ja

求人

各業界のスペシャリストがあなたの声に耳を傾け、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業にご紹介します。共にキャリアの新たな一章を開きましょう。

求人を見る

採用担当者

当社は各企業のニーズに合った迅速かつ効率的な採用ソリューションを提供しており、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業より高い信頼を獲得しています。各種サービスやリソースをぜひご覧ください。

詳しく見る

当社の専門分野

経理/財務から金融、人事、マーケティング、ITにいたるまで、多岐にわたる専門分野を取り扱っています。

詳しく見る
求人

各業界のスペシャリストがあなたの声に耳を傾け、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業にご紹介します。共にキャリアの新たな一章を開きましょう。

求人を見る
採用担当者

当社は各企業のニーズに合った迅速かつ効率的な採用ソリューションを提供しており、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業より高い信頼を獲得しています。各種サービスやリソースをぜひご覧ください。

詳しく見る

当社の専門分野

経理/財務から金融、人事、マーケティング、ITにいたるまで、多岐にわたる専門分野を取り扱っています。

詳しく見る
会社概要

ロバート・ウォルターズは「企業」そして「働く人」のストーリーを大切にしています。

詳しく見る

ロバート・ウォルターズで働く

ロバート・ウォルターズ・ジャパンで働きませんか?

詳しく見る

約3割の会社員が毎日業務でChatGPTを使用している

グローバル人材の転職を支援する人材紹介会社のロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社 (本社:東京都渋谷区、代表取締役:ジェレミー・サンプソン)は10月5日、「ChatGPTとAI」についての調査結果を発表しました。

ChatGPTの登場により、生成AIというものが身近になり、これまでのAIのイメージに変化が生まれているのでしょうか。
はじめにAIについての調査結果をみていきます。

AI:20代会社員はAIへ精通している
AIに関する回答の特徴

  • 13%-AIについてほとんど知らない 49%-多少知っている
  • 62%の20代会社員が業務でAIツールを使用している
  • 44%の会社員が勤務先でどのようにAIが導入されているのかを知らないと回答
  • 約9割の会社員がAIのもたらす変革や効果は生産性向上、効率化であると認識している*
  • 33%の会社員が勤務先でのAIの役割や機能は不足している労働力の補完的な意味と回答*
  • 約4割の会社員が、AIの懸念点として「偏った情報やバイアスが含まれる場合があり、公平性や正確性の問題が生じる可能性」を示唆
  • 43%の20代会社員が、AIの懸念点として「人間の仕事が自動化され、雇用機会が減少する可能性がある」と示唆
    *グラフなし

 

 

 

 

次にChatGPTについての調査結果をみていきます。
ChatGPT:26%の会社員がChatGPTについてほとんど知らない
28%の会社員が毎日業務でChatGPTを使用している
ChatGPTに関する回答の特徴

  • 26%-ChatGPTについてほとんど知らない 41%-多少知っている
  • 77%の会社員が業務でChatGPTを使用している
  • 13%-自社専用(企業内のデータ等をChatGPTに読み込ませている等)のChatGPTを使用
  • 55%の会社員がChatGPTを利用することで業務効率が向上したと回答*
  • 20・30代の若年層は、業務効率の向上をより実感、40代以降は実感が減っていく業務効率が向上したトップ3
    1位「文章の作成や編集の効率化」(67%)
    2位「アイデア出しや問題解決における迅速なサポート」(50%)
    3位「情報収集やリサーチの時間短縮」(48%)
  • 45%の会社員がChatGPTの利用することで業務効率は向上していないと回答*
    業務効率が向上しない理由トップ3
    1位「業務上、使える機会自体がない」(52%)
    2位「適切な回答が得られない場合がある」(40%)
    3位「応答の品質や正確性に不満がある」(26%)
  • 28%の会社員は業務でChatGPTを毎日利用している
  • 31%の会社員が、業務でChatGPTを使用する場合には、人の判断力や専門知識とのバランスが必要だと考えている*
  • 約3割の会社員がChatGPTのもたらす効果は多言語対応や国際ビジネスへの貢献と回答*
  • 約7割の会社員が、ChatGPTのリスクとして「誤った情報や不正確な回答の提供」を挙げた
    *グラフなし

 

ChatGPTの業務での利用頻度

 

 

 

 

 

今回の調査によると、26%の会社員がChatGPTについてほとんど知らないことがわかりました。AIについては13%の会社員がほとんど知らないと回答しています。世の中のイメージほど、会社員の個々人へChatGPTが浸透しているとは言えないようです。

調査期間:2023年8 月21日~31日
対象:当社に登録のある国内で働く会社員 n=998 人

シェアする

関連コンテンツ

ロバート・ウォルターズについて
給与調査
お問い合わせ

詳細については、当社のコンサルタントにお問い合わせください

関連コンテンツ

すべて見る

eコマース急伸・DX進展で、デジタル人材確保が加速 データ・セキュリティー人材不足

専門性の高いスキルと英語力を備えたグローバル人材の転職を支援する人材紹介会社のロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社 (本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:ジェレミー・サンプソン)は3月24日、デジタル人材を巡る最新の採用動向を発表しました。 小売業界、eコマース急成長でデジタル人材確保急ぐ 小売業と飲食などのサービス業では、新型コロナ感染拡大の影響で実店舗への客足が減退し、インバウンド需要も消失した一方で、ステイホームの長期化にともなってeコマース需要・オンラインサービス需要が拡大を続けています。eコマースが実店舗の苦戦を補う形でオムニチャネル戦略が加速するなか、小売業界ではデジタル人材の

もっと読む

ChatGPTの登場により会社員の約8割が企業への人材育成強化を望む

グローバル人材の転職を支援する人材紹介会社のロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社 は10月26日、「ChatGPT」についての調査結果を発表しました。 会社員:ChatGPTの登場により仕事の変化、新たな仕事の機会の増加を見据え、企業側へ人材育成への注力を望む 75%の会社員がChatGPTの登場により企業は人材の育成に力をいれるべきだと感じている 勤務先がChatGPTの登場で人材の育成に力をいれていると実感している会社員はわずか25% ChatGPTの登場により仕事を奪われるという脅威を感じる* 女性会社員:34% 男性会社員:29% ChatGPTの登場により仕事を奪われるという脅威

もっと読む

ロバートウォルターズ で働きませんか?

ダイバーシティに富んだグローバルチームの一員になりませんか?当社では、新卒入社の社員から経験豊富なリクルーターまで、個性豊かな社員が活躍しています。