ja

求人

各業界のスペシャリストがあなたの声に耳を傾け、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業にご紹介します。共にキャリアの新たな一章を開きましょう。

求人を見る

採用担当者

当社は各企業のニーズに合った迅速かつ効率的な採用ソリューションを提供しており、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業より高い信頼を獲得しています。各種サービスやリソースをぜひご覧ください。

詳しく見る

当社の専門分野

経理/財務から金融、人事、マーケティング、ITにいたるまで、多岐にわたる専門分野を取り扱っています。

詳しく見る
求人

各業界のスペシャリストがあなたの声に耳を傾け、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業にご紹介します。共にキャリアの新たな一章を開きましょう。

求人を見る
採用担当者

当社は各企業のニーズに合った迅速かつ効率的な採用ソリューションを提供しており、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業より高い信頼を獲得しています。各種サービスやリソースをぜひご覧ください。

詳しく見る

当社の専門分野

経理/財務から金融、人事、マーケティング、ITにいたるまで、多岐にわたる専門分野を取り扱っています。

詳しく見る
会社概要

ロバート・ウォルターズは「企業」そして「働く人」のストーリーを大切にしています。

詳しく見る

ロバート・ウォルターズで働く

ロバート・ウォルターズ・ジャパンで働きませんか?

詳しく見る

国際的にキャリアを成功させるための10の秘訣

国際的な経験は、あなたのキャリア形成に大きな効果をもたらします。ここでは、海外転職を考えている人に向けて、専門家の協力のもと、海外転職・転勤のポイントについてご紹介します。

なぜ海外で働きたいのかを明確にする

まず、ご自身が重要視するポイントがキャリアなのか、ライフスタイルなのかを明確にする必要があります。昼間は仕事をし、オフィスからビーチに直行するようなライフスタイルを理想としているのなら、ロンドンからシドニーへの移住がぴったりかもしれません。しかし、キャリアアップという点では、横の移動になり、あまり劇的な変化はないといえます。

ロケーションの選定には柔軟性が重要

キャリアアップをはかるために国際的な経験を積みたいと考えているのであれば、わかりやすい場所以外にも目を向けてみるのがよいでしょう。ロバート・ウォルターズの東南アジア・中国向けClient development director、Joanne Chua(シンガポール在住)は「タイやベトナム、フィリピンといった新興国への進出も視野に入れ、冒険してみるのがいいでしょう。新興国の市場はそれほど成熟はしていませんが、競争は少なく、チャンスはたくさんあります。」と話します。

ロバート・ウォルターズ・アイルランドのManaging director、Louise Campbellも上記に同意見のようです。「新興市場では、小規模で新しいチームの一員となり、事業の立ち上げから関わることができるでしょう。東京、シンガポール、ロンドンなど、活気あるライフスタイルが人気で華やかな場所に惹かれる人も多いようですが、こうした場所では、下積みを長く積む必要があります。そのため、野心を抱いてキャリアアップを求め国際的に活躍したいのであれば、長期的にみて早めに自分が進出できる可能性のあるテリトリーに目を向けておく必要があります。」

制約がある中でできることを考える

現在住んでいる場所によっては、海外移住の選択肢がパスポートやビザ等、法的な事情によりオプションが制限されることがあります。「ここに住みたい、あそこに住みたいという思いにふけっても、適切なビザやパスポートがなければ、その夢がかなわないこともあります。自分が持っているパスポートで、実際に行ける場所はどこなのか?夢の移住に必要な書類を確保するのがどれほどの労力を要するのか?自分の制約が分かれば、より現実的な計画やリサーチを始めることができます。」

海外赴任が可能かを相談してみる

グローバル企業での社内異動を考えているなら、人事部や人材開発チームを活用しましょう。人事部や人材開発部に相談し、海外勤務があなたにとってどの程度適しているのか、その結果、組織内でどのような昇進が期待できるのかについてアドバイスをもらいましょう。

リサーチしてみる

ロンドンや香港、シドニーを旅行で訪れたことがある人は多いかもしれません。しかし旅行では現地の雰囲気をつかむことはできたとしても、海外移住を決断するにはもっと多くの情報が必要です。例えば、あなたの業務内容での現地の雇用市場はどのような状況なのか?どのくらいの頻度でチャンスがあるのか、市場の流動性はどうなのか?家賃や食費、交通費などの生活必需品をまかなうには、いくら必要なのか?週に何時間働くことになりそうなのか?このような情報もグローバルなコンサルタント会社であれば、熟知しており、優秀なリクルーターは、すべてアドバイスしてくれます。出発前も到着後もあなたのために動いてくれるでしょう。

トランスペアラブルスキルを考える

数年間海外で働き、その後帰国することを計画している場合、ニッチすぎるスキルや古くなってしまう可能性のあるスキル、あるいはその国でのみ需要が高く、帰国してもあまり必要とされないようなスキルの職務には応募しないようにしましょう。「現地に特化しすぎて、帰国後に同等の仕事がなく、後戻りを余儀なくされるようなこともあり得ます。」と、Louise Campbellは忠告します。

技術職、デジタル、IT、デジタルマーケティング、eコマースなどの分野の人材需要は非常に高いです。しかし、法務、リスク、コンプライアンスなどの分野では、注意が必要です。法律や規制の中には、ある地域に特有のもので、他の地域には通用しないものもあります。

海外で日本と同じ仕事内容を求めてはいけない、その先でつかめる経験を重視しよう

海外移住で激変するのは、移住先だけでなく、仕事の内容も大きく変わる可能性があります。例えば、フランクフルトのような確立されたマーケットで、40人ほどのチームを率いるマネージャーとなる場合、そこには洗練されたシステムがあり、あらゆる種類のタスクや責任が委譲されるでしょう。一方、マニラで一から新しいオフィスを立ち上げるような場合では仕事内容はフランクフルトのそれとは全く異なります。

そのような状況では臨機応変に対応することが必須となり、自発的な行動がカギとなります。簡単な挑戦ではなく、誰もが成功できるものでもありません。しかし、「スタートアップのチームを12カ月でフル稼働させるという会社の目標を達成した」など、ポジティブな結果を報告できれば、卓越した経験を積むことができ、社内外の採用担当者にとって、魅力が大幅にアップするはずです。

ノウハウを教えてくれる友人をみつけよう

海外移住の際、友人や家族に会えない寂しさや、誰も知らない世界で新しい文化や国に慣れることの大変さは、あまり考慮されないことが多いようです。そのため、もし友人の友人や、現地にいる同僚が、アドバイスをしてくれるのであれば、そのような人を探してみてください。どこで買い物をするか、携帯電話の契約をどうするかなど、実用的なことだけでも、大きな違いがあります。

特に、ノウハウを知る友人をみつけることは永住を考えている場合には有効であると海外採用を専門とするHelen Swithenbankは言及しています。 「たとえ一人でも知っている人がいれば、移住に大きな違いが生まれるかもしれません。国籍の違う人たちは、すでに確立された移住者コミュニティに引き寄せられるものですが、こうしたコミュニティを調査することは、新しく移住してくる人たちをサポートする手段にもなります。」

大切な人の気持ちを確かめる

求職者が海外経験を求めるのは、若くて生活基盤がない時期であることが多いのですが、それには理由があります。海外移住は大きな変化であり、配偶者や子供がいる場合は、さらに多くの要素を考慮しなければなりません。そのため、海外移住を検討する場合には、自分の移住が愛する人に与える影響を考慮し、賛同を得る必要があります。また、最も恋しくなる人たちと定期的に連絡を取り合うための方法についても考えておくとよいでしょう。

2歩進むために1歩下がる覚悟をする

先述のJoanne Chuaは以下のようなアドバイスをしています。「海外転職・転勤を考えるとき、特定の職種にとらわれすぎないようにしましょう。もし、あなたが真剣に転職を考えていて、より大きな視野で物事を考えているのであれば、全く同等の職務を見つけようとすることに固執しないでください。海外転職・転勤は未知の部分が多く、企業としては失敗のリスクを最小限に抑えたいので、成功の可能性を高めるために一段低いところから始めるようアドバイスすることもあります。」「書類上では降格と見えるようなポジションでも視野を広げ、仕事を理解するための機会であるととらえることでその後、元のポジションを超えるポジションに急速に昇進するケースを多く見てきました。」

また「新しい市場で自分の力を証明するために、時には横移動、あるいは多少の遠回りが必要になることもあります。特に、50人のチームを管理していたのが15人のチームに移るような規模縮小のようなケースです。しかし、長期的に見れば、新しい文化や環境に身を置くことは、良いことかもしれません。


海外勤務は、キャリアアップにつながるだけでなく、現地で日本では経験できない経験を積むことができる素晴らしい機会でもあります。同僚や駐在員のコミュニティだけでなく、もっと広い人脈を築きたい、現地の言葉を学びたい、新しいことに挑戦したいなど、新しい経験や人脈が後々何につながるかはわかりません。

 

シェアする

お役立ちコンテンツ

コンサルタントに無料相談
求人アラート登録
給与調査
転職アドバイス
お問い合わせ

詳細については、当社のコンサルタントにお問い合わせください

関連コンテンツ

すべて見る

グローバルで活躍するリーダーの資質と3つの基礎スキル

グローバリゼーションというメガトレンドに取り残されないためにはどんな力を身につけなくてはならないのか。上司層に共通するこの課題のヒントとして、トップリーダーの資質と求められる3つの「リーダーシップスキル」を紹介します。 トップリーダーになるために必要な資質とは リーダーは「Lead」からきているように、人を導く、指導者であることが求められます。リーダーシップという言葉があるように、職場の部下から信頼を得られるリーダーになるためにはいくつか必要な資質があります。 トップリーダーに共通しているリーダーの資質を紹介します。 1. 意思決定を自分ですることができる 一番基本的であり重要な役割になります

もっと読む

転職に失敗しないためのコツとは?

外資系企業に転職をしたことがない、そもそも転職をしたことがない、そういった方々の不安を解消するために外資系専門の転職エージェントが教える失敗しない外資系転職のコツや、外資系企業へ転職するにあたり出てくる疑問点をまとめました。 転職活動で失敗しないために 自分にあった転職先を見つける 転職を決めたら、自分のこれまでの経歴から何を学び、自分の強みを理解し、どの分野の能力をのばす必要があるのか考えましょう。 実践したいポイント3つ リサーチ 市場の情勢、採用活動が活発な業界、採用プロセスにかかる期間などについては、転職エージェントから情報収集することができます。給与水準についても質問しましょう。 ま

もっと読む

派遣社員とは?正社員や契約社員との違いとメリット、よくある質問

派遣・契約社員として働くことはキャリア選択の一つとして日本でも広まりつつありますが、まだ多くの誤解が残っています。 派遣は専門的なスキルを活かして働けるなどメリットもいくつかあります。派遣は契約社員や正社員と大きく違う勤務形態なのですが、どのような点が違うが知らない方も多いと思います。 派遣・契約社員で働くことは勤務スタイルとして自由度が高く、様々な専門分野での経験を積むことができ、それを職務経歴書でアピールすることができます。また契約終了後には正社員としての雇用オファーをされることもあります。 今回は、派遣とは何かという基本的なことから正社員への道である紹介予定派遣まで紹介します。派遣社員と

もっと読む

ロバートウォルターズ で働きませんか?

ダイバーシティに富んだグローバルチームの一員になりませんか?当社では、新卒入社の社員から経験豊富なリクルーターまで、個性豊かな社員が活躍しています。