【サプライチェーン】グローバル(バイリンガル)人材マーケット 採用動向レポート 2018

Supply chain

外資系企業による日本市場への参入または国内ビジネスの拡大が続くなか、製造業の人材採用は一貫して伸びています。その結果、サプライチェーン・物流関連の人材採用が大幅に増えています。

化学・化粧品分野

化学分野と化粧品分野ではサプライチェーン関連の全ポジションで積極的な採用が見られ、IT企業と消費財メーカーでは増員も見られました。この傾向は、2018年も続くことが予想されます。また昨今求人件数が低水準に留まっていた半導体関連会社での採用が活発になることが予想されます。クオリティ/ファクトリーオペレーション職の求人も増えるでしょう。主にマーケティング関連の調達を担うインダイレクト・プロキュアメント担当者の採用は、消費財・工業分野で非常に高くなっています。この分野に精通するスペシャリストの人材プールは小さく、採用企業が要件を緩和するケースが増えています。

サプライチェーン-化学・化粧品分野の給与水準

以下給与調査2018より抜粋(給与調査2018では別の職種・業種の給与も掲載しています。)

オペレーションディレクター:1,500 - 2,500万円

物流・輸送・運送

物流/輸送/海運会社では積極的に営業・オペレーションの専門人材を採用しています。最も需要が高い人材は、需要供給計画・予測の経験を持つスペシャリストです。専門人材のため異業種からの採用に抵抗感を示す企業が少なく、候補者は転職で複数の業界を渡り歩く傾向にあります。

サプライチェーン-物流・輸送・運送分野の給与水準

以下給与調査2018より抜粋(給与調査2018では別の職種・業種の給与も掲載しています。)

サプライチェーンマネジャー:1,000 - 1,500万円

小売・消費財

小売・ファッション・消費財の企業では需要供給計画・予測を担うプランナーの増員が散見され、高級ブランド各社でもこのポジションを新設する動きが見られます。消費財メーカーは、特に若いプランナーを好んで採用する傾向にあり、採用プロセスがより複雑になりつつあります。この分野のスペシャリストには転職時の給与額が15~20%ほど前職より伸びています。

品質保証・品質管理・生産分野では自動車メーカーによるQA/QCスペシャリストの活発な採用が見られました。企業は専門性の高い日英バイリンガルの人材を求めますが、言語力以前にQA / QCを担うのに十分なスキルセットを備えた候補者が不足しています。そのため、数年のエンジニア経験または技術系の学位を持つ若い候補者を採用するなど、企業が要件を緩和するケースも散見されます。2017年は食品・飲料分野ではQA/QC担当者の増員が多く見られました。

工業分野を中心に管理職・非管理職の価格アナリストに対する引き合いが強まっています。このような傾向が認められたのは2017年が初めてで、この価格アナリスト職の新設・増員による採用は今後も増える見込みです。また、物流/海運/コンテナ分野では東京・大阪を拠点とする新しい企業の参入が相次ぎ、営業・物流・オペレーションの各部門で採用数の伸びが見込まれています。

製造業が多く船舶・航空ともに拠点が充実している関西では、貿易事務(輸入・輸出)に携わる契約・派遣社員の求人が増えています。各社の海外売上構成比が伸びることにより、2018年は貿易部を拡大する動きがさらに広まるでしょう。

サプライチェーン-小売・消費財分野の給与水準

以下給与調査2018より抜粋(給与調査2018では別の職種・業種の給与も掲載しています。)

品質管理 / 品質保証スペシャリスト:600 - 900万円

>>採用動向レポート一覧へ

 

ロバート・ウォルターズにご相談ください

お電話またはこちらからご相談下さい。 経験豊富なキャリアコンサルタントが最適な人材を紹介します。

グローバル人材

採用アドバイス

Read more »