スキームとはどういう意味?

スキームとはどういう意味?

ビジネスの場で使われる「スキーム」という言葉があります。実際に使っているビジネスマンも多く見かけますが、中には正しい意味を知らないまま間違った使い方をしている人もいます。そこで今回は、「スキーム」という言葉の正式な意味、そして適切な使い方を具体的なシチュエーションを例に挙げながら紹介していきます。普段よく耳にしている人、実際に使っているという人も、この記事のことをしっかり頭に入れ、理解を深めたうえで円滑なコミュニケーションを図っていくようにしましょう。

ビジネスシーンで使われるスキームとはどういう意味?

「計画」「案」「枠組み」という意味で使われる

「スキーム」とは、英語の「scheme」に由来するビジネス用語です。本来、「計画」「案」という意味がありますが、ビジネスで用いる場合、「計画」のほかにも「枠組み」というニュアンスが含まれるのでぜひ覚えておいてください。似たような言葉に、「フレームワーク」や「プラン」というワードがありますが、ここで重要なのは「スキーム」という言葉には継続的な意味合いも含まれているということです。「フレームワーク」には枠組みという意味があり、「プラン」には単純に案や計画という意味が込められていますが、これらにはスキームに含まれているような継続的なニュアンスはありません。スキームには「枠組みを伴った計画」「体系的な行動のための計画」という意味があり、ある程度実行することが決められている状態を指しているので、今後の参考にしてみてください。

グローバルなシーンにおいては少し注意が必要です。スキームは実際海外でも用いられている実用的なビジネス用語ですが、アメリカでは「謀略」「陰謀」「悪い企み」という意味でも使われるため、意図したことと違う伝わり方をしてしまうかもしれません。海外の人とやりとりする際には、注意して使うようにし、間違って伝わっていないかは確認する必要があるでしょう。

スキームの使い方

スキームの実際の使われ方:「もう一度事業スキームを組み直そう」

事業スキームとは、事業の仕組みという意味になります。分かりやすい例で言えば、スマホアプリの課金システムなど、継続的な利益を生み出すための仕組みを意味します。この場合は、ユーザーからのクレームや要望などが多くあったときなどに使われることがあるようです。

スキームの実際の使われ方:「キャッシュレス化の波に備えて新しい決済スキームを導入しなければならない」

この場合における決済スキームとは、決済システムを指しています。具体的なシチュエーションの例としては、現金払いやクレジットカード決済にしか対応していない企業が、バーコード決済の導入や独自の決済システムの開発を検討しているときなどが挙げられるでしょう。

あなたの将来のキャリアをプロに相談しませんか?

ロバート・ウォルターズのキャリアコンサルタントが、これまで多くの方々の転職を成功へ導いてきた実績と経験であなたに最適なキャリアアップと能力発揮のチャンスを提案いたします。

外資系転職アドバイス

Read more »
woman-with-pc

求人情報はこちら 

Read more »

面接ガイド 

Read more »

履歴書の書き方 

Read more »

まずはキャリア相談 

Read more »

外資系・日系グローバル企業の最新求人