ja

求人

各業界のスペシャリストがあなたの声に耳を傾け、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業にご紹介します。共にキャリアの新たな一章を開きましょう。

求人を見る

採用担当者

当社は各企業のニーズに合った迅速かつ効率的な採用ソリューションを提供しており、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業より高い信頼を獲得しています。各種サービスやリソースをぜひご覧ください。

詳しく見る

当社の専門分野

経理/財務から金融、人事、マーケティング、ITにいたるまで、多岐にわたる専門分野を取り扱っています。

詳しく見る
求人

各業界のスペシャリストがあなたの声に耳を傾け、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業にご紹介します。共にキャリアの新たな一章を開きましょう。

求人を見る
採用担当者

当社は各企業のニーズに合った迅速かつ効率的な採用ソリューションを提供しており、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業より高い信頼を獲得しています。各種サービスやリソースをぜひご覧ください。

詳しく見る

当社の専門分野

経理/財務から金融、人事、マーケティング、ITにいたるまで、多岐にわたる専門分野を取り扱っています。

詳しく見る
会社概要

ロバート・ウォルターズは「企業」そして「働く人」のストーリーを大切にしています。

詳しく見る

ロバート・ウォルターズで働く

ロバート・ウォルターズ・ジャパンで働きませんか?

詳しく見る

昇格試験の評価基準と面接対策とは

面接においては、面接官にいかに自分の強みをアピールするかが重要になります。昇格試験の場合はそれに加えて、強みを管理職という立場でどのように生かすことができるかを伝えることも必要になってきます。昇格試験の面接について、どのようなことが判断基準となるのか、またそれに対応するためにどのような準備をしていくべきかを解説します。

自分のアピールポイントを整理するために、キャリアコンサルタントに相談するのもおすすめです。自分では気づかないような強みやスキルを、キャリアコンサルタントと話すことで整理できるかもしれません。

キャリアコンサルタントに無料相談する

会社の昇格試験面接はなぜ行われるのか

昇格試験の面接を実施する一番の目的は、管理職としてふさわしい人材かどうかを見極めることです。効率よく業務を進めて高い成果を出すために、管理職は的確な判断と先を見通す能力が求められます。

こういった能力が管理職に不足していると、現場での混乱が生じ、業務が上手く進まず成果が出ることはありません。また、部下をしっかり評価し、その内容を納得できるように伝えることも管理職の大切な業務です。部下にとって、上司が自分の仕事ぶりをしっかり認めてくれていると感じることこそが成長につながります。そして、それまでは上司の指示に従い、自分に割り振られた業務をこなすことが中心だった人が、管理職という立場で常に必要とされるのが問題解決能力です。何か問題が起きたときに、自ら率先して指示を出し、対策を考える必要があります。

面接では、こういったリーダーシップや部下の育成能力、問題解決能力、責任感が備わった人材かをチェックされます。

昇格試験面接の評価基準は目指すレベルで異なる

昇格試験面接においては、管理職として適切な能力を有するかが判断されますが、目指す立場によって求められるレベルは異なります。

主任・係長クラス

主任・係長クラスの場合。基本的に企業にとっての大きな判断を下すことはありませんが、現場でリーダーシップを取り、率先して確実に業務を進めていくことが求められます。主任・係長への昇格を目指す面接では、現在の業務の成績、業務におけるスキルが基準に達しているかを評価されます。

課長・部長クラス

会社内の部門において強い権限や責任が任されている課長・部長クラスでは、主任・係長よりもさらに高いスキルを求められます。部門全体を指揮し、確実な判断力と先読み力を持って仕事をすることが必要とされます。課長・部長への昇格試験面接では、論理的思考や思い込みにとらわれない広い視野、リーダーシップが備わっているかを判断されます。

管理職の昇格試験面接で意識したいポイント

面接ではその場で聞かれた質問に答えなければなりません。ですから、事前の綿密な準備が最も大切です。面接官からの質問に的確に応答するためには、よく聞かれる質問をリストアップした予想問題集を作成し、受け答えの練習をしておくことが必要です。

現在所属している部署や職歴、職務内容、実績は必ず質問されます。こういった基本的な内容に間違いなく回答するとともに、付随して聞かれる「プロジェクトに関わった経験の有無」や「その際にどう行動したか」といったことも想定しておきます。また、現在の部署が抱える課題やリスクヘッジの課題、その課題に対して自分ならどう解決するのかについての質問も多いと考えられます。ここでは現状把握能力や視野の広さ、問題解決能力を評価されます。こういった能力は一朝一夕に得られるものではないため、日頃の業務において常に目的意識と問題意識を持って取り組んでいるかが判断されます。

シェアする

お役立ちコンテンツ

コンサルタントに無料相談
求人アラート登録
給与調査
転職アドバイス
お問い合わせ

詳細については、当社のコンサルタントにお問い合わせください

関連コンテンツ

すべて見る

希望の仕事を掴む面接のコツ

面接は、就職のために必要不可欠であり、希望する仕事を得るための重要なステップです。就職面接において起こりやすい5つの大きな誤りがあります。これらのミスを未然に防ぐ準備をすることで面接を成功させることができます。 面接の前に会社をリサーチする 周到な準備やリサーチ、そして未来の雇用先に対する適切な配慮は必須です。事業について自信を持って語れる能力は、応募者にとって極めて重要です。その会社に関連する次に挙げるような事項について自信を持って話せるように準備をしておきましょう。 社史 財政状態 企業使命 製品・サービス 市場情報 競合 応募理由を詳細に説明しましょう 面接は、あなたが特定の会社あるいは

もっと読む

販売職の職務経歴書の書き方見本とフォーマット

販売職は商品を販売するだけではなく、在庫の管理、接客などサービス業としての側面もあるため、求められる能力が多い職業です。 販売職で内定を得るためには他の候補者との差別化をはかることが重要です。今回は販売職への転職を希望している方に向けて、職務経歴書の書き方や自己PRの仕方を解説していきます。 職務経歴書のテンプレート 職務経歴書はインターネットからフォーマットをダウンロードし、パソコンで作成することが可能です。 職務経歴書フォーマット(見本)のダウンロードはこちら もちろん、書店や文具店でも購入することができますが、手書きになってしまうため、職歴が多い方はパソコンで作成したほうがいいでしょう。

もっと読む

志望動機は書き出しで差がつく?好印象を与えるコツと例文を伝授!

志望動機の書き出しは、採用担当者の目に留まりやすい重要な箇所です。では、何を書けば、採用担当者の目を引くことができるのでしょうか。この記事では、転職で熱意が伝わる志望動機の書き出し方を、例文とともにご紹介します。 志望動機は書き出しが大事 採用担当者は志望動機の書き出しを見て、無意識に応募者の第一印象を決めてしまいます。そのため、書き出しが上手くいけば、その後も好印象のまま読まれやすくなるでしょう。 一方で書き出しが読みにくく稚拙な場合、どんなに魅力的な経歴があっても、印象が悪いままになるのです。最悪の場合、それ以降の文章も読まれなくなる恐れもあります。 志望動機の書き出しを作る5つのコツ 以

もっと読む

ロバートウォルターズ で働きませんか?

ダイバーシティに富んだグローバルチームの一員になりませんか?当社では、新卒入社の社員から経験豊富なリクルーターまで、個性豊かな社員が活躍しています。