ja

求人

各業界のスペシャリストがあなたの声に耳を傾け、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業にご紹介します。共にキャリアの新たな一章を開きましょう。

求人を見る

採用担当者

当社は各企業のニーズに合った迅速かつ効率的な採用ソリューションを提供しており、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業より高い信頼を獲得しています。各種サービスやリソースをぜひご覧ください。

詳しく見る

当社の専門分野

経理/財務から金融、人事、マーケティング、ITにいたるまで、多岐にわたる専門分野を取り扱っています。

詳しく見る
求人

各業界のスペシャリストがあなたの声に耳を傾け、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業にご紹介します。共にキャリアの新たな一章を開きましょう。

求人を見る
採用担当者

当社は各企業のニーズに合った迅速かつ効率的な採用ソリューションを提供しており、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業より高い信頼を獲得しています。各種サービスやリソースをぜひご覧ください。

詳しく見る

当社の専門分野

経理/財務から金融、人事、マーケティング、ITにいたるまで、多岐にわたる専門分野を取り扱っています。

詳しく見る
会社概要

ロバート・ウォルターズは「企業」そして「働く人」のストーリーを大切にしています。

詳しく見る

ロバート・ウォルターズで働く

ロバート・ウォルターズ・ジャパンで働きませんか?

詳しく見る

エグゼクティブサーチとは?目的や特徴、当社サービスのポイントを解説

優秀な人材を採用するため、「エグゼクティブサーチ」を利用する企業が増えています。エグゼクティブサーチとは、企業の経営幹部など重要なポジションを担える人材をピンポイントで探し出す採用の手法のこと。今回は、エグゼクティブサーチが適している採用の目的や、エグゼクティブサーチの特徴、一般的な人材紹介との違いなどを解説します。

エグゼクティブサーチ とは ?

エグゼクティブサーチとは、企業の経営に関わる経営幹部職(エグゼクティブレベル、「C-Level」人材)を採用する際に用いられる手法の一つで、優秀な人材をピンポイントで探し出す採用手法です。また、法務・会計などの高度な専門スキルを有したスペシャリスト人材を見つける際にも使われています。

もともとは外資系企業で用いられていた採用手法でしたが、グローバル化やデジタル化、人材の流動化が進んだことなどを背景に、より優秀な人材を採用するため日系企業でも活用が進められています。

エグゼクティブサーチファームとは?

エグゼクティブサーチファームとは、クライアントから依頼を受けて条件に合う人材を探し出す人材紹介会社を指します。ここでは、2種類のエグゼクティブサーチファームについてと、実際エグゼクティブサーチファームが候補者をサーチする際のチーム編成を紹介します。

エグゼクティブサーチファームの種類

エグゼクティブサーチファームは、リテイナー型とコンティンジェンシー型の2種類があります。

リテイナー型 リテイナー型は、手数料が前払いされた上で、リサーチやコンサルティングを開始します。経営幹部職を採用するときは、採用成立までに相当のコストがかかるため、前払い型の契約とするのが一般的です。さらに、契約が成立した際には、採用ポジションの年収の数十%程度の手数料を支払う場合もあります。
コンティンジェンシー型 コンティンジェンシー型は、採用が決定した段階で報酬が発生する、成果報酬型の契約です。コンティンジェンシー型は、経営幹部職以外のミドル級のマネジメント層や実務者層の採用にも利用されます。


エグゼクティブサーチ採用のご相談はこちら

エグゼクティブ転職のご相談はこちら

エグゼクティブサーチの目的

エグゼクティブサーチの目的は、高いレベルの実績や、その他様々な要素の慎重な検討が必要な重要ポジションに対し、最適な人材をピンポイントで採用することです。

エグゼクティブサーチは、具体的には以下のようなケースに適しています。

  • 経営幹部職などの重要ポジションに欠員が発生したケース
  • 組織力強化に向けて外部から人材を迎えたいケース
  • 事業承継等の課題解決のために必要な人材を迎えたいケース
  • 新規事業立ち上げを担える人材を採用したいケース

業績に直結するトップマネジメント層のポジションには、豊富な経験や知識、スキルのみならず、組織やキーパーソンとの相性も踏まえた上で人材を選ぶ必要があります。転職市場に顕在化している人材は経験やスキルなどに幅があるほか、相性や細かい部分を判断するための情報量が足りません。そのため、最適な人材を見つけ出すのが困難です。そこで、自社で最適な人材を探し出せない場合にエグゼクティブサーチが利用されます。

エグゼクティブサーチの特徴

エグゼクティブサーチは、通常の人材紹介とは異なる方法で人材へアプローチするため、企業の求める限定的な人材を採用できる確度が比較的高いです。エグゼクティブサーチの特長を3つに分けて詳しくご説明します。

転職市場にいない人材を採用することもできる

エグゼクティブサーチでは、独自の業界データベースや紹介ネットワーク(リファラル・ネットワーク)を活用し、候補者本人の転職活動の有無にかかわらず人材を探します。そのため、通常の人材紹介を利用した場合には出会えない優秀な人材にアプローチできる可能性が高いのが特徴です。

転職活動をしていない人材であっても、高い交渉力・カウンセリング力で採用につなげます。具体的には、候補者にクライアント企業の魅力や採用ポジションが必要とされている背景などをしっかりと伝え、候補者との関係を構築していきます。

採用難易度の高いポジションの人材採用を的確に進められる

経営層には、多くの項目を満たす限定的な人材が求められるため、採用難易度が高いケースがほとんどです。エグゼクティブサーチをサービスとして提供する人材紹介会社は、そういった人材を的確に見抜き、採用につなげていきます。

具体的には、ヒアリングを通じてクライアント企業の採用方針を明確にしながら、候補者の性質を多角的に見て適性を見極めていきます。そのため、一般的な人材紹介サービスを利用するよりも、高い確度でC-level人材の採用を進められます。

採用後のミスマッチの可能性が低くなる

採用において重要なのは、双方の期待値のミスマッチを防ぐことです。エグゼクティブサーチでは、通常、15〜20人の候補者と人材紹介会社が面接し、5人程度の候補者に絞り込みます。最終候補者リストには、各候補者の関連する経験、長所、短所などの詳細を記載してクライアント企業に提出します。そのように、人材マッチングのプロが揃えた必要な情報の詳細を確認しつつ採用を進められるため、採用後のミスマッチの可能性が低くなります。

エグゼクティブサーチと一般的な人材紹介との違い

  エグゼクティブサーチ 一般的な人材紹介
人材発掘方法 人材紹介会社が人材を探しに行く
(ヘッドハンティング)
求職者が人材会社に自分から登録しに行く
ターゲット層 C-Level人材 実務人材
情報源
  • 独自データ
  • 企業情報
  • 求職者の登録情報


一般的な人材紹介では、求職者が登録した情報、つまり、人材会社が受け身で得た情報の中から人材を探します。それに対しエグゼクティブサーチでは、人材会社自らが独自の情報網から、人材を探しに行くヘッドハンティングであることが大きな違いです。

そのため、エグゼクティブサーチは、クライアントが求める人材像に近い層に的を絞って探すことが可能です。また、一般的な人材紹介では出会うのが難しい人材や求職活動をしていない人材にもアプローチできます。例えば、現職で活躍する有能な人材であったとしても、丁寧にアプローチすることで、自社への参画や移籍に結び付けられることが大きな特長です。

この特長から、エグゼクティブサーチは、採用コストをかけるべきC-Level(CEO、COO、CFOなどの経営幹部職、エグゼクティブレベルの職)の人材やその他のハイレベルな人材の採用で利用されます。

一般的なエグゼクティブサーチの費用

一般的なエグゼクティブサーチの費用
総費用=成約手数料 + 調査・コンサルティング料


エグゼクティブサーチの費用は、成約手数料(第一種サービス手数料)と調査・コンサルティング料(第二種サービス手数料)の合計になるのが一般的です。

成約手数料

紹介が成立した際に、月額賃金や年収をベースに手数料が確定する費用です。通常の人材紹介サービスの多くは、この成約手数料がかかります。

調査・コンサルティング料

人材調査やコンサルティングを行う際に発生する費用です。紹介成立後に発生する「成功報酬」の場合もありますが、成立の有無にかかわらず着手金(リテイナーフィー)が発生するのが一般的といえます。

エグゼクティブサーチ採用のご相談はこちら

エグゼクティブ転職のご相談はこちら

ロバート・ウォルターズ のエグゼクティブ・サーチ

当社のエグゼクティブ・サーチはプレミアムサービスとして、専門のリクルートメントチームと専用のソーシングセンターのリソースをフルに活用し、業界内のマーケットマッピングとターゲットとなる候補者のヘッドハントを行います。エグゼクティブ・サーチのためにヘッドハンティングされた候補者を独占的にご紹介します。

日本市場に特化した長年の経験と専門知識、ネットワークを持つキャリアコンサルタントがチームを率います。チーム制を採用することで企業へ最適な候補者をより早くご紹介することが可能です。スキルや経験のチェックに加え、業務内容への理解を確認するため、コンピテンシーベース(能力ベース)インタビューの機会を設けています。また、プレミアムサービスの一環として、候補者のリファレンスチェックも行います。 

また、ロバート・ウォルターズの採用プロセスでは、面接のたびにクライアント企業と候補者の双方にフィードバックを行います。クライアント企業が候補者の採用を決定した後は、最初の段階で双方にお互いが期待することを伝え、交渉に全面的に参加します。加えて、業界に精通した豊富な経験と長年の実績により、企業・候補者双方に最適なマッチングを実現できます。

エグゼクティブサーチ採用のご相談はこちら

エグゼクティブ転職のご相談はこちら

エグゼクティブサーチにおけるロバート・ウォルターズの強み

ロバート・ウォルターズは、クライアント企業と候補者双方が満足いく結果となるよう、採用プロセスにおいてコンサルティングを重視、クライアント企業ごとのオーダーメイドアプローチを行っています。 企業側にとっては、限られた時間の中で組織全体の成功に欠かせない適任者を採用することが不可欠です。そのため、選考プロセスは非常に厳格なものでなければなりません。ロバート・ウォルターズでは、クライアント企業のご要望と期間に応じて、複数のアプローチによるソーシング、事前選考、評価からなるオーダーメイドの採用計画を策定しています。

採用プロセスでは、面接のたびにクライアント企業と候補者の双方にフィードバックを行います。クライアント企業が候補者の採用を決定した後は、最初の段階で双方に期待することを伝え、交渉に全面的に参加します。

ロバート・ウォルターズを「エグゼクティブサーチ」のパートナーとしてご利用いただくメリットは数多くあります。上記のテクニックに加え、人材紹介会社としての業界に精通した豊富な経験と長年の実績により、クライアント企業が探している「エグゼクティブ」に最適な人材を見つけることができるのです。

高いクォリティ

ロバート・ウォルターズでは、強固で永続的な関係構築能力に誇りを持っています。クライアント企業や候補者の皆様と長期的な信頼関係を築くことをお約束し、どこにも負けないサービスを提供することを信条としています。20年以上にわたって築き上げてきた強力なネットワークにより、クライアント企業のニーズに合った優秀な「エグゼクティブ」レベルの候補者を紹介することができます。お客様のご要望を理解することを最重要視し、お客様のビジネスの延長線上で、採用目標を達成するために最適な方法で人材を紹介し続けています。

オーダーメイドのアプローチ

私たちは、コンサルティングを重視した厳選された「エグゼクティブサーチ」を採用しています。お客様のビジネスを詳細に理解するために時間をかけ、要件に合わせたソリューションを提供します。私たちの成功は、熱心さと柔軟性、お客様の声に耳を傾け、そしてニーズに合わせてアプローチを変えるということから生まれました。ロバート・ウォルターズは、グローバルなネットワークを活用し、従来の「エグゼクティブサーチ」の方法にはとらわれないことに挑戦することで、高い評価を得ています。

戦略的アプローチ

ロバート・ウォルターズは、業界に精通し転職市場に出てこない情報、有能なグローバル人材の確保、そして必要に応じての求人広告(クライアント企業の希望に応じて社名公表、または匿名)を含む、3段階の統合的アプローチが強みです。まず候補者となる方には、必要なスキル、経験、属性を確認するとともに、仕事に対しての興味、仕事への熱意、転職自体の可否、仕事内容への理解を確認するため、構造的なインタビューの機会を設け、候補者の方を徹底的に審査します。このインタビューにより、最適な人材、かつ職務に熱意のある人材を紹介することができます。

迅速な対応

従来のエグゼクティブ・ファームがプロジェクトベースで候補者を探すのとは異なり、私たちは常に市場で優秀な人材を発掘し、ヘッドハントしているため、クライアントに適した候補者をより早く紹介することを保証しています。マーケットマッピングに加え、最新のテクノロジーを活用し、データベースに登録された候補者と長期的なコンタクトを取っています。このアプローチにより、通常競合他社では数週間を要する候補者リストの作成を、当社は数日以内に作成することができます。また、連絡を取った候補者の進捗状況を定期的に報告することで、クライアントは常に最新の採用情報を入手できます。

ロバート・ウォルターズのエグゼクティブ・サーチ手法

ロバート・ウォルターズでは、卓越したサービスの質と高い競争力のある料金を維持しながら、複数の方法によるタレントサーチアプローチにより、従来の人材紹介会社よりもはるかに迅速に対応することができます。

ヘッドハンティング

ヘッドハンティングは、ロバート・ウォルターズの最大の強みのひとつです。転職市場には出てこないような優秀な候補者を紹介できるよう、複数のソーシング方法を組み合わせています。「エグゼクティブ」ポジションに相応しい人材を、業界に精通した経験豊富な採用コンサルタントが見つけ出します。専門のリクルートメントチームとタレントソーシングをフルに活用して、業界内でターゲットとなる候補者をヘッドハンティングします。

リファラル・ネットワーク

ロバート・ウォルターズのコンサルタントは各業界のスペシャリストであり、業界に精通した紹介ネットワークを持っています。これにより、コンサルタントは、ヘッドハントの対象となる業界を把握するのに役立つ紹介や情報を得ることができます。また、既存のネットワークや専用のソーシング・センターを通じて、人材プールのキーパーソンを特定するための人材および市場のマッピング・サービスも提供しています。

データベース

ロバート・ウォルターズは、世界最大級の日英バイリンガル人材のデータベースを持っています。ロバート・ウォルターズのデータベースの基盤となっているのは、日本におけるロバート・ウォルターズの規模と長年の実績です。ロバート・ウォルターズはデータの完全性を重視しており、最高レベルの機密性とプライバシー基準を満たすことを保証します。また、「エグゼクティブサーチ」に適格な候補者をすべて迅速に特定するために、継続的なスタッフトレーニングを行っています。

エグゼクティブサーチ採用のご相談はこちら

エグゼクティブ転職のご相談はこちら

ロバート・ウォルターズのエグゼクティブ・サーチ専門チーム

ロバート・ウォルターズではヘッドハンターとリサーチャーはもちろん、業界・部門ごとに専門チームがあり、最適な候補者をより早くご紹介します。

業界 部門
消費財・小売 経理・財務
デジタル 臨床・薬事・品質
エネルギー・インフラ エンジニアリング
金融 人事
ヘルスケア 法務・コンプライアンス&リスク
ホスピタリティ 営業&マーケティング
産業・化学 サプライチェーン・物流・ロジスティクス
IT テクノロジー


ロバート・ウォルターズにおけるエグゼクティブサーチの流れ

1. 採用ポジションの人材要件の明確化
- 募集要項の確認、案件詳細の確認、戦略とスケジュールの決定
2. データベース検索、ヘッドハンティング、リファーラル紹介
3. ロバート・ウォルターズのエグゼクティブサーチチームによるスクリーニング、候補者との面談を設定
4. 候補者選考、候補者のレビュー、推薦理由の作成
5. 候補者リストの提示
6. 貴社による候補者面談、面接後の両社ヒアリング
7. 貴社の面談で、希望する候補者の決定。オファー詳細の協議
8. リファレンスチェック
9. 候補者へのオファー
10. 候補者がオファーを承諾


エグゼクティブサーチサービスは信頼できるパートナーを選びましょう

エグゼクティブサーチは、企業の経営に関わる経営幹部職やスペシャリストを採用する際に用いられる手法の一つです。一般の人材紹介とは違い、採用難易度の高いポジションの人材採用を的確に進められたり、職市場にいない人材を採用したりできるという特長があり、日本でも活用が進んでいることをご紹介しました。

エグゼクティブサーチサービスの利用にお悩みの場合は、日本国内で1000件以上のエグゼクティブポジションの採用をするなど、長年にわたる多くの実績を持つロバート・ウォルターズへ、ぜひご相談ください。グローバルなネットワークと実績で培われたノウハウにより、ポジションに最適な人材を探し出します。

シェアする

関連コンテンツ

採用のご相談
給与調査
採用アドバイス
お問い合わせ

詳細については、当社のコンサルタントにお問い合わせください

関連コンテンツ

すべて見る

【製造業界】グローバル(バイリンガル)人材マーケット 採用動向レポート 2018

自動車 自動運転技術の発展・適用が2020年・2035年を目処に段階的に進んでいくため、それにあわせて専門領域のエンジニアのニーズが増えていくでしょう。検知・自動ブレーキなどのカメラシステム、レーダー、ウルトラソニックなどを扱えるソフトウェアエンジニアの人材需要は今後さらに高まっていくことが予想されます。電気エンジニアも同様に増加傾向にあり、機械エンジニアは前年比ほぼ横ばいで、引き合いは依然として強い傾向にあります。 若手~中堅層の引き合いが増加 プログラミングなどシステム周りを担える人材、特に30~45歳の若手~中堅層への引き合いが強まっています。ロボット開発、アルゴリズム開発などの経験を持

もっと読む

グローバル人材 採用動向レポート│リスク

2016年はリスク管理部門の採用活動は比較的低調で、ほとんどの企業が欠員補充のみにとどまりました。信用リスク部門では、多くの企業が下位のコストセンターでの人員増強に注力したため、各チームは人員が削減されました。ただ、日系、外資系企業ともに、タレントパイプライン構築のため、日本人および日本人以外のジュニアレベルのバイリンガル人材の採用に積極的でした。2017年もこの傾向が続くと予想されます。 市場リスク関連では、採用活動に大きな変化はありませんでしたが、銀行業界の技術系部署や専門部署は、リスク分析、モデル検証などの人員を増強しました >>採用動向レポート一覧へ ロバート・ウォルターズにご相談くだ

もっと読む

【経理・会計】グローバル人材 採用動向レポート 2019

経理・会計 金融サービス 2018年はフィンテック事業会社の採用が急増しました。仮想通貨、ファンドなど金融ビジネスに明るいことが評価され、多くの銀行出身者がフィンテック分野に転職しています。仮想通貨を巡ってはサイバー攻撃による流出の騒動を受けて、金融庁が規制を厳重化していくことが見込まれるため、各社は規制遵守に向けた体制強化に踏み切りました。仮想通貨大手では、監査人材、内部コントローラーを大量採用しており、この動きは2019年はさらに広がることが予想されます。新興・成長分野のため経験・知識に富んだ即戦力人材を求める一方で、経営陣が比較的若いことやテクノロジーへの精通度といった都合などから年齢層

もっと読む

ロバートウォルターズ で働きませんか?

ダイバーシティに富んだグローバルチームの一員になりませんか?当社では、新卒入社の社員から経験豊富なリクルーターまで、個性豊かな社員が活躍しています。