リファレンスチェックの方法とメリット

リファレンスチェックの方法とメリット

外資系企業では、一般的にオファーレターの前に候補者の職務経歴に間違いがないか、また以前どういった働きぶりだったのかを前職の上司などに確認するリファレンスチェックというものがあります。

リファレンスチェックを導入することで、履歴書や面接ではわからない候補者の第三者視点での性格を知ることができます。リファレンスチェックの導入を検討している場合はリファレンスチェックの方法やメリットを理解し、経歴詐称など採用のリスクを軽減しましょう。

リファレンスチェックの方法

レファリーの選定依頼

リファレンスチェックはまず候補者の方にリファレンスチェックを行うことを伝え、承諾をもらいます。そして候補者の方にレファリーを選んでもらいます。

日程調整

レファリーを選んでもらったら、こちらの連絡先とレファリーの連絡先を候補者からもらい、リファレンスチェックの日程調整を進めます。

当日までの準備

リファレンスチェックの日程までに質問項目を決め、リスト化しておきましょう。

リファレンスチェック当日

リファレンスチェックを電話で行う場合、電話面接同様に会議室など静かな場所で行うようにしましょう。

リファレンスチェックの注意点

リファレンスチェックは候補者同士で比較できるように、質問内容を統一しましょう。質問内容を統一することで、1名だけを採用する場合にはどちらの候補者が優れているのかの判断材料にもつながります。

リファレンスチェックの進め方として、はじめは当たり障りのない質問からしていき、徐々に深堀していくといいでしょう。ただ、特定の分野だけ深堀しすぎてしまい、最後まで聞けなかったということがないように、時間配分に注意し、質問がリファレンスと関係なくなっていないか質問内容のリストを常に確認できるようにしておきましょう。

リファレンスチェックの質問例

  • 勤務期間はXX月からXX月と伺ってますが間違いはありませんか?
  • 仕事に対しての働き方はどうでしたか?
  • どのように日々のストレスに対応していましたか?
  • 個人とチームどちらで働くことに適していると思いますか?
  • 上長と適切にコミュニケーションをとっていましたか?
  • 部下がいた場合に部下とはどのようにコミュニケーションをとっていましたか?
  • 再度一緒に働きたいと思いますか?

リファレンスチェックのメリット

リファレンスチェックを行うことのメリットとしては、面接では確認しきれなかったことや本人には直接聞きにくいことを第三者から確認できます。

具体的には以下のような項目を確認することができます。

  • 実際の勤務状況(経歴詐称をしていないか、意欲を持って働いていたか)
  • 人柄や性格・素行
  • 勤怠状況(休職有無の確認)
  • 退職理由
  • スキルの詳細確認

リファレンスチェックは応募者の働きぶりや性格を第三者の視点から把握することが出来る機会ですので、応募ポジションと候補者のスキルがマッチしているか、会社と候補者の働き方や性格がマッチするか見極めるようにしましょう。

採用アドバイス記事


ロバート・ウォルターズにご相談ください

お電話またはこちらからご相談下さい。 経験豊富なキャリアコンサルタントが最適な人材を紹介します。

採用アドバイス記事

Read more »