外資系転職の面接攻略法「面接ガイド」マンガ動画 全5話を公開

面接が決まってからの準備~面接での回答・振る舞い方を描いた面接必勝ストーリー

manga interview

グローバル人材に特化した人材紹介会社のロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社 (本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:デイビッド・スワン)は2月8日、面接の攻略法を準備から当日面接が終わるまでの5つのシーンに分けて描いた「マンガ面接ガイド」動画の全5話を同時に公開しました。

専門分野でのスキルを持つ日英バイリンガル人材のデータベースでは世界最大級を誇る当社が、幾多の面接ケーススタディと転職アドバイスから導き出した面接攻略法をわかりやすく伝授。大手外資系企業への転職を目指す主人公 鈴木ケンの面接数日前から面接本番終了までがマンガで描かれ、よく聞かれる質問と回答のコツ、面接で積極性を印象づける方法、逆質問で聞いてはいけないことなどを解説していします。

このマンガ面接ガイドは2012年に配信開始したロバート・ウォルターズのiOSアプリ「面接ガイド」のコンテンツをアプリユーザーだけでなく、より多くの方に役立ててもらおうと動画にまとめてロバート・ウォルターズ・ジャパンの公式WebサイトとYouTubeにて公開したものです。

マンガ面接ガイドのプロジェクトリーダーであり動画制作も統括したロバート・ウォルターズ・ジャパン シニア マーケティング マネジャーの柳沼茂樹は次のように述べています。「外資系企業の面接では日系企業の面接と異なる部分も多々あり、核心を突く質問スタイルに戸惑う人も少なくありません。昨今ではグローバル展開の成長の著しい日系企業の面接でも同様です。面接数日前には応募先企業のリサーチ方法・自己紹介のまとめ方を、前日には相応しい身支度のポイントを、当日は面接回答のおさらいと持ち物を、という具合にモバイルで動画をチェックしながら準備ができます。雑談、スキルセット・経験を確認する質問、中長期のキャリアプラン、コンピテンシー(行動特性)の質問、面接官への逆質問など面接の内容に沿って攻略法を丁寧でわかりやすく説明しています。」

柳沼は次のように続けています。「労働力人口の減少で人材不足が進むなか、グローバル化の加速などを受けて高スキル人材、バイリンガル人材を巡っては特に転職者優勢の売り手市場化が進んでいます。これをキャリアチャンスと捉えて転職に積極的にチャレンジするプロフェッショナルが増えている中、この動画を通じて、そうした方々の転職成功をサポートできれば嬉しいです。」

ロバート・ウォルターズ公式サイト「外資系企業への転職~面接パーフェクトガイド」

マンガ面接ガイド動画 2月8日公開

https://www.robertwalters.co.jp/career-advice/interview-guide.html

YouTube 「マンガ面接ガイド」動画 全5話

プレスリリースはこちら(PDF)

ロバート・ウォルターズについて( http://www.robertwalters.co.jp )

ロバート・ウォルターズは1985年に英国・ロンドンで設立され、世界28カ国の主要都市に拠点を持つ、スペシャリストのためのグローバル人材紹介会社です。ロバート・ウォルターズ・ジャパンは同社の日本オフィスで、バイリンガル人材に特化しています。2000年に東京オフィスを、2007年には大阪オフィスを開設。グローバル企業、日系企業ともに世界有数のトップ企業から新規参入企業、中小企業に至るまで、多岐に渡る業種・職種、正社員および派遣・契約社員と幅広い採用ニーズに応えた人材紹介をおこなっています。ラグビー日本代表のオフィシャルスポンサー、各種NPOの支援など、日本社会への貢献にも積極的に取り組んでいます。

 

こちらのニュースについてのお問い合わせ先

広報担当
TEL: 03-4570-1500
E-mail: info@robertwalters.co.jp

採用アドバイス記事

Read more »