ja

求人

各業界のスペシャリストがあなたの声に耳を傾け、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業にご紹介します。共にキャリアの新たな一章を開きましょう。

求人を見る

採用担当者

当社は各企業のニーズに合った迅速かつ効率的な採用ソリューションを提供しており、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業より高い信頼を獲得しています。各種サービスやリソースをぜひご覧ください。

詳しく見る

当社の専門分野

経理/財務から金融、人事、マーケティング、ITにいたるまで、多岐にわたる専門分野を取り扱っています。

詳しく見る
求人

各業界のスペシャリストがあなたの声に耳を傾け、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業にご紹介します。共にキャリアの新たな一章を開きましょう。

求人を見る
採用担当者

当社は各企業のニーズに合った迅速かつ効率的な採用ソリューションを提供しており、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業より高い信頼を獲得しています。各種サービスやリソースをぜひご覧ください。

詳しく見る

当社の専門分野

経理/財務から金融、人事、マーケティング、ITにいたるまで、多岐にわたる専門分野を取り扱っています。

詳しく見る
会社概要

ロバート・ウォルターズは「企業」そして「働く人」のストーリーを大切にしています。

詳しく見る

ロバート・ウォルターズで働く

ロバート・ウォルターズ・ジャパンで働きませんか?

詳しく見る

採用面接で良い人材を見極める方法とは?

コストを掛けて採用活動を行って人材を採用しても、すぐに離職してしまったり、周囲との軋轢を生んだりしたのでは、会社にとってマイナスとなります。採用面接で人材を見極めるために注意しておくべきことをまとめました。

面接ではスキル以外の見極めも大切

面接では採用側が求める資質を応募者のスキルが満たしているか、スキルマッチの部分を重視するケースがみられます。しかし、スキルが合致することのみを重視してしまうと、社風への適合性を見逃してしまいがちです。会社にフィットする人材でなければ、周囲の人と軋轢を生みやすく、短期間での離職も起こりやすくなります。採用担当者は、応募者の性格も重視し、良好な人間関係を築いて仕事を進めていかれるか見極める必要があります。

応募者がベストな状態で面接に臨める環境をつくる

応募者は面接の場では、プレッシャーから緊張してしまいがちです。しかし、応募者が緊張している状態では、ありのままの状態が見えにくく、面接で人材の見極めが難しくなります。応募者がリラックスして、べストな状態で面接に臨めるように、場を和ませるのは採用担当者の役割です。採用担当者は、応募者がリラックスした状態で、話したいことが伝えられるように、面接時には雑談を交えるなど、和やかな雰囲気で進行できるように努めましょう。

応募者に採用側が選ばれる立場で臨む

応募者の入社への意欲を高めるためには、採用担当者と応募者が対等な立場となるように、採用する側も選ばれる立場として面接に臨むことが大切です。応募者も「選んだ」という感覚を持つことで、入社に際しての納得感が生まれ、短期間での離職が起こりにくくなります。「採用担当者のイメージ=会社のイメージ」となりますので、応募者にプラスのイメージを持たれるような配慮が求められます。応募者の魅力を引き出し、志望動機を話しやすいような場面作りをしていくと、応募者の志望度も高まりやすいです。

面接は応募者の本質を引き出すこと

面接では応募者の本質を引き出して、会社とポジションへのフィット感を探っていきましょう。志望動機だけではなく、過去の成功体験に至るまでのプロセス、失敗体験からどう軌道修正を図ったのかといった、過去の話にも言及することで候補者の人柄も見えてきます。

応募者の話を深く掘り下げて聞いていくことで、話の本質だけではなく、人としての本質がつかみやすくなります。質問の仕方としては、回答に対して「なぜ」そうした行動をとったのか、具体的にどのような」行動をとったのか、といった問いを繰り返すことで、本質に近づくことが可能です。最終的に、スキルだけではなく、性格、仕事への取組み方をもとに採用の可否を判断しましょう。

人材は「人財」ともいわれるほど企業にとって重要であり、企業経営を左右するものです。採用面接で自社に合った人材を見極めるためには、本質を深く知るための場となるような配慮が求められます。

シェアする

関連コンテンツ

採用のご相談
給与調査
採用アドバイス
お問い合わせ

詳細については、当社のコンサルタントにお問い合わせください

関連コンテンツ

すべて見る

アジア雇用調査

本調査は、日本・香港・シンガポール・中国・台湾・マレーシアにおける大手求人情報サイトおよび国内紙に掲載された雇用枠に関する求人広告数を記録、雇用市場の動向を分析し、四半期ごとに調査レポートとして発表しています。 最新の調査結果 2015年 Q4: 英語版 主な調査結果 同調査で対象とした6カ国および地域の求人広告数は、前年同期比39%の大幅増となりました。2016年度に備え企業が優良人材確保に積極的に動くなか、前期が小幅な伸びに留まったことも大きな反動につながりました。 様々な分野でIT人材に対する需要が強く、特にビッグデータ活用が進むにつれてデータサイエンティスト/アナリスト、コンサルタント

もっと読む

2017年の給与調査と採用動向

この給与調査は、ロバート・ウォルターズが収集した情報を元に、日本市場における各職種の給与の現状と今後の見通しについての洞察を加えたものです。 ロバート・ウォルターズは、世界有数のグローバル企業から中小企業に至るまで幅広い業種の企業様にサービスを提供しております。世界5大陸に広 がるグローバルネットワークを駆使し、各業界と文化への独自の見識と強いローカル基盤を築きながら、企業と求職者のニーズにあったマッチングを実現しています。 「給与調査2017」(日本版)の主なポイント: 2016年の動向 景気改善の兆しや少子高齢化、国内企業のグローバル進出などを背景に、2016年有効求人倍率(厚生労働省調べ

もっと読む

HRテック時代に求められること、予想されることを徹底検証

近年、「HRテック」と呼ばれる人事・人材分野における技術やサービスの導入が、世界的に進んでいます。クラウドやビッグデータ活用によって、業務の効率化が進むことで、人事の仕事は、管理業務から、有能な人材の獲得など経営戦略に基づくものへとシフトしていくようになります。まもなく訪れる「AIとの協働時代」に備えてHRテック時代に求められる人事には、経営戦略とデータ活用を押さえながら、経営戦略立案に積極的に関わるなど、戦略的な役割を担うことが期待されています。 世界的に導入が進むHRテック 「HRテック」とは、人材・人事(HR:Human Resources)と技術(Technology)を組み合わせた造

もっと読む

ロバートウォルターズ で働きませんか?

ダイバーシティに富んだグローバルチームの一員になりませんか?当社では、新卒入社の社員から経験豊富なリクルーターまで、個性豊かな社員が活躍しています。