ja

求人

各業界のスペシャリストがあなたの声に耳を傾け、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業にご紹介します。共にキャリアの新たな一章を開きましょう。

求人を見る

採用担当者

当社は各企業のニーズに合った迅速かつ効率的な採用ソリューションを提供しており、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業より高い信頼を獲得しています。各種サービスやリソースをぜひご覧ください。

詳しく見る

当社の専門分野

経理/財務から金融、人事、マーケティング、ITにいたるまで、多岐にわたる専門分野を取り扱っています。

詳しく見る
求人

各業界のスペシャリストがあなたの声に耳を傾け、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業にご紹介します。共にキャリアの新たな一章を開きましょう。

求人を見る
採用担当者

当社は各企業のニーズに合った迅速かつ効率的な採用ソリューションを提供しており、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業より高い信頼を獲得しています。各種サービスやリソースをぜひご覧ください。

詳しく見る

当社の専門分野

経理/財務から金融、人事、マーケティング、ITにいたるまで、多岐にわたる専門分野を取り扱っています。

詳しく見る
会社概要

ロバート・ウォルターズは「企業」そして「働く人」のストーリーを大切にしています。

詳しく見る

ロバート・ウォルターズで働く

ロバート・ウォルターズ・ジャパンで働きませんか?

詳しく見る

【サプライチェーン】グローバル人材 採用動向レポート 2019

サプライチェーン

2018年は生産管理、EHS(労働安全衛生)、工場マネジャー、QA/QCの採用が活発でした。プロキュアメントの求人は前年に続いて多く、2019年も更に多くの求人が見込まれます。

運輸・流通業界では、社員の平均年齢の高まりを課題視しており、採用を通じて引き下げを狙う企グローバル人材の40%、給与を「最も改善してほしい」40%28業が多くなっています。スキル・経験では勝っていても50代の候補者にとっては転職しづらい状況に至っています。反対に20〜30代の候補者に対するスキルセット・経験への要求は以前ほど高くなく、この年齢層の優秀な候補者は転職活動を始めると複数の企業から内定を受ける傾向が見られはじめました。更に新卒採用に踏み切った企業もあります。

上司陣は明確なキャリア展望を抱く候補者を選ぶ傾向にあり、コミュニケーション力とキャリア感を重要な選考基準として捉えています。2018年は候補者を慎重に選ぶ傾向が見られました。しかし、バイリンガルの若手層の人気は外資系企業を中心に非常に高いため、限られた数の候補者を巡る人材争奪戦に勝ちたいと考える企業が増え、2019年は審査・採用プロセスの迅速化が進むでしょう。

この領域の経験をもつバイリンガル人材の数は求人数よりも極端に少なく、候補者が選択権を握る圧倒的な売り手市場です。競争力のある給与額、事業の成長性、風通しの良い企業文化、キャリアステップの透明性、心地よく働ける職場環境など、企業ブランド以上に転職決断を左右する要素は数多くあります。ブランド力のある企業でも面接を通じて候補者に積極的に売り込まないと採用できなくなっています。

2018年はサプライチェーン分野でも外国人人材の採用に進歩が見られました。経験・スキルに重点を置き、優秀な外国人にも門戸を開くこの動きは、2019年も更に高まりそうです。

景況感が人材需要を後押ししているのと同時に、需給バランスの都合から候補者にも強気の姿勢が広がっています。そのため、優秀な候補者の場合は12〜15%の年収増(前職比)の提示を受けるなど、転職時の給与相場は緩やかに上がっています。この傾向は2019年も続くことが見込まれます。

関西でも、インダストリー4.0の技術などをもとに購買・調達、流通、販売などサプライチェーンの最適化が広がっています。そのため、サプライチェーンプランナー、サプライチェーンアナリスト、プロキュアメントマネジャーなど、データをつかって予測が立てられる調達・購買・流通管理スペシャリストの需要が高まっています。

契約・派遣

サプライチェーン部門では、柔軟な働き方に対する理解が雇用主/働き手の双方で浸透が進み、契約・派遣社員の求人数は増加を続けています。契約・派遣社員の採用でも特定のシステムを扱える人材、専門知識を持つ人材を求める傾向が高いなか、専門人材の数は求人数よりも圧倒的に少ないため、採用は難しくなっています。

国際物流の活発化が年々進むなか、貨物利用運送事業者(フォワーダー)からの営業職/オペレーション職の求人は関西でも依然として多く、採用活動が活発です。契約・派遣の求人では、貿易事務/海外営業アシスタントの募集が増えています。この傾向は2019年も続くことが予想され、なかでも貿易事務の経験を持つ派遣社員の採用はさらに増えることが見込まれます。

 

シェアする

関連コンテンツ

採用のご相談
給与調査
採用アドバイス
お問い合わせ

詳細については、当社のコンサルタントにお問い合わせください

関連コンテンツ

すべて見る

アジア雇用調査

本調査は、日本・香港・シンガポール・中国・台湾・マレーシアにおける大手求人情報サイトおよび国内紙に掲載された雇用枠に関する求人広告数を記録、雇用市場の動向を分析し、四半期ごとに調査レポートとして発表しています。 最新の調査結果 2015年 Q4: 英語版 主な調査結果 同調査で対象とした6カ国および地域の求人広告数は、前年同期比39%の大幅増となりました。2016年度に備え企業が優良人材確保に積極的に動くなか、前期が小幅な伸びに留まったことも大きな反動につながりました。 様々な分野でIT人材に対する需要が強く、特にビッグデータ活用が進むにつれてデータサイエンティスト/アナリスト、コンサルタント

もっと読む

2017年の給与調査と採用動向

この給与調査は、ロバート・ウォルターズが収集した情報を元に、日本市場における各職種の給与の現状と今後の見通しについての洞察を加えたものです。 ロバート・ウォルターズは、世界有数のグローバル企業から中小企業に至るまで幅広い業種の企業様にサービスを提供しております。世界5大陸に広 がるグローバルネットワークを駆使し、各業界と文化への独自の見識と強いローカル基盤を築きながら、企業と求職者のニーズにあったマッチングを実現しています。 「給与調査2017」(日本版)の主なポイント: 2016年の動向 景気改善の兆しや少子高齢化、国内企業のグローバル進出などを背景に、2016年有効求人倍率(厚生労働省調べ

もっと読む

HRテック時代に求められること、予想されることを徹底検証

近年、「HRテック」と呼ばれる人事・人材分野における技術やサービスの導入が、世界的に進んでいます。クラウドやビッグデータ活用によって、業務の効率化が進むことで、人事の仕事は、管理業務から、有能な人材の獲得など経営戦略に基づくものへとシフトしていくようになります。まもなく訪れる「AIとの協働時代」に備えてHRテック時代に求められる人事には、経営戦略とデータ活用を押さえながら、経営戦略立案に積極的に関わるなど、戦略的な役割を担うことが期待されています。 世界的に導入が進むHRテック 「HRテック」とは、人材・人事(HR:Human Resources)と技術(Technology)を組み合わせた造

もっと読む

ロバートウォルターズ で働きませんか?

ダイバーシティに富んだグローバルチームの一員になりませんか?当社では、新卒入社の社員から経験豊富なリクルーターまで、個性豊かな社員が活躍しています。