ja

求人

各業界のスペシャリストがあなたの声に耳を傾け、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業にご紹介します。共にキャリアの新たな一章を開きましょう。

求人を見る

採用担当者

当社は各企業のニーズに合った迅速かつ効率的な採用ソリューションを提供しており、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業より高い信頼を獲得しています。各種サービスやリソースをぜひご覧ください。

詳しく見る

当社の専門分野

経理/財務から金融、人事、マーケティング、ITにいたるまで、多岐にわたる専門分野を取り扱っています。

詳しく見る
求人

各業界のスペシャリストがあなたの声に耳を傾け、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業にご紹介します。共にキャリアの新たな一章を開きましょう。

求人を見る
採用担当者

当社は各企業のニーズに合った迅速かつ効率的な採用ソリューションを提供しており、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業より高い信頼を獲得しています。各種サービスやリソースをぜひご覧ください。

詳しく見る

当社の専門分野

経理/財務から金融、人事、マーケティング、ITにいたるまで、多岐にわたる専門分野を取り扱っています。

詳しく見る
会社概要

ロバート・ウォルターズは「企業」そして「働く人」のストーリーを大切にしています。

詳しく見る

ロバート・ウォルターズで働く

ロバート・ウォルターズ・ジャパンで働きませんか?

詳しく見る

【例文付】自己PRと長所の違いは?長所を使った自己PRの書き方

「自己PR」と「長所」の違いをご存知でしょうか。同じことのように捉えがちですが、それぞれにはそれぞれの意味があります。今回は、自己PRと長所の違いについて解説します。また、例文を使って長所を使った自己PR文の作成方法と考え方についても紹介します。長所と短所の関係についても触れていきますので参考にしてください。

「自己PR」と「長所」の違いを確認しよう

「自己PR」と「長所」はどちらも自分の良いところを伝えるという意味では同じものです。しかし質問の意図が異なる場合もあるので注意が必要です。

自己PRとは「自身の強み」

自己PRとは「自身の強み」をアピールすることです。この強みとは、「直接的に仕事に活かせる部分」であるといえます。自分の性格面以上の「自分には何ができるか」という部分を面接官に伝えることが目的なのです。そのため、「私は◯◯ができるため、貴社では◯◯で活躍できます」など、しっかりと自分をPRすること、すなわち「売り込む」ことが重要です。自分を採用することで、企業にどのようなメリットがあるのかをしっかりとアピールできれば、好印象を与えることにもつながります。

自分を売り込むためには、根拠となる具体例が必要です。具体例を述べずにPRしていても、信憑性に欠けてしまいます。過去に自分が経験し、成果を出したエピソードなどを具体的に盛り込むといいでしょう。

長所とは「人柄」

企業が長所について質問するのは、「どのような人柄なのか」を判断する意図があるからです。

長所を見つけ出すためには「自己分析」は欠かせません。自分の性格や気質、考え方などを探り、他者よりも優れている部分を見つけましょう。ただ、自分で長所を見つけることが苦手という方も多いでしょう。そのような人は、他者からの評価を参考にしてみてください。「よく友人から、優しい性格といわれる」という方は、「他人に気遣いができ、思いやりを持って行動することができる」ことを長所として挙げることができるでしょう。

自分では気づかないような強みや人柄を、キャリアコンサルタントと話すことで整理できるかもしれません。職務経歴書に自己PRを書く前に、一度キャリアコンサルタントに相談してみるのもおすすめです。

キャリアコンサルタントに無料相談する

長所と短所は裏返しの関係

長所について質問される際、短所についても聞かれることがあります。その場合、長所と短所は、セットで考えることをおすすめします。

長所と短所は裏返しの関係ともいえるものです。例えば、「協調性がある」というのは長所にもなりますが、反対に周囲の意見に合わせようとして自分の意見をいえないことが短所ともいえるでしょう。また、「自己主張が強い」という短所については、「自分の意見をはっきりいえる」といった長所に置き換えることができます。下記の表で、主なものをまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

自己PRで使える長所一覧

長所 短所
協調性がある 自分の意見を言えない
自分の意見を発言できる 自己主張が強い
忍耐力がある 諦めが悪い
計画をしっかりと立てて行動する 心配性である・スピード感がない
ポジティブな性格・チャレンジ精神がある 楽観的にものごとを捉えてしまう・後先を考えずに行動する

自己PRか長所か?質問の意図は正確に判断

そもそも、企業が候補者に自己PRをさせる意図は「採用することで企業にどのようなメリットがあるか」を知るためです。そのため、自己PRを考える時には、志望企業が求める人物像を深く理解しておく必要があります。企業や業界に対する研究を重ね、求める人物像に沿った自己PR文を考えましょう。

一方、長所や短所について質問する意図は「どのような人柄か」「自社の雰囲気とマッチしているか」などです。また「応募者が自分の良いところや悪いところを自覚しているのか」という部分も見ています。特に短所について質問される場合には、「短所に対してどのような対策を講じているか」をチェックされているかもしれません。

質問の意図を正確に理解しておかなければ、的外れな回答をしてしまう可能性もあるため注意しましょう。

自己PRと長所を同じ内容にしない

先述のとおり、自己PRや長所について問われたとき、そこにはそれぞれ違った意図があります。そのため、同じ内容の話をしてしまうのは、相手の意図をよく理解していないという評価につながりかねません。

こうした失敗を防ぐために、自己PRと長所は「関連させつつも違う内容」を考えておきましょう。

自己PRに長所を活用する方法を紹介

自己PRを考える時に、どのように強みを見つければ良いのかわからないという方も多くいます。しかし、自分の強みは、長所の中からこそ見つけやすいのです。
ここでは、自己PR文を考える際の強みの見つけ方について紹介します。

まずは考えられる長所をピックアップ

はじめに、自分が他者よりも優れていると思う部分を書き出してみましょう。

長所例

  • どんな時でも相手の立場に立てる
  • 積極性がある
  • 行動力がある
  • 人見知りをしない性格
  • 困っている人がいたら必ず助ける
  • 集中力がある

このように、些細なことでも問題ありません。自分の性格や気質の中から良いと思う点、他者よりも優れている点を洗い出してください。自分はそこまで優れていないからと悲観的にならずに、他のチームメンバーや友人と比べてここが得意だなと思ったものを書き出していくと書きやすくなります。

ピックアップした中から志望企業に使える長所を選ぶ

自分自身の長所をピックアップしたら、志望企業の仕事に活かせる長所を選んでいきましょう。

例えば、志望する仕事が営業職である場合、上記でピックアップした長所の中では「人見知りをしない性格」や「行動力がある」が活かせそうです。営業職では、数多くの顧客と顔を合わせてビジネスを進めていかなければなりません。「人見知りをしない」ということは、誰に対してもコミュニケーションを取れるというPRになります。

志望企業・業種ごとに長所を言い換える

志望企業や業種、職種ごとに選ぶ長所を変えて、自己PRを考えていきましょう。
例えば、前項では営業職志望の強みとして「人見知りをしない性格」を選びました。もし事務職を志望する場合であれば、デスクワークがほとんどですので「集中力がある」ことを強みにできそうです。

このように、志望企業の求める人物像や職種に求められる能力を調べ、それに当てはまるように自己PRを考えていくことがポイントとなります。

まずはキャリア相談してみる

*業界、職種に精通したキャリアコンサルタントがカウンセリングを行います。キャリアコンサルタントとのカウンセリングの中で新しい可能性が見つかったり、思いがけないチャンスが巡ってきたりなど、自分ひとりで転職活動するよりも数多くのメリットがあります。

【例文あり】長所を使った自己PRの作り方

長所を使った自己PR文の作り方について紹介します。例文を参考に、詳しくみていきましょう。

自己PR例文

私は、上司や同僚から「人見知りしない人」とわれており、自身でもそれが強みだと感じています。この強みは、新しい訪問先への積極的な営業活動に活かされています。

現職では、新規開拓に挑戦し、初訪問を多く行ってきました。大手企業や、すでに競合他社の取引があったとしても、臆することなく、営業活動をしました。その結果、大手との契約を勝ち取ることができ、営業獲得件数が社内で1位になったこともあります。

貴社の営業職として入社したならば、多くの人と新たな関係を築き上げながら、新規クライアントを獲得します。そして貴社の誇れる商品を販売していきたいと考えています。

自己PRの構成に注意しよう

自己PRは、構成を事前に考えてから書き出しましょう。説得力のある自己PRにするためには、以下のような流れで考えることをおすすめします。

【結論】 → 【エピソード(具体例)】 → 【企業へのメリット】

まず、結論として自分の強みを述べます。その際、その強みが本当に備わっていることを証明するための具体例を盛り込みましょう。具体例では、「◯◯することを心がけています」など、努力した先が見えない内容だと信憑性に欠けてしまいます。「◯◯を心がけた結果、リピーターが約2倍に増えました」など、成果もあわせて述べましょう。

自己PRの締めでは「自分を採用したらこのようなメリットがある」と面接官を納得させるように終えるといいでしょう。この構成作りを意識して考えると、相手にもわかりやすく伝えることができるので試してみてください。

客観的な評価も取り入れよう

さらに、自己PRに「他者からの意見」を取り入れると説得力が増します。
例えば「私は友人から、人見知りしない人だといわれています」などです。冒頭で述べる結論に他人からの意見を取り入れ、具体例において「なぜそういわれるのか」理由を述べていきましょう。

業務と人物像に自分の長所を関連づける

企業が求める人材の素質と長所を結びつけましょう。それに加え、「どのようにその長所は業務に活かされるか」を明確にすることも重要です。「新規クライアントを獲得」など、具体的に業務へどのように活かされるかを明確にすることで、より企業が求める人材であると自分をアピールすることができます。

自己PRと長所の違いを認識しよう

自己PRと長所の違いを理解しないまま転職活動に臨むと、自分ではうまく答えられたと思っていてもずれが生じてしまうかもかもしれません。自己PRは、仕事で活かすことのできる自分の強みをアピールすることです。面接官の意図をしっかりと理解し、自己PRを完成させましょう。

もし自分だけでは自己PRを作成することに不安がある場合、転職エージェントに相談するのもおすすめです。効果的な自己PRをプロと一緒に相談しながら作成できます。

この記事を見ている人は以下の記事も見ています。

シェアする

お役立ちコンテンツ

コンサルタントに無料相談
求人アラート登録
給与調査
転職アドバイス
お問い合わせ

詳細については、当社のコンサルタントにお問い合わせください

関連コンテンツ

すべて見る

希望の仕事を掴む面接のコツ

面接は、就職のために必要不可欠であり、希望する仕事を得るための重要なステップです。就職面接において起こりやすい5つの大きな誤りがあります。これらのミスを未然に防ぐ準備をすることで面接を成功させることができます。 面接の前に会社をリサーチする 周到な準備やリサーチ、そして未来の雇用先に対する適切な配慮は必須です。事業について自信を持って語れる能力は、応募者にとって極めて重要です。その会社に関連する次に挙げるような事項について自信を持って話せるように準備をしておきましょう。 社史 財政状態 企業使命 製品・サービス 市場情報 競合 応募理由を詳細に説明しましょう 面接は、あなたが特定の会社あるいは

もっと読む

販売職の職務経歴書の書き方見本とフォーマット

販売職は商品を販売するだけではなく、在庫の管理、接客などサービス業としての側面もあるため、求められる能力が多い職業です。 販売職で内定を得るためには他の候補者との差別化をはかることが重要です。今回は販売職への転職を希望している方に向けて、職務経歴書の書き方や自己PRの仕方を解説していきます。 職務経歴書のテンプレート 職務経歴書はインターネットからフォーマットをダウンロードし、パソコンで作成することが可能です。 職務経歴書フォーマット(見本)のダウンロードはこちら もちろん、書店や文具店でも購入することができますが、手書きになってしまうため、職歴が多い方はパソコンで作成したほうがいいでしょう。

もっと読む

志望動機は書き出しで差がつく?好印象を与えるコツと例文を伝授!

志望動機の書き出しは、採用担当者の目に留まりやすい重要な箇所です。では、何を書けば、採用担当者の目を引くことができるのでしょうか。この記事では、転職で熱意が伝わる志望動機の書き出し方を、例文とともにご紹介します。 志望動機は書き出しが大事 採用担当者は志望動機の書き出しを見て、無意識に応募者の第一印象を決めてしまいます。そのため、書き出しが上手くいけば、その後も好印象のまま読まれやすくなるでしょう。 一方で書き出しが読みにくく稚拙な場合、どんなに魅力的な経歴があっても、印象が悪いままになるのです。最悪の場合、それ以降の文章も読まれなくなる恐れもあります。 志望動機の書き出しを作る5つのコツ 以

もっと読む

ロバートウォルターズ で働きませんか?

ダイバーシティに富んだグローバルチームの一員になりませんか?当社では、新卒入社の社員から経験豊富なリクルーターまで、個性豊かな社員が活躍しています。