日本国内における婚姻の平等に賛同、5月に開くG7広島サミットとG7大臣会合でLGBTQ+に関する対応を議題に入れることなどを求めた

グローバル人材の転職を支援する人材紹介会社のロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社 (本社:東京都渋谷区、代表取締役:ジェレミー・サンプソン)は2月17日、LGBTQ+など性的少数者を支援する企業や団体の一員として、5月に開催される「G7広島サミット」、そしてそれに伴って6月に栃木県日光市で開催される先進7カ国(G7)男女共同参画・女性活躍担当相会合で、性的少数者に関する取り組みを主要議題の一つに据え、議論するよう政府に要望する共同声明に賛同し、要望書に署名をしました。

ジョシュア・ブライアン

ロバート・ウォルターズ・ジャパンは、職場における平等と多様性の推進に取り組んでおり、婚姻権の平等はその重要な一部であると考えています。ロバート・ウォルターズ・グループの「グローバル・ダイバーシティ・インクルージョン・カウンシル」のアジア太平洋地域の代表ジョシュア・ブライアンは「【婚姻の平等】は【法の下の平等】の基本原理であり、日本が他のG7諸国と肩を並べ、世界中から優秀な人材を集め、人材を維持することができると考えています。」とコメントしました。

当社は、G7広島サミットでこの問題について各国首脳が議論し、前進するためのプラットフォームとなることを期待しており、「婚姻の平等」を支持することを誇りに思っています。

関連リンク

work with Pride 「G7広島サミット」へ向けての要望書ハイライト

提出した要望書
(1)男女共同参画等担当大臣 小倉將信氏宛て

今後提出予定
(2)内閣総理大臣 岸田文雄氏、男女共同参画等担当大臣 小倉將信氏宛て

<本件に関するお問い合わせ先>

ロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社 広報

TEL:03-4570-1500 e-mail:info@robertwalters.co.jp

多様性と平等性について

»