【職務動向調査 2018】
Employee Insights Survey 2018

「働き方」が話題になって久しい中、政府の働き方改革に先駆けて残業規制などワークライフバランス向上に取り組む企業が増えています。一方、残業代が給与収入の重要な一部を占めていた労働者に関しては、残業規制で収入が減り、生活そのものに影響しています。

また、管理職への負担集中を懸念する声も高まっています。在宅勤務、リモートオフィス、就業時間の柔軟化など働き方が百社百様になりつつある中、部下のパフォーマンスを管理して生産性を保持することの難しさに直面している管理職たち。自身が抱える負担を管理職はどう捉えているのでしょう。また、勤務先にどんな解決策を求めているのでしょう。

空前の人材不足に見舞われる日本では、売り手市場をキャリアチャンスと捉えて転職に前向きなプロフェッショナルが増えています。グローバリゼーションと技術革新の加速を受けて急速に変化する産業構造とビジネス環境。

それぞれの領域を牽引する優秀なグローバル人材の採用と離職防止を実現させるヒントとして、この調査レポートでは外資系企業やグローバル展開の進む日系企業で働く1,958人の「グローバル人材の本音」を調査結果とともに解説します。

CONTENTS:

  • 残業の最新トレンド
  • 「働き方」で変わる管理職ストレス
  • 次の転職時期と決め手は?
  • グローバル人材の給与実態
職務動向調査2018

職務動向調査 2018(日本語版英語版

【職務動向調査 2017】
Employee Insights Survey 2017

バブル期以上の人材不足に見舞われる現代の労働市場では、企業規模・業界を問わずあらゆる会社が「優秀な人材を保持するヒント」と「人材獲得競争を有利に運ぶコツ」を模索しているのではないでしょうか。人材不足の影響で転職市場は求職者優位な「売り手市場」になっています。優秀な転職候補者は複数の企業から内定を受けるなかで、何を条件にひとつの企業を選び、オファーレターにサインをするのでしょうか。この調査レポートでは外資系企業、日系グローバル企業の第一線で活躍する1,400人ほどのバイリンガル・スペシャリストの回答から、そのヒントを紐解きます。
(※バイリンガル・スペシャリストとは、専門的な技術・知識・経験に加え日本語・英語の2言語を用いて従事する労働者を指します。)

職務動向調査 2017(日本語版英語版

【職務動向調査 2016】
Employee Insights Survey 2016

本サーベイは、日本国内の1459人のバイリンガル・プロフェッショナルを対象とした、職場や転職に関する意識をまとめたものです。現在の職場環境や転職時において重視する要素を、代や性別、業種の違いなどをもとに比較しています。現在、日本では有効求人倍率が上昇を続け、人手不足が一段と深刻化していることから、企業はより優秀な人材を確保するための対応が急務となっています。競合他社や市場の状況を踏まえて競争力のある給与を用意することも必要ですが、日本国内で働くプロフェッショナルたちがどのような評価基準で転職先企業を決めているか、在職中の企業に対してどのような評価・不満を持っているかを把握することが、優秀な人材の獲得やリテンション(離退職の防止)率の向上に向けて重要となってきます。今調査では、デモグラフィック別に異なる価値観や意識が現れており、人事・採用担当者の方々が優秀な人材確保のために検討するべきポイントを示しています

職務動向調査 2016(日本語版英語版

【職務動向調査 2015】
Employee Insights Survey 2015

人材が不足するマーケット環境において、希望する人材を獲得し、社員に長く勤めてもらうことは、企業にとって大きな課題になっています。複数の企業から採用通知をもらう転職希望者が増えるなかで、優秀な人材を巡って、企業間の競争は激しくなっています。競争相手よりも優位に立つために、転職希望者のニーズを正確に理解し、必要に応じた採用戦略を立てることがますます重要になっています。今回のホワイトペーパーは、人材不足の現状とその影響について分析し、アンケート調査を通して明らかになった日本と韓国の類似点と相違点についてまとめました。また、転職希望者からの声に基づいて、競争が激しい転職市場のなかで優秀な人材を獲得するために検討するべきいくつかのポイントについて示しています。

職務動向調査 2015(日本語版英語版

職務動向調査について

現在の職場環境や転職時において重視する要素を、年代や業種の違いなどをもとに比較しています。

日本国内の人手不足が一段と深刻化していることから、企業はより優秀な人材を確保するための対応が急務となっています。競合他社や市場の状況を踏まえて競争力のある給与を用意することも必要ですが、日本国内で働くプロフェッショナルたちがどのような評価基準で転職先企業を決めているか、在職中の企業に対してどのような評価・不満を持っているかを把握することが、優秀な人材の獲得やリテンション(離退職の防止)率の向上に向けて重要となってきます。

今調査では人事・採用担当者の方々が優秀な人材確保のために検討するべきポイントを示しています。

転職のご相談はこちら。採用のご相談はこちら