ja

求人

各業界のスペシャリストがあなたの声に耳を傾け、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業にご紹介します。共にキャリアの新たな一章を開きましょう。

求人を見る

採用担当者

当社は各企業のニーズに合った迅速かつ効率的な採用ソリューションを提供しており、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業より高い信頼を獲得しています。各種サービスやリソースをぜひご覧ください。

詳しく見る

当社の専門分野

経理/財務から金融、人事、マーケティング、ITにいたるまで、多岐にわたる専門分野を取り扱っています。

詳しく見る
求人

各業界のスペシャリストがあなたの声に耳を傾け、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業にご紹介します。共にキャリアの新たな一章を開きましょう。

求人を見る
採用担当者

当社は各企業のニーズに合った迅速かつ効率的な採用ソリューションを提供しており、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業より高い信頼を獲得しています。各種サービスやリソースをぜひご覧ください。

詳しく見る

当社の専門分野

経理/財務から金融、人事、マーケティング、ITにいたるまで、多岐にわたる専門分野を取り扱っています。

詳しく見る
会社概要

ロバート・ウォルターズは「企業」そして「働く人」のストーリーを大切にしています。

詳しく見る

ロバート・ウォルターズで働く

ロバート・ウォルターズ・ジャパンで働きませんか?

詳しく見る

LGBTQ+に関する取り組みを評価する 「PRIDE 指標」の「シルバー」を獲得しました

グローバル人材の転職を支援する人材紹介会社のロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社(本社: 東京都渋谷区、代表取締役社長:ジェレミー・サンプソン)は11月10日、職場におけるセクシュアル・マイノリティ(以下、LGBTQ+)への取り組みの評価指標「PRIDE指標」において「シルバー」を受賞しました。

本指標は、「企業・団体等の枠組みを超えて LGBTQ+が働きやすい職場づくりを日本で実現する」ことを目的に、任意団体「work with Pride」が 2016年に策定したものです。

ロバート・ウォルターズは、「自らの可能性を諦めない人々に力を」という企業理念に沿い、企業として包括的な環境を構築し、育成することが不可欠だと考えています。これは、誰もが平等に扱われ、同じように成功の機会を得ることを意味しており、多様性が職場環境を豊かにし、イノベーションと創造性につながると考えております。

その信念に基づき、セクシュアル・マイノリティに関する取り組みとして、一人ひとりが自分らしく、個々の能力を存分に発揮できる環境づくりに向けて、全従業員への多様性への意識向上、理解サポートはもちろんのこと、私たちの価値観を反映する人々や組織を支援することに尽力しています。LGBTQ+への理解が組織にもたらすポジティブな貢献について知識を深めるとともに、セミナーなど外に配信をするLGBTQ+認知向上のための活動も行っています。私たちのこのような継続的な取り組みが今回の受賞につながりました。

グローバル企業として、ロバート・ウォルターズは極めて幅広いバックグラウンドの方々に登録をいただいています。クライアント企業の多様な人材の確保に対する取り組みを今後も支援することで、企業の競争力の向上と持続的な成功に貢献して参ります。

ロバート・ウォルターズのLGBTQ+に関する主な取り組み

  • 社内相談窓口の設置
    (性自認や性的指向に関する相談・カミングアウトに関する相談等)
  • 同性婚に対する見解の支持、多様性と平等性、ダイバーシティ&インクルージョンに対する姿勢と取り組みを会社HPにて公表
  • LGBTQ+に関する学習会(オンライン発信)や、LGBTQ+講演会の開催
  • LGBTQ+やダイバーシティ理解促進のため、ロールモデルのサポートの元、社内での研修や、社外での活動にも積極的に取り組むカルチャーの構築
  • 同性同士のパートナー間での出産の場合にも社内で用意している休暇制度の利用が可能


当社では、女性の活躍や国籍・人種のダイバーシティ(多様性)のみならず、LGBTQ+人材のインクルージョンも多様性のひとつと捉え、LGBTQ+に対する理解促進や企業への好影響などを一緒に考えるセミナーを法律事務所と共催するなど、LGBTQ+認知向上のための活動を行っています。日本のLGBTQ+の若者を支援し、憎しみを経験することなく成長し、ありのままでオトナになれる社会の実現を目指す、NPO団体の「ReBit」にも協賛しております。

また、ED&Iに根ざした職場文化の変革を成功させ、持続可能なものにするためにも社員へ向けたイベントを多数開催しています。10月のダイバーシティ推進月間には、社員自らがより深くダイバーシティについて考え、周囲との対話を通じて理解を深めてもらうことを目的としたイベントを開催しました。そのほか、社員がピンク色のTシャツを着用し、LGBTQ+の問題に対する意識を高めるためのイベント「Pink Friday」を開催するなど、会社全体で社員意識の向上や正しい理解の浸透に注力しています。

シェアする

関連コンテンツ

ロバート・ウォルターズについて
給与調査
お問い合わせ

詳細については、当社のコンサルタントにお問い合わせください

関連コンテンツ

すべて見る

これからの日本、LGBTQ+の未来に​何を期待しますか?

東京レインボープライド30周年を祝して:ロバート・ウォルターズ・ジャパンの社員とクライアント企業の声をご紹介します。 1994年に初めて開催された東京レインボープライドが、今年で30周年を迎えます。これを記念して、日本のLGBTQ+コミュニティのための取り組みがどう進歩してきたか、そしてこれからの未来に何を期待するか、当社社員とクライアント企業からの声を集めました。 この30年間で日本におけるLGBTQ+コミュニティのための取り組みがどう進展したか、また今後日本がどのように変わっていくことを望むか、あなたの考えを聞かせてください。 ロバート・ウォルターズ・ジャパン社員の声 「日本は、ゆっくりと

もっと読む

LGBT に関する取り組みを評価する 「PRIDE 指標」の「シルバー」を獲得しました

グローバル人材の転職を支援する人材紹介会社のロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社 (本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:ジェレミー・サンプソン)は11月11日、職場におけるセクシュアル・マイノリティ(以下、LGBTQ)への取り組みの評価指標「PRIDE指標」において「ゴールド」に次ぐ「シルバー」を受賞しました。 本指標は、「企業・団体等の枠組みを超えてLGBTQが働きやすい職場づくりを日本で実現する」ことを目的に、任意団体「work with Pride」が2016年に策定したものです。 ロバート・ウォルターズは、「自らの可能性を諦めない人々に力を」 という企業理念に沿い、企業として包括的

もっと読む

管理職につきたい女性会社員は約半数 日系企業の約7割が「男性の方が昇進・昇格に結びつく仕事を任されている」と回答

グローバル人材の転職を支援する人材紹介会社のロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社 (本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:ジェレミー・サンプソン)は4月26日、語学力と専門スキルを活かして働くグローバル人材を対象に、多様な働き方、より良い働き方の追求のため、「管理職」について調査したアンケート結果を発表しました。 【管理職につきたい】男性会社員:75% 女性会社員:54% 75%の男性会社員が「管理職につきたい」と考えていることが分かりました。一方、「管理職につきたい」と回答した女性会社員は54%でした。「管理職につきたい」理由は、男女ともに1位「給与」(67%)、2位「やりがい」(55%)

もっと読む

ロバートウォルターズ で働きませんか?

ダイバーシティに富んだグローバルチームの一員になりませんか?当社では、新卒入社の社員から経験豊富なリクルーターまで、個性豊かな社員が活躍しています。