オフショアの意味は?どのような時に使う?

オフショアの意味は?どのような時に使う?

「オフショア」という言葉はビジネスの場で使われる単語ですが、特に、IT業界で多く使用されます。また、オフショアは他の単語と組み合わさって使用されることも多い言葉です。たとえば、「オフショア・マーケット」「オフショア生産」「オフショア・ファンド」「オフショア・センター」といった言葉があります。このように、さまざまな用語として使われているオフショアですが、ビジネスで使用されるときには、どのような意味を持つかご存知でしょうか。この記事では一般的なビジネスの場で使用されるときのオフショアの意味について紹介します。また、ビジネスシーンとは異なった意味を持った、金融業界で使われているオフショアについても続けて解説します。

オフショアの意味

「オフショア」は、英語の「offshore」のこと。「離れて」という意味の「off」と「岸」を意味する「shore」が組み合わさってできた言葉で、本来は「そこから離れること」という意味を持ちます。

ビジネスでは「海外」という意味で使われることが多い

ただし、ビジネス用語では、本来の意味から転じて、「自分の国から離れた地域」を表し、つまりは「海外」という意味で使用されることが一般的です。また、オフショアの関連語として「オンショア」という言葉もあります。オンショアは英語の「onshore」のことで、オフショアの対義語です。

金融業界におけるオフショア

金融業界において使用するときの「オフショア」は、非居住者に対する「租税環境の優遇国あるいは優遇地域」を指します。

金融市場には、国内の投資家や企業間で行う取引と、取引相手のみが国外の投資家や企業などである取引、さらには、取引する両者がともに国外であるケースの3パターンがあります。取引するどちらかが国内の投資家や企業である場合はオンショア市場と呼ばれ、取引時にはその国のルールを適用することが原則です。しかし、両者とも国外の投資家や企業などであるオフショア市場だと、国や地域によっては金融規制や税制の面において合法的に優遇措置を受けられることがあります。優遇措置のある特別区域は「タックスヘブン(租税回避地)」と呼ばれ、投資や事業を通して収益を得ても税金がかからなかったり、通常より少なかったりといったメリットを受けられる地域を指します。

IT業界におけるオフショア

IT業界でのオフショアは、コスト削減を目的として、自社で行っていた業務の一部を、日本よりも人件費の安い海外に委託したり移管したりすることです。海外には日本より人件費が安価な国や地域が多く、そのような地域でシステム開発を行うことを「オフショア開発」などと呼びます。IT業界では国内の人材不足が課題となっていて他社との競争のなかで人材を確保しようと思ったら従業員ひとりあたりのコストを上げるか、コストを維持したまま人材の質を下げることが必要です。コストをかけずに優秀な人材を確保したいなら、海外にも目を向けることが重要となります。人材不足のなかでコストを抑えながら求める人材の確保も可能となるオフショア開発は、IT業界にとってチェックしておきたい対策となっているのです。

あなたの将来のキャリアをプロに相談しませんか?

ロバート・ウォルターズのキャリアコンサルタントが、これまで多くの方々の転職を成功へ導いてきた実績と経験であなたに最適なキャリアアップと能力発揮のチャンスを提案いたします。

外資系転職アドバイス

Read more »
woman-with-pc

求人情報はこちら 

Read more »

面接ガイド 

Read more »

履歴書の書き方 

Read more »

まずはキャリア相談 

Read more »

外資系・日系グローバル企業の最新求人