ja

求人

各業界のスペシャリストがあなたの声に耳を傾け、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業にご紹介します。共にキャリアの新たな一章を開きましょう。

求人を見る

採用担当者

当社は各企業のニーズに合った迅速かつ効率的な採用ソリューションを提供しており、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業より高い信頼を獲得しています。各種サービスやリソースをぜひご覧ください。

詳しく見る
求人

各業界のスペシャリストがあなたの声に耳を傾け、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業にご紹介します。共にキャリアの新たな一章を開きましょう。

求人を見る
採用担当者

当社は各企業のニーズに合った迅速かつ効率的な採用ソリューションを提供しており、国内のグローバル企業からベンチャー企業まで、さまざまな企業より高い信頼を獲得しています。各種サービスやリソースをぜひご覧ください。

詳しく見る
会社概要

ロバート・ウォルターズは「企業」そして「働く人」のストーリーを大切にしています。

詳しく見る

ロバート・ウォルターズで働く

ロバート・ウォルターズ・ジャパンで働きませんか?

詳しく見る

仕事の辞め時とは? 転職のタイミングを示す6つのこと

仕事を始めてからしばらく経ち、モチベーションの低下を認識することはありませんか? やりがいを感じられなくなった、あるいは、自分が望む方向に進めなくなったと感じているのかもしれません。

転職のタイミングはどのように判断すればよいのでしょうか。ここでは、転職に悩み、判断に困ったときの基準を紹介します。

ストレスや疲れを感じることが多い

通勤をおっくうに感じ、以前に比べると足取りが重いと感じることはありませんか? 睡眠時間が短くなったり、イライラしたり、気分が落ち込んだりすることが多くなっている人もいるでしょう。

これらは全て、ストレスレベルの上昇を示す症状であり、物事が思うように進んでいないという一種の警告かもしれません。ストレスは気分や免疫力に影響を与え、風邪をひきやすくなったり、気分が落ち込んだり、パフォーマンスが低下したりすることがあります。

もし体が何かを伝えようとしていると感じたら、そのメッセージを理解するために時間を割いてみる価値があります。

以前のように会社の価値観に共感しない

今の仕事に就いたときは、可能性に満ちていると感じ、自分がこの組織の社員であることに誇りを感じていたはずです。しかし最近、職場の雰囲気が変わり、組織に対する信頼や信用が薄れてきていると感じているかもしれません。

もしかしたら、会社の戦略的な方向転換があなたの意にそぐわないものであったのかもしれません。あるいは、自分自身の考え方が進化し、会社の価値観と自分の価値観が一致しなくなったと感じ始めている可能性もあります。

価値観が共有できないということは、転職を考える大きな理由となり得ます。このような場合は、自分が本当に信じられる新しい会社を探し始めるべきです。以前は、その日に達成できるかもしれないワクワクを思い浮かべながら朝を迎え、追加のプロジェクトを引き受け、自主的に遅くまで仕事をすることもあったでしょう。しかし今は、時間の経過を遅く感じ、帰宅時間を指折り数えて、最低限の仕事だけをこなそうとしていたりしませんか。

もしそのように感じているのなら、今の仕事にやりがいを感じていないか、今の仕事ではもう成長の機会がないとも考えられます。その場合はより専門性の高い仕事や、新しい仕事に挑戦できる職場への転職を考える時期とも言えるでしょう。

自分のスキルと興味が一致していない

自分が得意なことでも、必ずしも自分の興味がある仕事ではないという場合があります。例えば、スプレッドシートを作るのは得意だけど、一日中コンピューターの画面に向かっているより、外でクライアントに会っている方がいいと思っている人、特定のある法律分野を専門にしていたけれど、本当は別の分野が好きだったという人もいるでしょう。

誰でも、自分の興味ある分野でキャリアを築きたいと思うものです。自分の仕事に興味が持てないと感じながらも、キャリアが長くなるほど、その分野に特化した人材となり、転職が難しくなることもあります。

スティーブ・ジョブズの言葉に、「素晴らしい仕事をする唯一の方法は、自分のしていることを好きになることだ」とあります。まだその仕事を見つけられていないのなら、自分が好きになれる仕事を探し続けてみてください。

先が見えないと感じる

自分の意見や貢献が認められないことがあると感じていませんか? 昇進や重要なプロジェクトでチャンスを得られなかったり、数カ月前に自分が提案したことで他の人が評価されているのを目のあたりにしたり、もしくはチーム内の人間関係も以前に比べると悪いときに先が見えないと感じることがあります。

チームワークを向上させるためにできることは全てやったけれども、まだうまくいかないという場合は、何か新しいことにチャレンジして、自分が本当に貢献できると思える職場を見つけるべきかもしれません。

成長の機会がない

どんなに会社が好きでも、どんなに同僚とうまくやっていても、今の仕事からは自分が成長機会を得られないことがあります。それを受け入れることは難しいでしょう。

時間をかけてスキルや経験を積んだからこそ、新たな挑戦をする機会が生まれるのです。成長できない状態で仕事をしていて不満を感じるなら、新しい仕事に挑戦するという選択もあり得るでしょう。

 

当てはまる点がある場合、自分自身のために、恐れずに選択肢を広げてみることも考えてみましょう。

シェアする

お役立ちコンテンツ

コンサルタントに無料相談
求人アラート登録
給与調査
転職アドバイス
お問い合わせ

詳細については、当社のコンサルタントにお問い合わせください

関連コンテンツ

すべて見る

日本への帰国準備ガイド

海外から日本への帰国が決まったら、日本での新たな生活に向けて準備を進める必要があります。そんな引っ越しを控えている方のために、スムーズに準備を進めるためのタイムラインに沿った帰国ガイドをご用意しました。 帰国前の準備から帰国後の手続き、生活インフラの手配、ご家族がいる方に向けた幼稚園・保育園・学校探しや入学手続き、日本での仕事開始に向けた準備など、押さえておくべき要点をまとめています。 日本での新たな生活をスタートに向けて、さっそく準備を始めましょう。 ガイドへのアクセスはこちら

もっと読む

グローバルで活躍するリーダーの資質と3つの基礎スキル

グローバリゼーションというメガトレンドに取り残されないためにはどんな力を身につけなくてはならないのか。上司層に共通するこの課題のヒントとして、トップリーダーの資質と求められる3つの「リーダーシップスキル」を紹介します。 トップリーダーになるために必要な資質とは リーダーは「Lead」からきているように、人を導く、指導者であることが求められます。リーダーシップという言葉があるように、職場の部下から信頼を得られるリーダーになるためにはいくつか必要な資質があります。 トップリーダーに共通しているリーダーの資質を紹介します。 1. 意思決定を自分ですることができる 一番基本的であり重要な役割になります

もっと読む

転職に失敗しないためのコツとは?

外資系企業に転職をしたことがない、そもそも転職をしたことがない、そういった方々の不安を解消するために外資系専門の転職エージェントが教える失敗しない外資系転職のコツや、外資系企業へ転職するにあたり出てくる疑問点をまとめました。 転職活動で失敗しないために 自分にあった転職先を見つける 転職を決めたら、自分のこれまでの経歴から何を学び、自分の強みを理解し、どの分野の能力をのばす必要があるのか考えましょう。 実践したいポイント3つ リサーチ 市場の情勢、採用活動が活発な業界、採用プロセスにかかる期間などについては、転職エージェントから情報収集することができます。給与水準についても質問しましょう。 ま

もっと読む

ロバートウォルターズ で働きませんか?

ダイバーシティに富んだグローバルチームの一員になりませんか?当社では、新卒入社の社員から経験豊富なリクルーターまで、個性豊かな社員が活躍しています。