ja

求人

各業界のスペシャリストがあなたの声に耳を傾け、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業にご紹介します。共にキャリアの新たな一章を開きましょう。

求人を見る

採用担当者

当社は各企業のニーズに合った迅速かつ効率的な採用ソリューションを提供しており、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業より高い信頼を獲得しています。各種サービスやリソースをぜひご覧ください。

詳しく見る

当社の専門分野

経理/財務から金融、人事、マーケティング、ITにいたるまで、多岐にわたる専門分野を取り扱っています。

詳しく見る
求人

各業界のスペシャリストがあなたの声に耳を傾け、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業にご紹介します。共にキャリアの新たな一章を開きましょう。

求人を見る
採用担当者

当社は各企業のニーズに合った迅速かつ効率的な採用ソリューションを提供しており、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業より高い信頼を獲得しています。各種サービスやリソースをぜひご覧ください。

詳しく見る

当社の専門分野

経理/財務から金融、人事、マーケティング、ITにいたるまで、多岐にわたる専門分野を取り扱っています。

詳しく見る
会社概要

ロバート・ウォルターズは「企業」そして「働く人」のストーリーを大切にしています。

詳しく見る

ロバート・ウォルターズで働く

ロバート・ウォルターズ・ジャパンで働きませんか?

詳しく見る

Zoom面接で候補者と気まずい雰囲気にならないために

対面での面接と同じようにZoom面接でも、候補者と採用マネジャー(入社後に所属する部署での上司)の双方にとって快適に面接を進められる環境を作れるか否かが、面接の生産性を大きく左右します。面接官となる採用マネジャーと候補者の対話が気まずいものにならないために、気を配るべきチェックポイントをまとめました。

イニシアチブを維持

オンライン通話での面接は、対面のときよりもイニシアチブを取りづらいような感覚を持つかもしれません。そういうときは、あらかじめ面接のアウトラインを決めておきましょう。順を追って会話を進め、時間内に聞き取りたい情報をひとつづつクリアし、売り込みたいこともしっかり網羅できるように努めることで、いつも通り主体的に面接を進められます。そうすれば、気まずい沈黙が生まれてしまう心配もなくなります。さらにはリラックスして会話を進めることで深く互いを知ることができるでしょう。

採用マネジャーの自己紹介&会社・役割を説明

面接は主に、候補者自身が自分のスキルを売り込み、その仕事・ポジションにいかに適しているかをアピールできる場です。しかし、日本のように人材不足の著しい市場では、採用マネジャー自身が会社・自分・チームを自己紹介し、対象となるポジションの役割や業務内容を説明することが重要です。そうすることで、候補者の不安や疑問を解き、スムーズに対話を進めていくことができるでしょう。

質問のバランスに注意

いうまでもなく面接では、採用マネジャーからの質問をもとに候補者一人ひとりが備えているハードスキルとコンピテンシーを計っていきます。しかし、人材不足による売り手優勢の転職市場にある日本では、自らの価値観と応募先企業の企業文化・社風との相性を気にする候補者が増えています。趣味や一般的な関心事を尋ねることでワークライフバランスへの考え方や価値観もわかります。このことを念頭に置いて、あなたの質問への回答から、その候補者が新しい仕事・長期的なキャリアに何を求めているかを素早く察知し、転職の動機づけになり得るものを積極的に売り込めるようにしましょう。ここで気をつけたいのがバランスです。先に挙げたスキル・コンピテンシーを判断するための質問と価値観・企業文化との相性をお互いに判断するための質問との割合を予め想定しておくことで、脱線し過ぎることや重要な項目の聞き逃しを避けましょう。

面接の終わりに次のステップを示す

面接の終わりには候補者にフィードバックを提供しましょう。候補者が優秀な人材であればポジティブな印象を残しておくことが大切です。このときの対応が企業イメージとして候補者に捉えられることもしばしばあります。面接で候補者に対してどんな印象を得たのか、次の選考プロセスに進められそうなのであれば、話せる範囲でいいので感触を伝えておきましょう。オンライン通話での面接でも、対面での面接の最後に握手で締めくくるようにポジティブな雰囲気で面接を終えることを意識してみてください。

シェアする

関連コンテンツ

採用のご相談
給与調査
採用アドバイス
お問い合わせ

詳細については、当社のコンサルタントにお問い合わせください

関連コンテンツ

すべて見る

アジア雇用調査

本調査は、日本・香港・シンガポール・中国・台湾・マレーシアにおける大手求人情報サイトおよび国内紙に掲載された雇用枠に関する求人広告数を記録、雇用市場の動向を分析し、四半期ごとに調査レポートとして発表しています。 最新の調査結果 2015年 Q4: 英語版 主な調査結果 同調査で対象とした6カ国および地域の求人広告数は、前年同期比39%の大幅増となりました。2016年度に備え企業が優良人材確保に積極的に動くなか、前期が小幅な伸びに留まったことも大きな反動につながりました。 様々な分野でIT人材に対する需要が強く、特にビッグデータ活用が進むにつれてデータサイエンティスト/アナリスト、コンサルタント

もっと読む

2017年の給与調査と採用動向

この給与調査は、ロバート・ウォルターズが収集した情報を元に、日本市場における各職種の給与の現状と今後の見通しについての洞察を加えたものです。 ロバート・ウォルターズは、世界有数のグローバル企業から中小企業に至るまで幅広い業種の企業様にサービスを提供しております。世界5大陸に広 がるグローバルネットワークを駆使し、各業界と文化への独自の見識と強いローカル基盤を築きながら、企業と求職者のニーズにあったマッチングを実現しています。 「給与調査2017」(日本版)の主なポイント: 2016年の動向 景気改善の兆しや少子高齢化、国内企業のグローバル進出などを背景に、2016年有効求人倍率(厚生労働省調べ

もっと読む

HRテック時代に求められること、予想されることを徹底検証

近年、「HRテック」と呼ばれる人事・人材分野における技術やサービスの導入が、世界的に進んでいます。クラウドやビッグデータ活用によって、業務の効率化が進むことで、人事の仕事は、管理業務から、有能な人材の獲得など経営戦略に基づくものへとシフトしていくようになります。まもなく訪れる「AIとの協働時代」に備えてHRテック時代に求められる人事には、経営戦略とデータ活用を押さえながら、経営戦略立案に積極的に関わるなど、戦略的な役割を担うことが期待されています。 世界的に導入が進むHRテック 「HRテック」とは、人材・人事(HR:Human Resources)と技術(Technology)を組み合わせた造

もっと読む

ロバートウォルターズ で働きませんか?

ダイバーシティに富んだグローバルチームの一員になりませんか?当社では、新卒入社の社員から経験豊富なリクルーターまで、個性豊かな社員が活躍しています。