認できない場合があります。その場合、リファレンスチェックを実行することにより、客観的にチームの中での人柄や働き方を検証でき、実際に入社した際にどういったパフォーマンスが出せそうか予想することができます。

3. 休職など、報告されていない事柄を発見できる

候補者は履歴書に休職について記載していないかもしれません。会社としてはそれを把握しておきたいところです。候補者がたとえ履歴書などに休職などについて記載していなくても、リファレンスチェックを行うことで確認できます。

リファレンスチェックの方法

レファリーの選定依頼

リファレンスチェックはまず候補者の方にリファレンスチェックを行うことを伝え、承諾をもらいます。そして候補者の方にレファリーを選んでもらいます。

日程調整

レファリーを選んでもらったら、こちらの連絡先とレファリーの連絡先を候補者からもらい、リファレンスチェックの日程調整を進めます。

当日までの準備

リファレンスチェックの日程までに質問項目を決め、リスト化しておきましょう。

リファレンスチェック当日

リファレンスチェックを電話で行う場合、電話面接同様に会議室など静かな場所で行うようにしましょう。

リファレンスチェックの注意点

リファレンスチェックは候補者同士で比較できるように、質問内容を統一しましょう。質問内容を統一することで、1名だけを採用する場合にはどちらの候補者が優れているのかの判断材料にもつながります。

リファレンスチェックの進め方として、はじめは当たり障りのない質問からしていき、徐々に深堀していくといいでしょう。ただ、特定の分野だけ深堀しすぎてしまい、最後まで聞けなかったということがないように、時間配分に注意し、質問がリファレンスと関係なくなっていないか質問内容のリストを常に確認できるようにしておきましょう。

リファレンスチェックの質問例

仕事関連

  • 勤務期間はXX月からXX月と伺ってますが間違いはありませんか?
  • 仕事に対しての働き方はどうでしたか?
  • どのように日々のストレスに対応していましたか?
  • 長所と短所を教えてください

コミュニケーション

  • 個人とチームどちらで働くことに適していると思いますか?
  • 上長と適切にコミュニケーションをとっていましたか?
  • 部下がいた場合に部下とはどのようにコミュニケーションをとっていましたか?

仕事の態度

  • 問題解決と意思決定のスキルがあると思いますか?具体的な事例はありますか?
  • 改善できる部分があるとしたらどこだと思いますか?
  • 彼/彼女とまた働きたいですか?

リファレンスチェックのメリット

リファレンスチェックを行うことのメリットとしては、面接では確認しきれなかったことや本人には直接聞きにくいことを第三者から確認できます。

具体的には以下のような項目を確認することができます。

  • 実際の勤務状況(経歴詐称をしていないか、意欲を持って働いていたか)
  • 人柄や性格・素行
  • 勤怠状況(休職有無の確認)
  • 退職理由
  • スキルの詳細確認

リファレンスチェックは応募者の働きぶりや性格を第三者の視点から把握することが出来る機会ですので、応募ポジションと候補者のスキルがマッチしているか、会社と候補者の働き方や性格がマッチするか見極めるようにしましょう。

シェアする

関連コンテンツ

採用のご相談
給与調査
採用アドバイス
お問い合わせ

詳細については、当社のコンサルタントにお問い合わせください

関連コンテンツ

すべて見る

対面で面接できない?リモート採用で押さえたい8つの工夫

採用審査では、面接での結果が決定打になることが多いでしょう。しかし、在宅勤務のときなど、対面での面接ができない場合もあります。候補者を会社に呼んで直接面接するのに代えて、オンライン通話システムで面接をすることもできます。このように、採用審査のプロセスのなかには、デジタル化できるものが複数あります。採用審査の流れを詳しく紐解いてみることで、普段は当たり前だと思っていたプロセスを効率化できるだけでなく、より迅速に進められるかもしれません。求人を素早く広告する、応募の中から候補者を絞り込む、企業ブランディングも同時に叶える――。この記事では、採用担当者のあなたが、対面での面接ができない時期にも、リモ

もっと読む

ダイバーシティを採るかカルチャーフィットを採るか

企業にとって、人材を採用する際の悩みの種は、カルチャーフィットする人材を採用するのか?それとも多様な人材を採用するのか?ということにあるのではないでしょうか? 社風があっていて、価値観を共有できる人材の採用は、自動的に高いパフォーマンスをもたらすのでしょうか?それとも、多様な人材がもたらす影響はより企業へ利益をもたらすのでしょうか? ロバート・ウォルターズでは、 採用担当者 Pernod Ricardとのパネルディスカッションで、これらの疑問を探りました。 調査結果と業界の知見からわかったこと スキルセット、性別、年齢などの面で多様な従業員がいれば、「同じようなチーム」ではなくなるため、より革

もっと読む

在宅勤務から「場所に縛られない働き方」へ

コロナ禍の長期化などを受けて、2020年8月にはテレワークで働く社員の割合を7割まで高めるように、政府から経済界や各企業への要請がありしました。同時に、テレワークを活用してリゾート地などで休暇を楽しみながら仕事をする「ワーケーション」の普及に取り組む考えも政府は示しています。また、国内外の大手企業では、Work From Anywhere at Anytimeなどのコンセプトで、場所や時間帯に縛られない働き方を導入する事例も散見されるようになりました。 ロバート・ウォルターズが2020年5月に世界31ヵ国で実施した調査では、労働者の88%がテレワーク継続の意向を示しており、アフターコロナ時代に

もっと読む

ロバートウォルターズ で働きませんか?

ダイバーシティに富んだグローバルチームの一員になりませんか?当社では、新卒入社の社員から経験豊富なリクルーターまで、個性豊かな社員が活躍しています。